本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事による吐き気はストレスが原因?セルフチェックの仕方や対処方法を解説

仕事による吐き気はストレスが原因?セルフチェックの仕方や対処方法を解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事による吐き気は、職場でのストレスやプレッシャーが原因の可能性がある
    ・ストレスを感じると吐き気といった身体的症状のほか、精神的な症状が現れる
    ・吐き気などの症状を無視していると、仕事を続けることが難しくなることもある
    ・吐き気がするときは、横になって体を休めたり薬を飲んだりすることで緩和される

仕事による吐き気はストレスが原因?セルフチェックの仕方や対処方法を解説の画像

仕事のことを考えると、吐き気がしたり体調を崩してしまったりする人もいるのではないでしょうか。仕事は楽しいことばかりではなく、つらいことも多くストレスがたまる原因に。このコラムでは、吐き気の対処法やストレスセルフチェックについて解説します。ストレスの原因と向き合い、症状が悪化しないよう心がけましょう。
 

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

 

仕事のことを考えると吐き気がする…原因は?

仕事のことを考えると吐き気がする人は、職場でのストレスや仕事へのプレッシャーが原因の可能性があります。土日は体調良く過ごしていても出勤前や通勤中、仕事中に吐き気がする、または吐いてしまうことも。「社会人なら嫌なことがあって当たり前」「逃げたらダメ」など、厳しい意見を言う人もいるようですが、症状が続く場合無理は禁物です。症状が悪化する前に、原因と向き合ってみましょう。

 

吐き気のほかに起こる症状

吐き気のほかに起こる症状には、身体的な症状と精神的な症状があります。当てはまる症状がないかセルフチェックしてみましょう。

 

身体的な症状

身体の不調は、運動不足や長時間のデスクワークだけが原因だけでなく、ストレスによって引き起こされる場合もあります。以下は、ストレスが原因で起こる身体的な症状例です。

 

・めまい
・頭痛
・腹痛
・寝付きが悪い
・体がだるい
・手足のしびれ

 

どんな症状が出るかは人それぞれですが、なかには過度なストレスが原因で暴飲暴食や自傷行為をしてしまう人もいるようです。自分の体を大切にし、無理しすぎないようにしましょう。

 

精神的な症状

ストレスがたまると、怒りっぽくなったり急に泣き出してしまったりするなど、感情のコントロールがきかなくなってしまうことがあります。以下はストレスが原因で起こる精神的な症状例です。

 

・憂鬱な気分が長く続く
・イライラ
・無気力
・集中できない
・突然涙が出る

 

症状を無視してがんばり続けてしまうと、仕事を続けることはおろか、日常生活を送るのも難しい状態に陥る可能性があります。最悪な事態を避けるために、休むことも大切です。

 

ストレスセルフチェックをしてみよう

前項の症状に当てはまり、ストレスによる体調不良に心当たりがある人はストレスセルフチェックをしてみましょう。厚生労働省の運営するメンタルヘルス・ポータルサイト「心の耳」の中に、「5分でできる職場のストレスセルフチェック」というストレスチェックテストがあります。選択式の質問に答えると、自分の今の状態を確認でき、ストレスの原因について細かく分析することが可能です。また、ストレスに対する対処法や気をつけるべきことについての解説もあります。
まずは自分の今の状態を、ストレスセルフチェックで確認してみましょう。

 

参照元:
厚生労働省「「心の耳」5分でできる職場のストレスセルフチェック

 

ストレスからくる吐き気の対処法

ストレスが原因で起きる吐き気の対処方法をご紹介します。出勤前や仕事中に吐き気がする人は参考にしてみてください。

 

薬を飲む

薬を飲むと、吐き気を緩和できるでしょう。ただし、毎日飲み続けるのは体に良くありません。症状が続く場合は、市販の薬ではなく病院でお薬を処方してもらいましょう。
吐き気の症状があるときは、薬と一緒にエチケット袋を持ち歩くと安心です。

 

横になって安静にする

吐き気がするときや吐いてしまったときは、体を休めて安静にしましょう。眠れなくても横になって体を楽にさせることが大切です。横になる場所や時間がないときは、座って壁にもたれるなど体に負担がかからない大勢で休みましょう。また、むかつきがあるときはお水を少しずつ飲むと収まる場合も。吐いてしまった後は、失った電解質が補給できるスポーツドリンクがおすすめです。

 

睡眠をとる

疲れをとるために、睡眠時間を確保できるようにしましょう。忙しくて確保できない人は、自分に合った枕に変えてみたり、アロマでリラックスしてみたりするなど、睡眠の質を高める工夫が必要です。また、寝る前に食べ物を口にする習慣があると、就寝後も胃が消化活動で動き続けるため、脳が興奮してなかなか寝付けなかったり、浅い眠りになったりするため睡眠の質が下がります。体が休まるように工夫しましょう。

 

食事に気をつける

バランスのとれた食事を心がけ、胃腸に負担がかかる食事は控えるようにしましょう。脂っこい食べ物や辛いものは胃腸に負担がかかりやすいです。吐き気があるときは、なるべく消化に良いものを食べましょう。

 

リラックスできる時間をつくる

まずは体を休めることが大切です。仕事のことを考えずに好きな香りのアロマをたいたり、ヒーリングミュージックを聴いたりするなどくつろげる時間を作りましょう。リラックスしながら、適度に体を動かせるヨガもおすすめです。

 

ストレスを発散をする

趣味や好きなことをしてストレスを発散しましょう。
体を動かす・歌を歌う・自然と触れ合う・映画をみる・友人や家族と話す・マッサージへ行くなど、自分が好きなことをしていると仕事のことを忘れられます。何もしない時間が多いと、悩みや嫌なことについて考えてしまいがちです。好きなことに没頭し、悩みや嫌なことを考える時間を減らしましょう。

 

原因を追求する

何がストレスとなっているのかを特定し、自分で対処できないか考えてみましょう。たとえば、残業に対してストレスを感じているのであれば、業務時間内に仕事を終わらせられるよう1度業務を見直してみます。1日にすべきことに優先順位をつけ、「このタスクは何日までだから、今日は何割まで進めよう」と考えてみましょう。また、人間関係にストレスを感じているのであれば、苦手な相手とは必要以上に関わらず、仕事上だけの付き合いに留めておきます。ストレスを感じているときは視野が狭くなりがちです。原因を客観的に探ることで、対策を考えることもできます。

 

カウンセラーに相談する

1人で悩みを抱えていることがつらい場合は、カウンセラーに相談してみましょう。カウンセラーは相談者の気持ちに寄り添って話を聞いてくれます。誰かに自分の気持ちを話すことで吐き気の症状が緩和する場合も。吐き気がするときは、1人で抱え込まず無理しすぎないことが大切です。

 

業種の変更や異動の相談をする

仕事が原因なのであれば、社内でできることから始めてみましょう。人間関係や業務にストレスを感じている場合は、業種転換や異動ができないか相談するのも効果的です。環境が変われば新たな気持で働けるでしょう。

 

上記の対処方法だけでは改善されない場合もあります。体調が優れないときは「会社に迷惑かけたくない」と限界まで我慢せず休むことも大切です。ただし、欠勤する場合は早めに会社へ連絡しましょう。少し遅れて会社に行くときも、周りに心配をかけないようにあらかじめ遅刻の旨を伝えておくのが得策です。症状がひどいときは、体調を優先し自分の心身を守りましょう。

 

症状がひどいときは病院を受診しましょう

ひどい症状が続く場合は、心療内科を受診して医師の指示を仰ぎましょう。自分の判断で市販薬を飲み続けるよりも、症状に合った薬を処方してもらったほうが安心です。また、医療機関を受診することで、休業申請や失業保険の申請に必要な診断書を書いてもらえることも。会社規定によっては、診断書がなければ休業手続きができない場合があるので、休業を考えている人は確認しましょう。

 

吐き気が続くなら退職を考えた方がいい?

吐き気やそのほかのストレス症状が続く場合は、休職や退職を考えてみましょう。自分の努力で職場環境の改善が見込めない場合は、転職して環境を変えるのも一つの手段です。仕事が向いていないと感じる人や今の会社が合わない人は、自分の適性を考えたうえで自分に合った企業を探しましょう。ストレスの原因を解決しない限り、吐き気をはじめとする症状は治りにくい場合も。無理を続けて心身の状態が悪化すれば、転職活動をすることさえ難しくなってしまうこともあります。悪化する前に休職や退職、転職など行動を起こすことが大切です。

 

転職エージェントを利用して自分に合った転職先を探す

転職に際して的確なアドバイスを受けたい時は、多くの転職者を支援してきた実績のある転職エージェントを活用するのがおすすめです。仕事のストレスが原因で転職活動をする場合、再び同じ事態に陥らないよう転職先は慎重に選ぶ必要があります。転職を確実に成功させるためには、自分が求める条件を洗い出し、そこに当てはまる職場を探すことがポイントです。プロの就活アドバイザーにサポートしてもらうことで、自分に合った転職先をよりスムーズに見つけられます。

 

若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが丁寧にヒアリングし、適性や希望に応じた転職先をご紹介。応募書類の添削や模擬面接、企業との連絡代行といったサービスも提供しています。仕事のストレスで悩んでいる人や今の職場のままで良いのかわからない人は、ぜひ1度ご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?