新卒からの転職で見られるポイントは?

新卒からの転職で見られるポイントは?の画像

新卒で就職したにも関わらず、1~2年ほどの間にすでに転職することを考える人は少なくないようです。就職して3年以内の第二新卒は、通常の転職と比べて経験が浅いため、人事がチェックするポイントも変わってきます。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

新卒入社した企業から転職するとき、何を見られるか?

マナーや実務経験など、正社員としての経験

第二新卒の特徴は、短いながらも正社員経験があることです。新卒での就活と違い、第二新卒の転職ではこの経験を見られることは間違いありません。ビジネスマナーが一通り身についていれば、転職後に企業が改めて教えることも少なくて済みます。実務経験については、若さや年数の浅さからそれほど大きな期待をかけられる部分ではありません。しかし、報告・連絡・相談の「ほうれんそう」やPCスキルなど基本的なビジネススキルを持っているかは最低限チェックされるはずです。
1~2年目とは言っても、就職の経験があるひとりの社会人として見られるのだということを忘れないようにしましょう。

粘り強さや計画性など、継続的な期待値

新卒からの転職で不安視されがちなのは「長続きしないのではないか?」という点。3年目を待たずに転職を考えているのですから、忍耐力を疑われてしまうのもある程度仕方のないことでしょう。将来へのビジョンについても、計画性や実現性のあるキャリアデザインを持っているか聞かれる可能性があります。

【新卒入社した企業から転職するときにしておきたいこと】

自分の経験をまとめる

今まで自分が関わってきた仕事についてまとめておきましょう。営業や販売などの職種の場合、取引先企業や担当エリア、売上額、目標達成率など。仕事の進め方なら「四半期ごとに目標を立ててPDCAを回していた」など、PCスキルなら「EXCELで売上を管理していた」など具体性を持たせることが大切です。
マナーについては、履歴書や面接の内容だけではなく服装や行動を見て評価される部分が大きくなります。電話やメールの対応も気を抜いてはいけません。

退職理由と転職理由をまとめる

退職について、しっかり理由を説明できるようにしておきます。ネガティブな理由は、そこからポジティブな転職理由へつなげることを意識してみましょう。

例:「思っていた仕事と違い、やりがいを感じられなかった」→「自分の思う業務ができる仕事へ転職しようと考えた」

このとき、早期退職に至った理由も準備しておくことが大切です。「少しでも早く経験を積みスキルアップがしたかった」など、アピールポイントにもなる内容がいいでしょう。

このように、新卒から初めて転職活動をする第二新卒は、転職時に見られるポイントに特徴があります。ハタラクティブには、そんな第二新卒の転職を熟知しています。あなたに合った求人の選定や、第二新卒に特化した内容の相談に個別に対応。「何をしたらいいかわからない」と悩んでいる方は、まずハタラクティブに登録してみてはいかがでしょうか。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A