頭が悪いと思わせない!5つのヒント

頭が悪いと思わせない!5つのヒントの画像

【このページのまとめ】

  • ・「頭が悪い」と思われるデメリットは、責任のある仕事を任せてもらえないことや、なかなか出世できないことなど
    ・何度も同じ質問をすることや、優先順位がつけられないことなどが頭が悪いと思われる人の特徴
    ・頭がいい人や仕事ができる人の特徴は、冷静さを保てることや異なる価値観を受け入れられることなど
    ・自分に自信が持てず、就職・転職活動に悩んでいる場合はエージェントを活用するのがおすすめ

仕事の際、失敗や上司からの注意が多いとき、「頭が悪い」と自分を責めることがあるかもしれません。
明日から自信を持って仕事に取り組めるよう、自分の姿勢や考え方を変えてみませんか?

◆頭が悪いと思われないために! 

相手から「頭が悪い」と思われることで、以下のようなデメリットが生じます。

・周りから冷ややかな目で見られる
・責任のある仕事を任せてもらえない
・就活や転職の面接に落ちやすい
・なかなか出世できない

「頭が悪い」という印象を持たれると、自分の努力が適切に評価されないことも。実際の能力に関わらず、「頭が悪い」と思われる人には共通点があるようです。詳しくは次の項目でご紹介します。


◆頭が悪いと思われやすい人の特徴 

この項目では、「頭が悪い」と思われやすい人の特徴を6つご紹介します。

・同じことを繰り返し質問する 

繰り返しの質問は、話を集中して聞かなかったり、情報量が多いにも関わらずメモをとらなかったりすることが原因となるようです。また、自分で調べないことや、わかったふりをすることも度々聞く原因となり、頭が悪いという印象につながるでしょう。

・すぐに言い訳をする 

たとえば上司から注意をされた際、自分のミスを認めず一方的に発言すると、それは「言い訳」と判断されるでしょう。しかし、自分の否を認めた上で理由を話すことができれば、「説明」と捉えられるはずです。トラブルが生じたときは誠意をもって謝罪し、そのあとに原因を話すことが大切になります。

・感情的になりやすい 

仕事の際、自分に限らず同僚や部下が失敗したことで冷静さを失うことがあるかもしれません。イライラする気持ちを表現した場合、配慮が足りないと周りから思われてしまいます。感情的な言動が良い影響を与えることはないという点を心に留めましょう。

・優先順位がつけられない、段取りが悪い

仕事を進めるときは、周りの状況を見て優先順位を決める必要があります。次に取り組むべきことを把握していない場合、無駄な時間が生まれてしまう可能性も。また、計画を立てずに業務を進めると、期限を守れない事態が発生して周りからの信頼を失う恐れがあります。

・自己中心的である

たとえば、自分の伝えたい内容を一方的に話す人は自己中心的といえるかもしれません。親しい友人同士の会話ならまだしも、会議などで全体を見ずに話をすると、思慮不足と判断されるでしょう。長い時間自分の一方的な意見を話すと、ほかの社員の業務時間を奪い、一層悪い印象を与えることも。

・語彙が少ない  

言い回しのパターンが乏しい、使う言葉の種類が少ないといったことが例として挙げられます。たとえば喜びや悲しさ、驚きなどを表す際にすべてを「やばい」で表現したり、目上の人と接する際に「めっちゃ」のような若者言葉を使ったりすると、表現力の乏しさや幼さを感じさせる恐れがあります。このような言葉が口癖の場合は、日頃から使わないよう意識することが大切です。


◆頭が良い人、仕事ができる人の特徴とは?

この項目では、 頭が良い人や仕事ができる人の特徴と心がけたい姿勢を5つご紹介します。 

・仕事の優先順位を明確にしている

仕事ができる人は、優先度の高いものを把握した上で業務を進めています。業務を円滑に進められるよう、期限を意識して重要なものから取り組むことを心がけましょう。効率的な方法が見つからないときは、仕事が早い人にアドバイスをもらうのも一つの方法です。

・必要なことを簡潔に伝える

必要なことを手短に話すことができれば、伝わりやすい内容になるでしょう。また、不要な情報を省くことで、誤解を防ぐことも可能になります。「無駄なことはしない」という意識で、不必要なことを言わない心がけが大切です。

・冷静さを保てる

たとえば何らかのトラブルが発生した際、感情的にならず順序立てて状況を説明できると印象は良くなるでしょう。問題が発生した際は、焦ることなく原因や対策を考える姿勢が大切になります。

・理解力がある

「理解力がある」というのは、一度ですべてを理解できるということではありません。また、単に記憶力がいいというわけでもなく、自分の知識や経験をもとに、物事の内容を飲み込める力を指します。「理解力がある」と思われるには、自分の理解していないことを把握するとともに、納得できるまで内容を確認する姿勢が大切です。

・異なる価値観を受け入れられる 

仕事を円滑に進めるには、自分の方法にとらわれず、相手の意見を柔軟に取り入れることが大切です。相手の価値観を受け入れることができれば、視野が広がり、新しい発見や成長が見られるかもしれません。


以上が、頭が良い人や仕事ができる人の特徴と心がけたい姿勢です。

自分の取り組みを適切に評価してもらえるよう、上記を実践してみてはいかがでしょうか。このとき、「頭が悪い」というのは、生まれ持ったものではないということを心に留めましょう。自分の姿勢や考え方次第で印象を変えられるかもしれません。

また、仕事がうまくいかないことで「自分は頭が悪い」と思っているのであれば、上司や同僚に相談してアドバイスをもらうようにしましょう。

「自分は頭が悪い」と考えている方のなかには、自分に自信が持てず、就職や転職活動に悩んでいる人がいるかもしれません。自分の長所を効果的にアピールできない場合、面接になかなか受からないことも。

就職・転職活動に不安がある場合、エージェントを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。経験豊富なアドバイザーが、カウンセリングで長所や適性を見出し、あなたに合った求人をご紹介します。

当サービスは、マンツーマン体制で書類作成や面接対策などのサポートを行うのが特徴。2013年より優良職業紹介事業者として厚生労働省に認定されています。

ご利用はすべて無料のため、「自分に合った仕事が見つかるか不安」という方も、気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION