目指せ収入UP!稼げる資格の特徴とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・稼げる資格には、「需要が高い」「将来性がある」「業務独占資格」「難関国家資格」などの特徴がある
    ・稼げる資格を取得するには、専門学校や通信教育などで教育を受ける必要がある場合が多い。取得までには時間的・経済的コストがかかる場合も
    ・資格取得に実務経験が必要な場合、雇用形態は正社員に限らないことがほとんど。気になる資格はどうなのか、事前の確認が大切
    ・安定して稼げるのは資格職だけではない。働きながらスキルアップも選択肢の一つ

資格を取るなら稼げる資格が欲しい。そう考える人は少なくありません。
では、「稼げる資格」の特徴をご存知ですか?稼げる資格には、共通する特徴があります。
このコラムではその特徴をまとめてご紹介。資格取得を考えている方は必見です。

◆稼げる資格とは何か

「手に職をつける」という意味でも、資格を取得したいと考える人は多いもの。せっかく資格を取得するのだったら稼げる資格が良いと思うことは珍しくありません。

「稼げる資格」とは、どのようなものなのでしょうか。
そこには、主に「需要が高い」「将来性がある」「業務独占資格」「難関国家資格」といった特徴があります。それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

◇需要の高い資格

資格を取得しても、就職先がなければ稼ぐことはできません。
資格を持つ人材への需要が高ければ就職先の幅も広がり、人材を確保したい企業側は好条件の求人を提示します。そのため、需要の高い資格を取れば稼げる可能性は高まります。

◇将来性のある資格

「稼げる資格」を取りたい人は、その資格を使った仕事の将来性という視点を持つことが大切です。
金融や税金関係の資格は今後も需要が続くと考えられます。また、日本には中小企業が多いため、国家資格である中小企業診断士などの資格も将来性があるのではないでしょうか。
自分の趣味ややりたいことといった視点だけではなく、仕事そのものの将来性を考えた上でどの資格を取るか考えてみると良いかもしれません。

◇業務独占資格

業務独占資格とは、資格を持つ人にしかできない業務がある資格のこと。
例えば、弁護士や医師、建築士などの業務は、それぞれの資格者にしかその業務を行うことが許されていません。そのような職種では、その仕事がある限り資格を持つ人が必要とされます。

◇難関国家資格

医師や弁護士などの難関国家資格は収入が高い傾向にありますが、それだけ取得が難しいという意味でもあります。
資格の価値は高く、高待遇の仕事につける可能性がありますが、受験した人が必ず取れるわけではなく、試験の勉強に費やす時間も多く必要なためハイリスクハイリターンな資格と言えます。

◆稼げる資格を取得するには

稼げる資格を取得するにはどうしたら良いのでしょうか。

◇専門学校や通信教育などの教育を受ける

一般的に、難易度の高い資格は独学での合格が難しく、専門学校や通信教育などを受けて勉強する必要性が高い傾向に。
また、資格によっては指定された講義を修了しないと試験を受けられないという場合もあります。そのほかにも、高卒以上、大卒以上など学歴の指定があることも。
資格によって条件が異なるため、興味のある場合は調べておきましょう。

◇実務経験が必要な場合も

受験資格に実務経験が含まれている場合もあります。実務経験は資格にもよりますが、雇用形態を問わないことがほとんど。
例えば公認会計士の受験資格には「2年以上の実務経験」が必要であると定められていますが、証明する方法は常勤・非常勤ともに「監査法人等の代表者から証明書を発行してもらう」というもの。
雇用形態は条件に含まれていないため、正社員に限らず、派遣社員や契約社員などであっても受験に必要な条件を満たすことが可能です。
自分の取りたい資格には実務経験が必要なのか、必要な場合は何が実務経験として認められ、どのくらいの期間の経験が求められるのかを事前に確認しておきましょう。

◇資格取得のデメリット

資格の取得には、大きな金銭的・時間的コストがかかることがあります。

【金銭的なコスト】

・専門学校や通信教育の学費。独学の場合でも教材費など
・試験会場までの交通費や受験料
・働く時間を削って勉強に費やしていた場合、その時間を金銭的損失と考えることもできる

【時間的なコスト】

・難関な資格になるほど勉強時間が多く必要
・試験回数が少ない場合、落ちてしまったら次の試験までの時間がかかる

資格取得にはデメリットも存在することが分かっていただけたと思います。
コストに対してリターンが十分な資格であるか、事前に検討する必要があるでしょう。

◇大切なのは事前の確認と情報収集

自分がどんな仕事をしたいのか、目指す業界や職種によって必要な資格は異なるもの。
現在の仕事に資格手当などで収入アップを目指すのか、異業種への転職への切符にしたいのか……など、その人の希望や状況に応じてぴったりの資格は異なります。
これまでの経験や得意分野によっては比較的取得しやすい資格もあるかもしれません。
まずは事前にしっかりと情報収集し、確認することが大切です。

◆「資格を取る」だけが稼げる道じゃない

稼げる仕事に就きたいから資格を取りたいと思っていたはずが、いつの間にか資格を取ることそのものが目的になっている場合があります。

資格を取ることは、あくまで稼ぎを増やすための手段の一つ。
「資格を取るまで転職や就職はしない」「この資格の仕事しかしたくない」と頑固にならず、関連する職種で働きながら資格取得を目指す…といった選択肢を柔軟に選ぶことも大切です。

職種や資格によっては、正社員として働きながら支援制度を利用して資格が取得できる場合があることも。
手当の支給が保証されている企業では、安定した環境で確実に給与アップを目指すことができます。

◇キャリアプランに悩んだら転職のプロへ相談を!

なにかひとつの資格を取れば一生安心ということはありません。
一人ひとりの適性や理想の働き方に応じて、必要な資格や職場の条件は異なるもの。明確なビジョンが定まらない場合は、一度転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

求職活動に大切なのは、自分が「何をしたいのか」「将来どうなっていたいのか」を考えること。
転職エージェントでは、プロのアドバイザーが利用者の方の悩みや希望を丁寧にヒアリングし、理想のキャリアプランを一緒に考えます。

◇若年層の転職ならハタラクティブ

たくさんある転職エージェントの中から、どのサービスを利用すればいいのかわからない…とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

ハタラクティブは、若年層の正社員就職に特化した転職エージェント。
利用者の方のほとんどは20代を中心とした若年層の方で、経験やスキルに自信がない方の転職もプロのアドバイザーが丁寧にサポートしています。

「稼げる仕事がしたい」など、自分の正直な希望は就職先には伝えづらいもの。
ハタラクティブではアドバイザーが間に立って転職・就職活動のお手伝いをするため、希望に沿ったお仕事が見つかる可能性が高まります。

自分のやりたいことや正社員になる方法がわからない…といったお悩みをお持ちの方は、ぜひハタラクティブへまでご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ