1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒者が求人倍率の高い時にする事

第二新卒者が求人倍率の高い時にする事

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

求人倍率が高い今、第二新卒者の採用に積極的な企業も増えてきました。 第二新卒者が自分の希望の企業に就職する為に必要なノウハウとは。求人倍率が高い今だからこそ、正社員になるのに大切な心構えと対策を見ていきましょう。

第二新卒者が求人倍率の高い時にする事

厚生労働省の発表によると、近年有効求人倍率は高水準を記録。景気回復や過去の採用枠減少のあおりを受け、求職者に対して就職先が増加していることを示唆しています。
まさに、就活・転職のチャンスといえるでしょう。それは、第二新卒者も例外ではありません。せっかくの好機を逃すことのないよう、就活に対しての心構えをしっかりとすることが大切です。

第二新卒者は、若く基本的なビジネスマナーが身に付いていることから、採用に積極的な企業も少なくありません。しかし、マイナスのイメージを持たれていることが多いことも事実です。
第二新卒者が自身の強みを最大限に生かし、希望の企業に正社員で就職するには何が大切かとその対策を見ていきましょう。

♦自己分析

・前職を辞めてしまった原因を振り返ってみましょう。表面的な問題以外にも何か気になっていることがあるかもしれません。今までの経験から原因を探り、同じ間違いを繰り返さないことが大切です。退職理由を外的要因にばかり起因させていると、どこに行っても同じことで躓いてしまう可能性もあります。
・自分が本当にやりたいこと、得意としていることを考えてみましょう。また、苦手でもどうしても譲れないことがあれば、それについても考察してみましょう。企業選びの大きなポイントになってきます。

♦心構え

・まず、どんな気持ちで就活に臨むのかを明確にしておきましょう。前職は合わなかったからという短絡的な態度は、面接官に伝わってしまうものです。前項の自己分析を踏まえ、どうしてこの企業/仕事なのかをきちんと考えておくとよいでしょう。

♦面接のコツ

・謙虚な姿勢が大切です。前職の経験を通して、学んだことがあるはずです。面接で聞かれた場合に印象が悪くなるような言い方は避けましょう。
・キャリアアップの場合も同様です。気になる企業があれば、すぐにまた転職すると思われがちです。前社で学んだことを踏まえ、入社したらどのように取り組みたいのかをきちんと考えておきましょう。

就職支援サイトのハタラクティブでは、さまざまなサービスをしています。転職や就職に役立つノウハウや面接対策までのサービスを専任のコンサルタントがマンツーマン体制でしっかりサポート。
第二新卒者向けを始め、高卒、既卒の求人募集も多数取り扱っています。
ぜひ、ハタラクティブにお任せください。

【参考】厚生労働省:求人、求職及び求人倍率の推移

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    有効求人倍率とは?わかりやすく説明すると?活用法や計算式を紹介します

  • image

    東京で社会人になったほうが良い?

  • image

    人手不足の業界は就職成功率が高いってホント?

  • image

    倍率の低い企業なら就職できる…それって本当に大丈夫?

  • image

    ハローワーク千葉ってどんなところ?利用方法と注意点をご紹介

  • image

    大学職員の採用倍率は高い!?傾向や国立と私立の違いを解説

  • image

    転職時期を見極めて就職活動を有利に進めよう!

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる