キャリアアップとは?意味や成功につながる具体的な方法を紹介

キャリアアップとは?意味や成功につながる具体的な方法を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・キャリアアップとは実績や能力が評価されて経歴が向上すること
  • ・キャリアアップの方法は「現職のまま」「同職種への転職」「異職種への転職」の3つ
  • ・キャリアアップのためにはキャリアプランを立てて、必要なスキルを確認する
  • ・転職をしてキャリアアップを目指す場合は転職エージェントの利用がおすすめ

仕事をするうえで、「キャリアアップ」という言葉を耳にする機会はあっても、明確な意味や方法まではわからないという方も多いのではないでしょうか。このコラムでは、キャリアアップの意味や定義、混同しやすい言葉について解説します。実現するためのプランの立て方や具体的な方法も紹介していますので、キャリアアップに興味のある方は参考にしてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

キャリアアップとは

キャリアアップとは、実績や脳職が評価されて経歴が向上することを指します。キャリア(経歴)+アップ(向上)=キャリアアップ(経歴の向上)と考えましょう。キャリアアップの定義は、「現職での経歴を向上させること」と「転職して経歴を向上させること」という2つに分けられます。

キャリアアップの2つの定義

キャリアアップの定義は「現職での経歴を向上させること」と「転職をして経歴を向上させること」の2つです。以下で解説していますので、参考にしてください。

現職での経歴を向上させること

現職で経験を積み、専門的な知識や高度な技術を身につけて経歴の向上を図る場合のことです。具体例としては、特定の分野で経験を積んだ結果、実績が評価されて昇給や昇格につながった、資格を取得して専門職が担当できるようになったなどが挙げられます。

転職して経歴を向上させること

転職をして仕事内容や職場環境を変えることで、経歴の向上を図る場合のことです。前職で身につけたスキルを活かせる職場や、自分の適性に合った仕事を選ぶことで、役職や年収の向上につながる可能性があります。現職でのキャリアアップが難しいと感じた場合は、転職を検討すると良いでしょう。

キャリアアップと混同しやすい言葉

キャリアアップと混同しやすい言葉に、「スキルアップ」「キャリアチェンジ」「キャリアパス」があります。以下で解説していますので、それぞれの意味を確認しておきましょう。

スキルアップ

キャリアアップが経歴の向上を意味するのに対し、スキルアップは能力の向上を意味します。スキル(能力)+アップ(向上)=スキルアップ(技能向上)と考えましょう。スキルアップは、経験を積むことや社内外の研修への参加、資格の取得などによって実現できます。キャリアアップするために、スキルアップが必要であるという位置づけです。企業によっては、資格取得支援制度や研修体制が整っている場合もあります。スキルアップを目指したい方は、導入状況を確認して有効に活用しましょう。

キャリアチェンジ

キャリアチェンジは、未経験の職種や業界に転職することを指します。違う業界への転職だけでなく、同じ業界の中で、未経験の職種に挑戦することもキャリアチェンジに含まれます。そのため、キャリアチェンジの方法は、全く別の業界へ転職するか、現在の会社で部署の異動を申し出るかの2種類です。現在勤めている会社に不満がある、新しい職種に挑戦したいなどの理由がある方は、キャリアチェンジを検討してみると良いでしょう。

キャリアパス

キャリアパスとは、企業内での昇格や昇給のために必要な経験やスキルをまとめた計画のことです。目標達成のために必要なスキルや経験をどのように得るか、入社年数ごとに計画を立てることで、仕事のモチベーションアップにつながります。また、企業によっては、昇格や昇給のための基本的な条件やパターンを明記した「キャリアパス制度」を導入している場合も。勤務している会社の導入状況を確認してみましょう。

キャリアパスを活用してキャリアアップにつなげたいとお考えの方は、「キャリアパスって何?キャリアプランとはどう違う?」のコラムも参考にしてください。キャリアパスを作成するときのポイントも解説されています。

キャリアアップするための3つの方法

キャリアアップする方法は、「社内で昇進・昇格する」「同じ職種に転職する」「違う職種に転職する」の3つに分けられます。それぞれの方法と実践する際のコツを解説していますので、キャリアアップの方法がわからないという方は、参考にしてください。

1.社内で昇進・昇格する

社内でキャリアアップする場合、積み上げてきた実績や身につけた能力への評価が、昇進や昇格につながります。そのため、社内でのキャリアアップを目指すときは、スキルの向上に役立ちそうな会社の制度を利用するのがおすすめです。資格取得支援制度やセミナーなど、能力や知識を高めるのに役立ちそうな機会があれば、積極的に利用しましょう。

社内でのキャリアアップを目指す場合、積み上げてきた実績や周囲との信頼関係を活かしやすいというメリットがあります。経験を重ねて実績を着実に積む、同僚や上司からアドバイスをもらう、というように、メリットを活かして社内でのキャリアアップを成功させましょう。

2.同じ職種に転職してキャリアアップする

同じ職種に転職してキャリアアップを目指す場合、転職後のビジョンをはっきり決めておくことが大切です。同じ職種でのキャリアアップを目的とした転職では、転職理由や入社後の目標を明確に伝えることが、仕事への意欲や熱意の評価につながる可能性があります。転職先でどのようにキャリアアップしたいのか、現職ではなぜ実現不可能なのか、具体的な答えを提示できるように考えておきましょう。

同じ職種に転職する場合、前職で得た知識や技術が評価されれば、即戦力として好待遇で入社できる可能性があります。転職先の企業で求められているスキルを確認し、自分の能力を効果的にアピールしましょう。

3.違う職種に転職してキャリアアップする

違う職種に転職してキャリアアップを目指す場合は、常に学び続ける姿勢をアピールすることが大切です。異業種への転職では、それまでの実績や評価が一度リセットされるため、役職や年収が前職より下がってしまう可能性があります。即戦力として入社することは難しいため、新しい分野でも意欲的に学ぶ姿勢がキャリアアップにつながるでしょう。また、前職で得たスキルや経歴が新しい分野でどのように活かせるのかを魅力的にアピールすることも、異職種への転職では効果的です。

異職種への転職の場合、転職先の選択肢が多く、自分が望む職場環境や仕事内容を選びやすいというメリットがあります。自分の目標が達成できる職場環境を事前に見極めることが大切です。

キャリアアップが望める職場の具体例

キャリアアップが望める職場の具体例としては、「新しい仕事に挑戦する機会を設けてくれる」「上司がしっかり評価してくれる」などがあります。そのほかに制度の面では「昇給制度がある」「資格取得支援制度がある」といった具体例が挙げられます。スキルアップの機会に恵まれている職場は、キャリアアップも成功しやすいといえるでしょう。
また、労働環境の面では、「風通しの良い職場である」「労働基準法に基づいた働き方ができる」といったものがあります。転職をして高収入が得られても、職場環境が適切でなければ再び離職をすることにもなりかねません。キャリアアップが実現可能な職場なのか、という点を転職前にチェックしておきましょう。

実際にキャリアアップしたいと考えている方は「キャリアアップとは?成功させるためのポイントなどを詳しく解説!」も参考にしてください。社内でのキャリアアップを目指す場合と、転職する場合のメリットとデメリットについて、詳しく解説しています。

キャリアアップのためにまずはキャリアプランを立てよう

キャリアアップを実現させるためには、目標となるキャリアプランを考える必要があります。ここではキャリアプランの意味や立て方について解説しています。キャリアアップを成功させるために、まずはキャリアプランを明確にするところからスタートしましょう。

キャリアプランとは

キャリアプランとは、仕事での将来像を叶えるための計画のことです。自分が仕事で成し遂げたいことや、就きたいポジションといった将来の目標から逆算することで、今の自分がとるべき行動を明確にするのが目的です。キャリアプランを立てて目標への道筋を理解することで、仕事に対するモチベーションアップにもつながります。

キャリアプランの立て方3ステップ

キャリアプランは、自己分析をもとに将来の目標を立て、自分に必要なスキルを明確にするという流れで作成します。以下で詳しい方法を解説していますので、参考にしてください。

1.自己分析をもとに将来像を設定する

まずは自己分析を行い、自分の今の状況や能力を把握しましょう。学生時代やアルバイト、従事した仕事などこれまでの経験を振り返り、得意なことや苦手なこと、強みなどを洗い出します。洗い出した情報をもとに、自分が意欲をもって働ける職種や業務内容、ポジションなどを分析し、将来像として設定しましょう。

2.段階的に目標を立てる

将来自分がどのような仕事や働き方をしたいのかが想像できたら、段階的に目標を立てていきます。まずは10年後をキャリアアップの着地点として考え、「起業して社長になりたい」「年収○○円を目指したい」など具体的な目標を立てましょう。次に、最終目標達成のために5年後、3年後の中期的な目標を設定していきます。「5年後には○○の役職に就く」「3年後には資格を取得する」など、10年後の最終目標を達成するために必要な条件を盛り込みましょう。

3.目標達成のために必要なスキルを把握する

中長期的な目標が定まったら、目標達成のために必要なスキルを把握しましょう。今の自分に必要なスキルを把握することで、スキルアップのための具体的な方法が分かります。「資格取得支援制度を利用して資格を取得する」「1日で10人と商談して経験を積む」など、現在の自分でも実行可能なスキルアップの方法を考えて実行し、キャリアアップにつなげましょう。

一度キャリアプランを定めても、想定どおりに進まないこともあります。計画どおりにならないからといってすべて諦めるのではなく、新しいキャリアプランを立てるなど臨機応変に対応しましょう。

キャリアプランの立て方は「明確なキャリアプランで転職成功へ!立て方・伝え方のポイントと回答例」でも詳しく解説しています。職種別のキャリアプラン例文も紹介されていますので、参考にしてください。

キャリアアップにつながる具体的な行動

キャリアアップにつながる具体的な行動として、ここでは「資格を取得する」「キャリアアップ制度を利用する」「就職エージェントを利用する」という3つを取り上げています。キャリアアップしたいと思っているものの、具体的な行動に移せていない方は、参考にしてください。

資格を取得する

資格の取得は、キャリアアップにつながる有効な手段です。資格は、スキルの保有や業務への熱意の証明になるため、社内での評価につながります。また、転職においてもほかの志望者との差別化を図れるため、有利に働く場合が多いでしょう。
キャリアアップに有効な資格は、仕事によって異なり、介護業界なら介護福祉士やケアマネジャー、不動産業界なら宅地建物取引士や管理業務主任者などが挙げられます。知名度が高いものや取りやすい資格を選ぶのではなく、仕事において役立つ資格を取得することが重要です。

キャリアアップに役立つ資格について具体的に知りたい人は、「将来性のある資格はコレ!キャリアアップも望めるスキル」も参考にしてください。資格の種類と内容について詳しく解説されています。

キャリアアップ制度を利用する

キャリアアップ制度とは、労働力不足を解消するために国が制定したサポート制度のことです。企業や職種によっては下記の制度を活用できる場合があるため、確認しておきましょう。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は、非正規雇用者の企業内でのキャリアアップを促進するための制度です。具体的には、非正規雇用者の正社員化や処遇改善の取り組みを実施した企業に対して、助成金で支援するというサポートが行われています。労働者の意欲や能力を向上させ、事業の生産性の高まりや優秀な人材の確保につなげることが目的です。

参照元
厚生労働省
キャリアアップ助成金

建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムは、建設業界で働く人の能力を適切に評価するための制度です。技能者一人ひとりの情報をシステムに登録し、ICカードを交付することで、就業実績や取得した資格、受講した講習などの情報が記録されます。業界内の人手不足解消のため、蓄積された情報をもとに、技能者が適切な評価を受けられる環境を整備することが目的です。

参照元
国土交通省
建設キャリアアップシステム

保育士キャリアアップ研修

保育士キャリアアップ制度は、保育士の処遇改善を目的として作られた制度です。この制度によって専門分野研修、マネジメント研修、保育実践研修という3つの研修分野が設けられ、経験年数や役職に応じて研修の対象者も明確に定められました。保育実践研修は長期間現場を離れていた保育士も受講できるため、復職のハードルも低くなり、人手不足の解消が期待されています。また、勤続3年以上を対象とした職務分野別リーダー、勤続7年以上を対象とした副主任保育士、専門リーダーという3つの役職を新設。研修制度や新たなキャリアが明確に定められたことで、保育士の給与アップや処遇改善につながっています。

就職エージェントを利用する

転職をしてキャリアアップを目指す場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントは企業が提供する無料の就職支援サービスで、専任のアドバイザーが転職活動のサポートを行います。希望する条件に合った求人を紹介してくれるほか、企業との面接日程の調整も行ってくれるため、一人で行うよりも効率的に転職活動をすすめられるでしょう。
また、転職エージェントは、求人サイトには掲載されていない、条件の良い非公開求人を保有している場合も多くあります。保有している非公開求人の内容は、転職エージェントによって異なるため、複数のエージェントを比較して自分に合ったものを見つけましょう。条件の良い非公開求人が見つかれば、転職によるキャリアアップの成功率が高まります。

ハタラクティブも、若年層に特化した転職エージェントです。転職活動に不安を抱いている方は、ぜひご相談ください。ハタラクティブでは専任のアドバイザーが、カウンセリングにもとづいて希望に合った求人をご紹介。はじめての転職活動に不安を抱いている方も、安心してご利用いただけます。そのほかに、転職時の応募書類作成のサポートや面接対策も実施。サービスは無料で利用できるので、キャリアアップのための転職を考えている方は、お気軽にご相談ください。

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A