第二新卒、効果的な自己PRとは

第二新卒、効果的な自己PRとはの画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒は、学校を卒業した後就職し、3年以内に転職活動を行う人を指すのが一般的
  • 柔軟性があり、基本的なマナーが身についているのが第二新卒のメリット
  • 自己PRには、自分の強みや具体的なエピソード、抱負を盛り込もう

「第二新卒としての転職活動に不安がある」「自己PRをどのようにまとめたら良いかわからない」という方はいませんか?

このコラムでは、第二新卒の強みや自己PRに盛り込む内容をご紹介します。自信を持って転職活動に臨めるよう、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

第二新卒の武器は?

第二新卒は、学校を卒業した後就職し、3年以内に転職活動を行う人のことを指すのが一般的です。

第二新卒を積極的に採用する会社は増加傾向にありますが、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

基本的なビジネスマナーや知識が身についている

社会人としてのキャリアは短いですが、研修などで基本的なビジネスマナーや知識を身につけています。新卒者に比べると教育コストがかからない点は、企業にとってメリットです。

前職の企業のカラーに染まりきっていない

前職期間の長い転職希望者よりも1つの企業のカラーに染まっていないという点も、第二新卒を採用するメリット。新しい就職先の企業方針や社風になじめる柔軟性をアピールすることができます。

仕事に対する目標がしっかりしている

社会人経験のない新卒に比べて、第二新卒者はビジョンや目標がしっかりしていると判断されるようです。自分が仕事で大切にしていることや将来のイメージを伝えられると好印象を与えられるでしょう。

将来性に期待できる

若ければ吸収力があり、今後の成長に期待できると考えています。学ぶ姿勢や意欲をアピールすることで、ポテンシャルを評価してもらえるでしょう。

自己PRはこう書く!

新卒の場合、自己PRは大学生活やアルバイト経験が材料になりますが、第二新卒の場合は正社員としての経験があるので、前職での経験を基に具体的にアピールできます。

自己PRには以下の内容を盛り込みましょう。

自分の強み

自己PRの際は、仕事に活かせる強みを伝えることが大切。結論として始めに自分のアピールポイントを述べ、その後に具体的な説明をすると採用担当者は内容を理解しやすくなります。

強みを裏付ける具体的なエピソード

内容に説得力を持たせるために、強みを活かして得た成果を述べます。

営業成績や売上実績など、自分が成し遂げたことや得たものがあるか、振り返ってみましょう。

抱負

転職して新しい職場で働くにあたり、今後自分がどのようなことを目標とし、どんなふうに会社に貢献したいかアピールします。これまでの経験をどのように活かせるか具体的に伝えることが大切です。

いかがでしたか?自己PRは自分の強みをアピールできる絶好のチャンスのため、企業の求める人材像を確認した上で内容を考えましょう。

もし「自分のアピールポイントがわからない」「転職活動に不安がある」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、フリーターや第二新卒、既卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。経験豊富なアドバイザーがスキルに合うお仕事をご紹介するほか、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施します。

当サービスのご利用はすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow