仕事でイライラする時はどうすればいいの?原因と解消法を確認しよう

仕事でイライラする時はどうすればいいの?原因と解消法を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • イライラの原因は仕事のストレスやプライベートの問題などが考えられる
  • 価値観や仕事観の違いも、イライラの原因になる
  • イライラする時は深呼吸して気持ちを落ち着かせよう
  • 外出や整理整頓もイライラする時の対処法としておすすめ
  • イライラが解消されなかったり心身に影響が出たりするなら転職を検討しよう

仕事でイライラする時は誰にでもあるもの。しかし、イライラしているからと他人に強く当たったり業務に影響が出たりすれば、人間関係や評価に影響を及ぼします。コラムでは、イライラの原因を突き止め、適切な対処を行って気持ちよく働ける方法をご紹介。ただし、相手にイライラの原因がある場合は自分が変わっても解決にならないこともあるでしょう。そういった場合は転職も視野にいれてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

イライラする時はいつ?原因を確認しよう

自分の思い通りにならないなど、誰でもイライラする時はあるもの。特に仕事では、周囲の人間関係や価値観の差などからイライラしてしまうことも多いでしょう。まずはイライラの原因を考えてみます。

仕事のストレス

上司や部下といった人間関係、仕事内容、業務量など仕事に関することがイライラの原因になる方は多いようです。上記以外でも、オフィス内やデスクが散らかっている、休日や働き方に不満があるなど勤務環境に対してイライラすることもあるでしょう。

プライベートの問題

家族や友人との間にトラブルや悩みを抱えている、趣味がうまくいかないなど、プライベートで起きたことがイライラの原因になることも多いです。プライベートで問題を抱えていると、仕事に身が入らずパフォーマンスが落ちたり、余計イライラしたりと悪循環になりやすいので注意が必要でしょう。

周囲との差

仕事やプライベートを問わず、周囲の人と価値観に差があるとイライラしてしまうもの。たとえば、結果がすべてと考える人の上司が過程を重視していれば、仕事の進め方や評価に対してイライラするでしょう。ときには人間関係を悪くするなどトラブルに発展することも。後述しますが、物事の考え方や捉え方は人によって異なると理解し、対処していきましょう。

イライラする時に試したい解消法

イライラしたら、まずは落ち着いて深呼吸しましょう。イライラする時に、感情に任せて発言をしたり、対処せずそのままにしたりすると周囲や自分にネガティブな影響を与えます。

リラックス

深呼吸もリラックスの方法の一つ。イライラしている状態は心身にストレスがかかっているのでリラックスを意識しましょう。リラックスできるツボを押したり、デスクから離れてストレッチをしたりするのが効果的とされています。また、「今」に気持ちを注力させるマインドフルネスを取り入れてみても良いでしょう。「自己管理の一種?マインドフルネスで、自分磨き始めよう」「仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法」のコラムも参考にしてみてください。

ストレスの原因を忘れる

イライラすると、原因について考えてしまうもの。ストレスの原因をずっと考えてしまえば、イライラも収まりません。好きなものを食べる、趣味に没頭するなどでストレスの原因を忘れ、イライラを解消しましょう。

外出する

外出して太陽の光を浴びると「セトロニン」が増加してストレスが軽減されることも。気分転換にもなるので、イライラしたときは散歩などで気持ちを落ち着かせるのもおすすめです。

整理整頓

自分の周りが雑然としているなら、整理整頓を行いましょう。物を片付けると気持ちもリフレッシュします。デスクがきれいだと業務パフォーマンスの向上も期待できるでしょう。整理が苦手な方は、「書類整理のコツを解説!綺麗なデスクで気持ち良く働こう」のコラムが参考になります。

他人にイライラする時は?自分の考え方を変えてみよう

イライラの原因が自分ではなく周りにあると考えているなら要注意。「こうでなければならない」「◯◯は△△であるべきだ」と、自分が物事に対して固定概念を抱いていると、周りとの考え方や進め方に乖離が生まれ、イライラの原因が増えてしまいます。

他人を変えるのは困難

たとえイライラの原因が相手にあったとしても、他人の行動や考え方を変えるのは難しいもの。他人を変えるよりも、自分が行動や考え方を変えるほうが簡単です。もちろん相手の行動や意見すべてを受け入れる必要はありませんが、時には柔軟に捉えてみるのも良いでしょう。

相手の状況にも目を向けることが大切

相手から理不尽な物言いや対応をされてイライラしたときは、相手の状況や立場に目を向けてみるのもおすすめ。自分がイライラするように、相手にもイライラの原因となることがあるかもしれません。まずは相手の立場になって考え、様々な状況を想像し、自分に余裕があれば相手を「助けよう」とする気持ちを持つことも大切です。ただ、その人の影響で自分の心身に支障が出てしまうのであれば少し距離を置きましょう。

イライラで心身に影響が出るなら転職を検討しよう

関係のないことで大きな避難を浴びる、上司や部下のミスが改善されない、歩み寄りをみせても人間関係が改善されないなど、対処をしてもイライラの原因がなくならなければ転職を検討するのがおすすめです。
特に、会社の理念や周囲の人の価値観と大きく差がある場合は、どれだけ努力しても改善につながらない可能性が高め。「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムでも解説しているように、企業理念や仕事観、社風に合わない場合は仕事内容に興味が持てなかったり成果につながらなかったりと、ポジティブに仕事に取り組めなくなることも。
自分の適性を知り、価値観や仕事内容に納得できる仕事を探してみてはいかがでしょうか。

イライラが少ない職場への転職を希望するなら、転職エージェントのハタラクティブを活用するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、扱う求人の企業を事前に訪問調査。オフィスの雰囲気や人間関係、実際の業務内容などをしっかり確認したうえでご紹介するので、入社後のミスマッチが起きにくいのが特徴です。また、専任のアドバイザーが転職相談から担当するので、希望や性格、適性に合った求人を紹介できるのもポイント。ひとりで転職活動を行うよりも選択肢の幅が広がります。
もちろん、書類の書き方や面接の練習、勤務条件の交渉といったサポートも実施。イライラが原因で転職を検討しているなら、まずはご相談ください。イライラの原因を一緒に突き止め、快適に働ける仕事を見つけましょう。

この記事に関連するタグ