高卒歓迎求人によくある特徴

2015/09/07

サービス業や商社など、高卒採用を実施する企業は多くありますが、同じ職種でも大卒者対象の求人とははっきりした違いがあります。正社員を目指す高卒者が就活前に知っておくべきことは何でしょうか。

高卒で就職を検討中のアナタ、高卒者対象の求人によく見られる特徴をご存知でしょうか。
同じ職種でも、業務内容は学歴によって違うことがあります。
高卒対象求人の特徴や、採用されやすくなるスキルなどをまとめました。

◆大卒向け求人との違い

まずは求人の特徴を学歴ごとにご紹介します。
大学卒業を条件としている求人は、ハイレベルな専門知識を要する業務が多めです。大学で専攻した分野の知識とスキル、新たな情報の収集能力が求められます。
一方で、高卒OKの正社員職は、知識よりもお客さまとのコミュニケーション能力が重視されがちなので、聞き上手で親しみやすい人柄の方が好まれます。フリーターでも接客スキルが高ければ、就職の選択肢はたくさん見つけられるでしょう。

◆募集が多い職種

先述のように、高卒OKの正社員職で比較的ニーズがあるのは、販売や受付など接客サービスの仕事でしょう。大学で学ぶような難しい知識ではなく、円滑なコミュニケーションスキルが求められる職種なら、高卒OKの求人が多く見つかります。
また、工業系の仕事も、高卒で応募できる求人がたくさんあります。内装工や鉄筋工など体力を要する仕事は、若い高卒者が採用されやすいようです。
他には、専門資格を要する職種がオススメ。調理師や医療事務など特定の分野で秀でた資格を持っていれば、学歴に関係なく応募できる場合がよくあります。

◆採用に有利な資格

高卒で応募可能な求人は、もちろん大卒者もたくさん応募してきます。そのときに自分が採用されやすくなるにはどうすれば良いでしょうか。就職に有利な資格をご紹介します。

①普通免許

業務内容に営業が含まれる場合、持っていると選考で優遇されやすくなるのがこの資格。特に都心から離れた企業を志望する場合、求人では必須条件として書かれていることがよくあります。就活の幅を広げてくれる、心強い武器と言えるでしょう。

②MOS

企業にPCスキルを証明するメジャーな資格。オフィス勤務のあらゆる職種でPRできるものです。現代社会で欠かせないスキルなので、できればエキスパートレベルまで取得することをオススメします。

③簿記

事務系の職種で大いに役立つ資格です。子育てを終えた主婦の方の再就職に利用されることが多いので、フリーターとして過ごした年数が長くても、この資格があれば求人の選択肢を広げられるかもしれません。なお、難しい数式は試験に出題されないので、数学が苦手な方でも取得しやすいでしょう。

高卒者の就活は、大卒者とは違う能力が求められることがほとんどです。その中で自分ができることとやりたいことをはっきりさせておけば、求人探しも迷わずにいられるでしょう。
もし行き詰まったら、人材紹介サービスの利用がオススメです。コンサルタントがアナタに合った求人をご紹介します。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ