会社を辞めたいタイミングとその対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社を辞めたいタイミングとその対処法

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・会社を辞めたいと思うのは、人間関係の悩み、労働時間や仕事内容に不満があるときなど
    ・仕事を辞める前に、今の状況が本当に改善しないのかを考えることが大切
    ・退職を決意したら、転職活動のタイミングを考えるほか、円満退職を心掛け、職場の迷惑にならないように気を付ける
    ・1人での転職活動に不安を感じている人は転職エージェントを活用しよう

「会社を辞めたい」と思う理由は、人によってさまざまです。
正社員として安定した働き方をしていても、仕事が上手くいかないとき、仕事をするのが辛いと感じるときは「会社を辞めてしまいたい」と思うこともあるのではないでしょうか。
ここでは、会社を辞ようと思うタイミングとその対処法、仕事を辞めると決意したときにとるべき行動についてご紹介します。

◆会社を辞めたいと思うタイミングとその対処法

「会社を辞めたい…」と思うタイミングは、大きく分けて以下の3つのパターンに分けられます。
職場を離れたいからといって、突発的に仕事を辞めるてしまうと、後々転職活動や収入面で困ったことになり、後悔するケースも少なくありません。
そのような事態にならないよう、退職を決意する前に今の状況を少しでも改善する方法を考えましょう。

【職場の人間関係に悩みがあるとき】

会社にはさまざまな性格の人がいるため、理不尽な上司がいる、同僚とうまくいかないなど、自分と合わない人がいても不思議ではありません。
「一緒に仕事をする人だからうまく付き合いたい」と頑張り過ぎてしまうと、かえって人間関係に疲れてしまう人もいるでしょう。
無理に周りと合わせたり1人で抱え込んでしまうと、心に余裕がなくなり、職場へ向かうこと自体が嫌になってしまう場合も。

そんな時は、仕事上の付き合いとある程度割り切ると、心が軽くなり、仕事がしやすくなることもあります。
また、仕事の成果をあげることに集中する、プライベートを充実させるなど、人間関係以外に気持ちを向けるのもおすすめです。
気持ちに余裕がでてきたら、職場の人の良い面を見つけるよう心掛けると、苦手意識を少しずつ払拭できるかもしれません。

【労働時間や待遇に不満があるとき】

労働時間が多い、給与面で不満がある、手当が少ないなどの待遇面の理由で仕事を辞めたいと感じることもあるようです。
特に、残業時間が長すぎる人は、心身が疲れやすく、仕事を辞めたくなる傾向があります。

残業が多いと感じている場合は、仕事の能率が悪いことが原因となっていることもあります。
残業時間を少しでも減らすために、仕事の優先順位を立てる、仕事の早い人のやり方を見習う、先輩からアドバイスをもらうなど、業務の効率化を図ってみましょう。

待遇に不満があるときは自分ではどうにもならないケースが多いため、上司に相談し根本的な解決を目指すと良いでしょう。

【仕事内容が合わないと感じるとき】

仕事内容が自分に合っていないと感じるのは、「仕事がうまくいかない」「業務についていけない」「ミスが多い」「やりがいがない」といったことが原因となっているケースが多いのではないでしょうか。

入社したての頃は、経験不足やスキル不足でそのように感じる場合も少なくありません。
そのため、仕事が合わないことが理由で転職しても、同じことの繰り返しになるケースもあります。
職種や会社が自分には合わないと決めてしまう前に、努力が足りているか、仕事に対して受け身になっていないかなど、今一度振り返ってみましょう。
「今は頑張るとき」と前向きに捉え、スキルアップや仕事を主体的に取り組むことを心掛けてみると、仕事が円滑に進んだり、やりがいを見つけたりするきっかけになることもあるでしょう。


「会社を辞めたい」と感じていても対策をとれば上手くいくこともあります。
しかしながら、対策をとっても改善が見られないばかりか悪化している、ストレスが溜まり体調を崩しているなど、自分ではどうにもならない場合、退職を決意する人もいます。

次項では、退職を決意した後にとるべき行動について詳しくまとめました。


◆会社を辞めると決めた後は?

退職を決意した後に、どのように行動すればよいのか分からず、不安に思う人も多いのではないでしょうか。
ここでは、仕事を辞めると決めた後に取るべき行動の大まかな流れをまとめました。

【在職中・退職後のどちらに求職活動をするか決める】

求職活動を在職中と退職後のどちらにするかを決めるには、それぞれのメリット・デメリットを知る必要があります。
下記の点に注意して、自分に合ったタイミングで求職活動を行いましょう。

・在職中に求職活動をするメリットは収入面での不安がないこと。デメリットは業務があるため転職活動に使える時間が退職後に比べ少なく、時間が掛かるケースがあることです。

・退職後の求職活動のメリットは、時間の余裕があること。反対に収入が途絶えるため、転職活動できる期間が限られる、生活面が不安定になることがデメリットと言えます。


【転職活動の準備をする】

求職活動をするタイミングが決まったら、下記の手順で転職の準備を行います。

・仕事選びで自分が重視する条件に順位をつける…業務内容、給与、職場環境、残業時間、雇用形態、福利厚生、など
・自分が進みたい方向性を見極める…自己分析で適職を探す、将来どうなっていたいのかを考える
・スケジュールを立てる…ゴールからの逆算式で大まかな予定を立てるとやりやすい
・企業研究、業界研究をする…企業や業界の特長を知り、自分の性格や能力、方向性と合っているかどうかを考える

【転職活動をする】

転職活動の主な流れは、1つの求人に対して応募→面接→内定の3段階です。
応募する企業が多ければ多いほど、時間も掛かります。
在職中に転職活動をする場合は、職場の迷惑にならないように心掛けましょう。

〈具体的な流れ〉
・志望する企業の求人へ応募する…履歴書、職務経歴書を作成し、応募する、
・面接を受ける…書類が通ったら、面接を受ける、企業によって複数回実施される
・内定を受ける…内定から1週間程度のうちに、入社意思の決定をする

【退職手続きをする】

退職までは業務の引き継ぎ作業などもあるため、少々時間がかります。
退職の準備は余裕を持って行うことを心掛けるとともに、退職時期は繁忙期を避け、職場に迷惑をかけないように気を付けましょう。

・退職の1ヶ月から2ヶ月前に上司に相談する(詳しい時期は就業規則を確認)
・退職の2週間前までに退職願を提出する
・引き継ぎのスケジュールを立てる
・取引先への挨拶や引き継ぎ作業をする
・退職時に受け取る書類を調べておく(健康保険証、健康保険資格喪失証明書、離職票、年金手帳など)
・会社へ返却するものをまとめておく(保険証、社員証、制服など)
・退職後に行う手続きを調べておく(失業保険の手続き、転職先が決まっている場合は入社手続きなど)

退職を決意した後は、このような流れで求職活動や退職手続きを行います。
会社を少しでも早く辞めたい気持ちがあっても、中途半端に手続きや引き継ぎ作業を残してしまうと、職場の人の負担になってしまいます。
新しい転職先で気持よくスタートできるよう、社会人としてのマナーを守り、円満退職を目指しましょう。


◆1人での転職活動が不安なら

転職を決意することが本当に正しいのか分からない、漠然と転職活動を進めていくうちに行き詰ったなど、1人での転職活動を不安に感じる人も多くいます。

そんな時は、1人で悩まず、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブでは、転職のプロである就活アドバイザーに相談しながら求職活動を進めることが可能です。
1人ひとりの性格や能力、希望条件に合わせた求人紹介はもちろん、転職に関する不安や悩みを解消するフォロー体制が充実しています。
また、就活アドバイザーが第3者目線でアドバイスするため、自分では気付いていない適職を知るきっかけになることもあります。
1人での転職活動に不安のある方、新しい可能性を切り開きたい方は、ぜひハタラクティブへご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ