その吐き気、仕事のストレスが原因ではありませんか?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. その吐き気、仕事のストレスが原因ではありませんか?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事へのストレスやプレッシャーが原因で、出勤前の吐き気に悩む人がいる

    ・ストレスを感じると、吐き気といった身体的症状の他、精神的な症状が現れる

    ・不調を放置せずに、その都度ストレスを解消したり、何がストレスの原因なのかを追求するなどの対策が必要

    ・仕事や職場環境が合わない場合は、早めに転職を検討しよう

残業が多い・上司に怒られた・仕事でミスした・大事なプレゼンを任されている・同僚が自分より優れている・業務量が多すぎる・会社に行っても仕事がない…。

社会人になると、学生のときとはまた違ったストレスやプレッシャーを感じる場面に遭遇すると思います。

職場で嫌な思いをしてしまうと、会社へ行くのが憂鬱になり、仕事に対してネガティブな感情が生まれるものです。嫌な気持ちを押し殺して無理をすると、仕事に行く前に吐き気がするなどの悪影響が出ることも。無理なく仕事へ行くにはどうすれば良いのでしょうか?

◆朝の吐き気、ひょっとして仕事が原因かも…

朝の吐き気の原因は、「水分不足」「前日の暴飲暴食」「空腹状態での薬の服用」である場合もありますが、ひょっとしたら仕事のストレスが関係しているのではないでしょうか?

土日は体調良く過ごしていても、出勤前や通勤中、仕事中に吐き気がする、または吐いてしまう。そんな状況は、職場でのストレスや仕事へのプレッシャーが原因となっている可能性があります。

 

吐き気の他にも、頭痛・腹痛・めまいなどの《身体的な症状》や、気落ち・イライラ・無気力・集中できないなどの《精神的な症状》がストレスのサインとして現れることがあります。また、アルコール・ギャンブル・買い物に依存したり、暴言や自傷行為などの《行動面からくる症状》が現れたりすることも。

 

「社会人なら嫌なことがあって当たり前」「逃げたらダメ」など、厳しい意見を言う人もいるでしょう。

しかし、これらの症状を無視してがんばり続けた結果、仕事を続けることはおろか、最悪生活するのも難しい状態に陥る可能性もあります。

症状が続く場合は無理は禁物です。気軽に自分でできる対処法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

◆ストレスから来る吐き気の対処法

仕事が原因の吐き気の対処法6つ

ストレス社会の今、まったくストレスを感じない人は少ないのでないでしょうか。その都度解消し、ストレスと上手に向き合いましょう。

 

【薬を飲んで安静にする】

吐き気を感じた時、嘔吐した直後は、横になって安静にしてください。すぐに横に慣れる状況でない場合、吐き気を我慢せずに嘔吐すると体が楽になる場合があります。

吐き気の症状に悩まされている方は、常にエチケット袋を持ち歩くと安心です。必要があれば吐き気止めの薬を服用しましょう。

 

【睡眠と食事に気をつける】

睡眠時間が短い人は、生活習慣を正して疲れをとるために、意識的に睡眠時間を確保してください。忙しくて睡眠時間を増やせない場合は、枕を体に合うものに変えたり、寝る前に食べ物を口にするのをやめたり、睡眠の質を高める工夫をしましょう。

ストレスに強い体をつくるには、バランスのとれた食習慣も大切です。口内炎ができやすい人はビタミン不足の可能性があるので、野菜や果物を摂るようにしましょう。

 

【リラックスする時間をつくる】

まずはゆっくり休むことが大切。仕事に対してのストレスが強いのであれば、仕事のことを考えずにくつろぐ時間を作りましょう。

その際、ヒーリングミュージックを聴く・好きな香りのアロマを楽しむ・ペットと触れ合う時間などをつくってみると、脳や体をしっかりリラックスできます。

 

【ストレスを発散する】

スポーツをする・歌を歌う・自然と触れ合う・映画を見る・友人や家族に悩みを話す・マッサージへ行く・旅行・涙活…など、自分が熱中できることに時間をかけることで、頭を空っぽの状態にできます。

何もしない時間が多いと、ついつい悩みや嫌なことについていつまでも考えてしまうもの。ポジティブにはなれない状態なので、さらに嫌な気持ちが増して負のスパイラルに陥ることもあります。パンパンの心を無にしてあげることも大切なことです。

 

【原因を追求してみる】

心を空っぽにして冷静な気持ちになったら、何がストレスとなっているのかを特定し、対処できないか考えてみるのもいいでしょう。

例えば、残業に対してストレスを感じているのであれば、業務時間内に仕事を終わらせられるよう一度業務を見直してみるのも1つの方法です。1日にすべきことに優先順位をつけ、「このタスクは何日までだから、今日は何割まで進めよう」と考えてみましょう。

また、人間関係にストレスを感じているのであれば、苦手な相手とは必要以上に関わらず、仕事上だけの付き合いに留めておきます。

ストレスを感じているときは視野が狭くなりがち。しかし、このようにストレスを感じてしまう原因を客観的に探ることで、または人に相談することで、少し広い視野を持ち、対策を講じられるケースも。冷静な態度を心がけることでストレスへの耐性も高められるようになります。

 

【業種の変更や異動を視野に入れる】

まずは社内でできることから始めてみましょう。人間関係や業務にストレスを感じている場合は、業種転換や異動ができないか相談するのも効果的だと思います。未経験のセクションで働けば、心機一転新たな気持ちで活躍できるでしょう。

◆こんな症状に心あたりはありませんか?

仕事のストレスは、「夜眠れない」「通勤時に涙が出る」「朝起きるとお腹が痛い」といった形で現れる場合もあります。どの程度の状況からストレスを感じるのか、ストレスを感じ時にどんな症状が出るかは人それぞれです。

「会社を休みがち」「遅刻が増えた」という方は、仕事の負担が大きく限界に近づいている可能性があります。欠勤が続くと会社に顔を出すのが気まずくなり、どんどん出社しづらくなる悪循環に陥ります。

仕事を休んで気持ちが楽になれば良いですが、欠勤した罪悪感でさらに辛くなる方は、一度上司に相談した方が良いでしょう。業務量が多すぎれば減らしてもらうなど、何らかの対処法が見つかる場合があります。

 

【ストレスが原因となる症状の例】

・体がだるい

・涙が出る

・食欲の低下

・朝起きられない

・夜眠れない

・胃に不快感がある

・憂鬱な気分が長く続く

・何をするのもやる気が出ない

 

これらの症状は仕事のストレスが原因の場合もありますが、病気の症状である可能性もあります。あまりに症状がひどい場合は、病院に行って専門家の判断を仰ぐのが良いでしょう。

◆吐き気が続いているなら仕事を辞めた方がいい場合も

吐き気やその他のストレス症状が続く場合は、休職や退職を視野に入れて考えましょう。特に自分の努力で職場環境の改善が見込めない場合は、転職して環境を変えるべき。企業にはそれぞれ社風があるので、今の会社が合わなくても、あなたと相性の良い職場があるはずです。そもそも仕事が向いていないと感じるなら、自分の適性を考えた上であなたに合った職種を探しましょう。

根本の原因を解決しなければ、吐き気をはじめとする症状が治まることはありません。無理を続けて心身の状態が悪化すれば、転職活動することも難しくなってしまうでしょう。

そうなる前に病院に行ったり、新しい仕事を探したり、何らかの行動を起こすことが大切です。

 

【転職活動はどのタイミングでする?】

退職して無職になるのが不安な方は、在職中に転職活動してはいかがでしょうか?在職中の転職活動には、「収入が途絶えない」「職歴のブランク期間ができない」などのメリットがあり、失敗しても仕事がなくならない安心感があります。

ただし、仕事と転職活動を両立するのは負担が大きいので、じっくりと仕事を探したい場合や、現在の職場で心身の限界を感じる人は、退職してから仕事を探すのがおすすめです。

 

【転職先に求める条件を明らかにしよう】

在職中の転職活動は現職との両立が負担になりやすいので、効率よく進める必要があります。退職後に転職活動するにしても、ブランクを長引かせないために自分とマッチする会社に的を絞って選考を受ける必要があるでしょう。

特に仕事のストレスが原因で転職活動する場合、再び同じ事態に陥らないよう転職先は慎重に選ぶ必要があります。転職を確実に成功させるためには、自分が求める条件を洗い出し、そこに当てはまる職場を探すことがポイントです。さらに第三者の客観的なアドバイスを得ることによって、転職の成功率はぐっと上がるでしょう。

転職に際して的確なアドバイスを受けたい時は、多くの求人情報を持ち、転職者を支援してきた実績のある転職エージェントを活用するのがおすすめです。

 

【転職エージェントとは?】

人材を探す企業と仕事を探す求職者を結びつけるサービス。専任の担当者が求職者にカウンセリングを行い、希望や適性、今までの経験に合った求人を提案する仕組みです。

転職エージェントでは一般の求人サイトには掲載されていない非公開の求人を扱っているため、自分一人では見つけられなかった企業に出会えるのがメリット。前職の悩みもヒアリングしてくれるので、それを踏まえた上で新しい職場を提案してもらえます。

 

若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、カウンセリングはもちろん、応募書類の添削や模擬面接、企業との連絡代行といったサービスを提供。自分に合う仕事が分からない・何からアクションを起こしたらいいか分からない・今の職場のままでいいのか分からない…など、あなたの悩みに寄り添います。

相談相手は、プロの就活アドバイザーです。しっかりヒアリングし、適性や希望に応じた就職先をご紹介いたしますので、失敗しない転職が叶います。仕事のストレスで悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

ハタラクティブを使った場合の内定率は80.4%。内定まで最短2週間の実績が自慢です!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ