職種未経験者が自己PRを書くポイント

職種未経験者が自己PRを書くポイントの画像

未経験でもなりたい職種があるアナタ、未経験も募集している正社員求人は確かにありますが、やはり採用されやすいのは経験者です。未経験でも採用される可能性を高める鍵を握るのは、履歴書の自己PR欄!希望の職種に就職するための書き方をご紹介します。

職種未経験者が自己PRを書くポイント

第二新卒の方や既卒フリーターなどで、未経験職種の正社員求人に応募したくても、履歴書の自己PR作成で悩む方はたくさんいます。少しでも企業に好印象を持たれるように、自己PRを書くポイントをご紹介します。

【仕事を覚える意欲】

未経験での転職なので、1日も早く企業の戦力になるために、新しい仕事をどんどん覚えなくてはなりません。自分から進んで学び、教えてもらったことを忘れない努力を続ける姿勢は、自己PRの必須条件です。さらに自分の真面目な性格を表すエピソードを加えると、より信じてもらいやすくなります。

例「日々勉強させていただき、1日も早く貴社の戦力となるために努力いたします」

【活かせるスキル】

就活開始前に、志望業界で役立つ資格を取得しておくと、未経験者でも採用される可能性は高くなるでしょう。資格取得は、就職へのモチベーションの高さを示すためにも役立つので、性格面でも企業側に信頼してもらえるかもしれません。さらに、短期間で取得できれば、集中力の高さも自己PR欄に書いてアピールできます。

例「事務処理能力を高めたいと考え、MOSのWordとExcelの上級資格を、それぞれ1ヶ月で取得いたしました」

【前職の経験】

正社員として就職したことがあるフリーターや第二新卒などの場合、転職前の業務で志望職種に活かせる経験をしていれば、強力な自己PR材料になります。当時の仕事の内容や売上数値などを、履歴書で詳細に書くと、企業側もアナタの働きぶりを具体的に想像できます。

例「店頭での接客では、お客さまのお話を丁寧に聞く姿勢を貫きました。結果、13ヶ月連続で売上目標数値を達成できました」

いかがでしたか?
自己PRは長すぎてはかえってNGなので、200字から250字までに収まるよう心がけて。上記のポイントを全部書く必要はありません。自分が特にアピールしたい部分に焦点を当てて書くと、企業側に伝わりやすいでしょう。

履歴書作成がどうしても困難な場合は、ハタラクティブにご相談ください。作成方法のアドバイスやカウンセリングなどで、アナタの就活をサポートいたします。また、履歴書不要の求人も、多数ご紹介可能です。高卒や大学中退、既卒など様々な学歴の方が応募できる求人があるので、気になった方は、お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION