仕事による吐き気はストレスが原因?受診の目安や対処法を解説

仕事による吐き気はストレスが原因?受診の目安や対処法を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事による吐き気は職場でのストレスやプレッシャーが原因の可能性がある
  • ・ストレスを感じると吐き気といった身体的症状のほか涙が出るなど精神的な症状が現れる
  • ・吐き気などの症状を無視していると仕事の継続が難しくなることもある
  • ・吐き気がするときは、横になって体を休めたり薬を飲んだりすることで緩和される
  • ・仕事が原因の吐き気は業務量の調整や異動、転職で解決することもある

仕事のことを考えると、吐き気がしたり体調を崩してしまったりする人もいるのではないでしょうか。仕事は楽しいことばかりではなく、つらいことも多くストレスがたまる原因に。このコラムでは、吐き気の対処法やストレスセルフチェックについて解説します。ストレスの原因と向き合い、症状が悪化しないよう心がけましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事のストレスが吐き気の原因?

仕事のことを考えると吐き気がする人は、職場でのストレスや仕事へのプレッシャーが原因の可能性も。土日は体調良く過ごしていても出勤前や通勤中、仕事中に吐き気がする、または吐いてしまう人は「職場の人間関係」や「仕事量」についてなど、仕事が原因のストレスについて一度振り返ってみましょう。「社会人なら嫌なことがあって当たり前」「逃げるのは甘え」など、厳しい意見を言う人もいるようですが、症状が続く場合、無理は禁物です。症状が悪化する前に、原因と向き合い、対策を検討しましょう。

仕事のストレスが吐き気の原因となることも!
仕事で不安があったり、緊張が続いたりすると、そのストレスが要因となり吐き気につながることもあるようです。仕事や職場のことを考えると体調を崩しやすい人は「職場に合わない人がいる!ストレスを感じる理由や11の対処法を紹介」も、あわせてご覧ください。職場の人間関係がストレス要因となるケースについて具体的に解説しています。

仕事中に感じる吐き気以外のストレスサイン

仕事中のストレスが要因でおこる体調不良は、吐き気のほかにもいくつかあります。ここでは、身体的な症状と精神的な症状にわけて解説するので、当てはまる症状がないかセルフチェックしてみましょう。

頭痛やめまいなどの「身体的な症状」

仕事中に起こる身体の不調は、運動不足や長時間のデスクワークが原因となる一方、ストレスによって引き起こされる場合もあります。以下は、ストレスが原因で起こる身体的な症状例です。

・めまい
・頭痛
・腹痛
・寝付きが悪い
・体がだるい
・手足のしびれ

吐き気以外にも、仕事のストレスが原因となる体調不良は多くあります。ほかにも、暴飲暴食や自傷行為をしてしまう人もいるようです。自分の体を大切にし、無理をしすぎないように注意しましょう。

突然涙が出るなどの「精神的な症状」

仕事によりストレスがたまると、怒りっぽくなったり急に泣き出してしまったりするなど、感情のコントロールがきかなくなることがあります。以下はストレスが原因で起こる精神的な症状例です。

・憂鬱な気分が長く続く
・イライラする
・無気力
・集中できない
・突然涙が出る

これらの症状を無視して頑張り続けてしまうと、仕事を続けることはおろか、日常生活を送るのも難しい状態に陥る可能性があります。最悪な事態を避けるために、思い切って休むことも大切です。

ストレスサインを見逃さず、適切なタイミングで休息をとろう!
吐き気など仕事でのストレスサインを無視し、限界まで頑張ってしまうと少しの休息ではリカバリーできなくなることも。身体からのSOSを敏感に察知し、自分をいたわりながら働くことが大切です。自分の限界点が分からず、働き過ぎてしまう人は「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」も一読ください。仕事の限界点を迎えたときに感じる、いくつかのサインや症状について具体的に解説しています。

吐き気が続く人は仕事の限界度をチェックしよう

仕事中の吐き気など、ストレスサインに心当たりがある人は「ストレスセルフチェック」をしてみましょう。厚生労働省の運営するメンタルヘルス・ポータルサイト「心の耳」に、「5分でできる職場のストレスセルフチェック」という診断テストが公開されています。選択式の質問に答えると、自分の今の状態を確認でき、ストレスの原因について細かく分析することが可能です。まずは自分の今の状態を、ストレスセルフチェックで確認してみましょう。

参照元
厚生労働省
こころの耳 5分でできる職場のストレスチェック

仕事のストレスからくる吐き気の対処法

仕事のストレスが原因で起きる吐き気の対処方法をご紹介します。出勤前や仕事中に吐き気がする人は参考にしてください。

朝ごはんを食べ、薬を飲む

仕事前の吐き気は空腹が原因の場合もあるので、朝食をきちんと食べ、必要に応じて薬を服用します。薬を飲むと、吐き気を緩和できる半面、毎日飲み続けるのは望ましくありません。症状が続く場合は、市販の薬ではなく病院で薬を処方してもらいましょう。そして、朝食以外の食事もなるべくバランスのとれたメニューを選び、胃腸に負担がかかるものは控えます。脂っこい食べ物や辛いものは胃腸に負担がかかりやすいので、吐き気があるときは、なるべく消化の良いものを食べましょう。

横になって吐き気がおさまるまで休む

吐き気がするときや吐いてしまったときは、体を休めて安静にしましょう。眠れなくても横になって体を楽にさせることが大切です。横になる場所や時間がないときは、座って壁にもたれるなど体に負担がかからない体勢で休みましょう。また、むかつきがあるときは水を少しずつ飲むと収まる場合も。吐いてしまった後は、失った電解質が補給できるスポーツドリンクがおすすめです。

仕事を忘れ十分な睡眠をとる

仕事の疲れをとるために、睡眠時間を確保しましょう。仕事が忙しく、早い時間の就寝が難しい場合は、自分に合った枕に変えてみたり、寝室の照明をすべて落として暗くしたりするなど、睡眠の質を高める工夫が必要です。また、寝る前に食べ物を口にする習慣があると、就寝後も胃が消化活動で動き続けるため、翌朝の吐き気につながる可能性があります。脳が興奮してなかなか寝付けず睡眠の質が低下する原因にもなるので、体が休まるように工夫をしましょう。

仕事が忙しくてもリラックスする時間をとる

仕事のストレスが原因の吐き気には、体を休めることが大切です。仕事のことを考えずに好きな香りのアロマをたいたり、ヒーリングミュージックを聴いたりするなどくつろげる時間を作りましょう。リラックスしながら、適度に体を動かせるヨガもおすすめです。仕事が忙しいときは「寝る前20分はリラックスする時間」など、意識的にリラックスタイムを設けるようにすると良いでしょう。

意識的にストレスを発散させるのが大事!
体を動かす・歌を歌う・自然と触れ合う・映画をみる・友人や家族と話す・マッサージへ行くなど、自分が好きなことをしていると仕事のことを忘れられます。何もしない時間が多いと、悩みや嫌なことについて考えてしまいがちです。好きなことに没頭し、悩みや嫌なことを考える時間を減らしましょう。ストレスの上手な解消方法が気になる人は「仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法」もご覧ください。仕事の休憩時間にできるストレス発散方法なども紹介しています。

仕事のストレスで吐き気が続くときは病院を受診する

仕事のストレスが原因で吐き気が起きている場合、放置せず対処が必要です。ここでは受診の目安などについて解説します。

仕事を休むなど日常生活に支障がでたら受診のサイン

吐き気が続き仕事を休んでしまう、眠れない日が続き集中できない、食欲がない、2週間以上落ち込みが続くなど日常生活に支障がでてきたら病院を受診するサインです。無理をせず、早めに医療機関を受診しましょう。

心療内科や精神科を受診しよう

吐き気などひどい症状が続く場合は、心療内科や精神科を受診して医師の指示を仰ぎましょう。一般的に気分の落ち込みなどがある場合は精神科、頭痛や吐き気など身体の症状が強い場合は心療内科を選ぶことが多いようです。いずれにせよ、自分の判断で市販薬を飲み続けるよりも、症状に合った薬を処方してもらったほうが安心でしょう。また、医療機関を受診することで、休業申請や失業保険の申請に必要な診断書を書いてもらえる場合もあります。規定によっては、診断書がなければ休業手続きができない会社もあるので、休業を考えている人は確認しましょう。

吐き気など長引く体調不良を放置するのはNG!
体調不良が続く場合は、受診を検討しましょう。そのうち良くなるだろうと放置してしまうと治療が長引くこともあるようです。1人で悩みを抱えているのがつらい場合は、カウンセラーへの相談もおすすめ。誰かに仕事の悩みなど自分の気持ちを話すことで吐き気の症状が緩和する場合もあります。1人で抱え込まず、無理をしすぎないことが大切です。

仕事が原因の吐き気を解決する方法

仕事のストレスが原因の吐き気の場合、そのストレス要因を取り除かないかぎり、同じことの繰り返しになる可能性も。ここでは、仕事のストレスを解消するための具体的な方法を解説します。

仕事のストレス(吐き気)の原因を整理する

仕事のストレス(吐き気)の「原因」を探り、整理しましょう。仕事の量が多すぎるのか、担当している仕事の難易度が自分にあっていないのか、職場の人間関係がうまくいっていないのかなど、心当たりをすべて洗い出します。すぐに思いつかない場合は、ここ1週間を振り返り、不快に感じたことを紙に書き出してみても良いでしょう。まずは、原因を明確にすることが解決の糸口につながります。

仕事量の調整や異動の相談をする

仕事のストレス(吐き気)の原因がある程度わかったら、それを取り除くためのアクションをおこします。まずは、直属の上司に仕事量の調整や部署異動の相談をしてみましょう。その際、病院からの診断書があれば持参します。また、「自分が何に困っているのか」については、できるだけ具体的に説明しましょう。「〇〇の仕事の細かい部分が、自分の特性上、難易度が高く感じてしまう」など、分かりやすく説明できれば、配置転換の際にも考慮してもらえます。責任感が強い人は、人に弱みを見せたり、助けを求めたりすることが苦手な場合もあるようです。しかし、自分にあった仕事内容や環境を手に入れることは、ストレス解消への近道になるでしょう。

吐き気が続くなら仕事を変えることも検討する

吐き気やそのほかのストレス症状が続く場合は、休職や退職を考えてみましょう。努力しても職場環境の改善が見込めない場合は、転職して環境を変えるのも一つの手段です。ストレスの原因を解決しない限り、吐き気をはじめとする症状は治りにくい場合も。無理を続けて心身の状態が悪化すれば、転職活動をするのも難しくなってしまうことがあります。

今の仕事が向いていないと感じる人や職場環境が合わない人は、自分の適性を考慮したうえで会社を紹介してくれる転職エージェントの活用もおすすめです。仕事のストレスが原因で転職活動をする場合、再び同じ事態に陥らないよう転職先は慎重に選ぶ必要があります。転職を確実に成功させるためには、自分が求める条件を洗い出し、そこに当てはまる職場を探すことがポイント。プロの就活アドバイザーにサポートしてもらうことで、自分に合った転職先をよりスムーズに見つけられます。

若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、適性や希望に応じた転職先をご紹介。応募書類の添削や模擬面接、企業との連絡代行といったサービスも無料で提供しています。仕事のストレスで悩んでいる人や今の職場のままで良いのかわからない人は、ぜひご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION