バイトを辞める理由と伝え方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・バイトを辞めると決意したら2週間~1ヶ月前には伝えよう
    ・退職理由は明確に
    ・マナーを守って円滑に退職しよう
    ・より良い環境を目指すならハタラクティブ!

アルバイトやパートを辞めたいと思ったとき、どのタイミングでどのように伝えたらいいかわからない人もいるでしょう。
このコラムでは、現状を打破したい人に向けて主な退職理由とシーン別の伝え方についてまとめています。


◆バイトを辞めたいと思ったら

アルバイトを辞めたいと思ったとき、いつ、誰に、どのように伝えればいいか分からない人もいるかと思います。
そもそも、アルバイトやパートはどのくらい前に辞めると伝えればよいのでしょうか。

バイト先の規定にもよりますが、2週間~1ヶ月前に申告しておくのが一般的です。
今すぐに辞めたいという人もいるかもしれませんが、トラブルを回避するためにもきちんとマナーを守って退職しましょう。

退職の意思を伝えるタイミングは、シフト制の場合ならばそれが発表される時期が良いと思われます。
また、アルバイトでも雇用期間の定めがある場合には、契約を更新するタイミングがベストです。
もしくは、契約した際に規定されているタイミングが良いでしょう。職場の規定にもよりますが、基本的には契約期間の途中でも退職は可能です。
シフト調整や引き継ぎなどの手順があるため、バイト先に迷惑をかけないためにも、退職の意思を伝える場合は早めに行動しましょう。


【バイトを辞める理由で多いものは?】

辞めたいという理由は人によってさまざまです。
では、アルバイトやパートを辞める理由で多いものとは何でしょうか?

・就職活動を始めるから
面接や資格取得のための勉強などに本腰を入れるので、バイトをしている時間が取れないという理由があります。

・子育てや親の介護のため
子育てや親の介護など、家庭の事情で辞めざるをえない人もいます。
また、仕事と家庭の時間を両立できる短時間で仕事ができる場所へ切り替える人もいるでしょう。

・もっと良い条件の仕事がある
時給や福利厚生など、より良い条件の職場を見つけて退職する人も多いです。
この場合、正社員として働き始める方も多いと思われます。


バイトを辞めるの理由は、後ろ向きな考えばかりではありません。
自分にとって良い環境やステップアップを目指して辞めていく人も多いでしょう。
辞めたいと思ったら具体的な理由を言えるようにしておくと良いと考えられます。

◆シーン別「辞めたい」の伝え方

バイトを辞めると決意したら、できれば直接退職の意思を伝えるのがオススメです。
しかし、上司や店長がほとんど職場にいないなど、やむを得ない事情で直接伝えられないケースもあるでしょう。
ここでは、辞めるときの伝え方を紹介します。

・直接伝える場合

やはり、友人や先輩ではなく上司や店長などの責任者に対して、「辞めたい」という意思を直接伝えるのが一番です。
その際、業務の忙しい時間帯は避け、タイミングを狙って話し合いましょう。
すっきりと辞められるよう、周囲に迷惑をかけない形で退職ができるようにする必要があります。
退職の話を切り出すには勇気が必要ですが、お世話になった人にきちんと挨拶をして、円満退職をしましょう。

・電話の場合

家庭の事情などで次にいつ出勤できるか分からないなど、状況によっては電話で伝えることしかできない人もいるでしょう。
また、上司が時間を取れない場合には電話で伝えることになります。
職場によって異なりますが、忙しさのピークを過ぎた頃に電話をしましょう。
電話越しに難色を示される場合には、会える時間を作って直接辞めたいという意思を伝えた方がいいかもしれません。

・メールの場合

メールを送るときは、辞めたいという意思が伝わりにくいので注意が必要です。
長すぎても相手にとって読みづらいため、退職理由と退職希望日などの要件を明確に記載します。
ビジネスマナーをしっかりと取り入れてメールを作成しましょう。


また、退職理由を伝える際は、バイト先のマイナス面を言葉にするのは避けましょう。
前もって電話やメールで退職したいという気持ちを伝える場合はマナー違反ではありません。
後日改めて話し合うことでお互いが嫌な気持ちにならないようにできます。

電話やメールで伝える場合には、きちんとマナーを守ることが大切です。
バイトを辞めるときは、円滑に退職できるよう誠意をもって伝えましょう。

【もし引き止められてしまったら】

辞めたいという意思をどれだけ伝えても、上司から引き止められてしまう場合もあります。
「人手不足だから」「あと数ヶ月だけでも」という声に耳を貸してしまうと、その後の辞めるタイミングを掴めなくなってしまいます。
どうしても納得してもらえないのであれば、退職届を提出するというのも一つの手です。
最終手段は、労働基準監督署やハローワークに相談することをおすすめします。
自分の決断を揺るがさないよう、辞める意思をしっかり相手に伝えましょう。

◆アルバイトを辞めて正社員になりたいと思ったら

アルバイトは、雇用の面の不安や収入が安定しないなどのデメリットもあります。
現状を打破したいと考えている方は、職場環境を変えてみませんか。
フリーターから正社員を目指すなら、若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブを活用しましょう!
今までのアルバイトの経験を活かせる仕事やより良い職場環境に巡り会える可能性があります。
就職活動を通していろいろな企業を見て回ることで視野を広げ、自分にマッチした企業を見つけましょう。

ハタラクティブでは、「就職活動を何から始めたらいいか分からない」「面接の対策が不安」というさまざまな悩みにも対応しています。
就活アドバイザーによる手厚いサポートを受け、正社員へとステップアップを目指しませんか。
まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ