転職エージェントを活用して東京で働こう!おすすめする理由を解説

転職エージェントを活用して東京で働こう!おすすめする理由を解説の画像

この記事のまとめ

  • 東京は求人数が多く有効求人倍率も全国平均より高いので、転職に成功しやすい
  • ライバルが多い東京で転職するには、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめ
  • 転職エージェントには大手や特化型など、さまざまな種類がある
  • 転職エージェントには学歴や職歴について嘘をつかないのが、転職成功のコツ
  • カウンセリングでは東京で転職したい理由を説明し、方向性を明確にしよう

転職エージェントを活用して、東京での転職を検討している人もいるでしょう。東京都は有効求人倍率が高く求人数も豊富な分、自分に合った企業を見つけるのが困難です。このコラムでは、転職エージェントで受けられるサポート、非公開求人やスカウト機能などのサービスをご紹介。また、大手や若手向け、IT向けといった転職エージェントの種類についてもまとめました。東京での転職に興味のある方は参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

東京での転職活動をおすすめする理由

東京以外の地域に住んでいて「希望に合う企業が見つからない」「選択肢が少ない」と感じている人には、東京での転職活動がおすすめです。東京は全国のなかでも求人数が多いため、東京以外の地域に比べて転職に成功する確率が高いといえます。

有効求人倍率は全国平均よりも高い

有効求人倍率とは、求職者1人につき求人数が何割あるかを示す数値です。有効求人倍率が1%を超えていると、求職者1人につき1件は求人があることになります。
厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況(令和3年12月分及び令和3年分)について」によると、2021年の有効求人倍率の全国平均は1.13倍でした。
独立行政法人労働政策研究・研修機構に掲載の「都道府県別有効求人倍率」を見ると、2021年の12月時点で東京都の有効求人倍率は1.23倍。2022年5月では1.44倍で全国平均よりも高いです。

新型コロナウイルス感染症の影響で有効求人倍率は下がり、特にダメージが大きい東京都は、福井県の1.87倍、石川県の1.63倍に比べて低いのは事実です。それでも、千葉県の0.95倍、埼玉県の1.03倍に比べると高いことが分かります。
また、上記のデータはハローワークの求人数・求職者数をもとに算出されているため、転職エージェントの求人数などは反映されていません。ハローワークの求人は地元の中小企業が中心といわれており、東京都に多い大企業の求人数は含まれていない点に注意が必要です。
有効求人倍率をわかりやすく解説!年度ごとの推移や職種別の値もご紹介」のコラムでは、都道府県ごとの有効求人倍率も紹介していますので、参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(令和3年12月分及び令和3年分)について
独立行政法人労働政策研究・研修機構
職業紹介-都道府県別有効求人倍率

東京23区の求人数は特に多い

東京ハローワークの「職種別有効求人・求職状況(一般常用)」によると、東京23区と多摩地区の有効求人数には大きな差があり、職種によっては23区のほうが約10倍というケースも。また、建築系職種の有効求人倍率が高く、建設・採掘の「土木の職業」では7.33倍という高い倍率になっています。

参照元
東京ハローワーク
職種別有効求人・求職状況(一般常用)

年収が高い

厚生労働省の調査「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、全国の平均賃金が30万7,400円なのに対し、東京都は36万4,200円で第1位となっています。
年収で計算すると全国平均は368万8,800円で、東京都は437万400円なので68万1,600円もの差があると分かるでしょう。
したがって、地方から東京へ転職することで年収アップにつながる可能性が高いといえます。ただし、転職活動において、現在よりも大幅に高い年収を自分で交渉するのは難しいでしょう。適切な年収アップの金額や、交渉の方法については転職エージェントに相談するのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況

東京での転職にエージェントを活用するメリット

東京で転職を目指すなら、転職エージェントを活用したほうが成功の確率を高められます。転職エージェントは専任のアドバイザーによるサポートが手厚いうえ、1人での転職活動では出会えない求人を紹介してくれる場合もあるからです。この項では、転職エージェントを活用するメリットを紹介します。

サポートが手厚い

転職エージェントに登録すると、専任のアドバイザーが最初の面談から内定後のフォローまで担当してくれます。社会人経験が浅い人や、初めて転職する人にも利用しやすいサービスでしょう。東京の転職事情がよく分からない人も、アドバイザーに相談できるので安心です。

適性診断

「やりたいことが分からない」「転職の方向性が決まっていない」という人向けに、適性診断を行っている転職エージェントもあります。オンラインで複数の質問に回答すると、あなたのタイプや特性、長所などを分析してくれるようです。
転職エージェントによって結果の示し方は異なり、「リーダータイプ」「コツコツタイプ」といった資質を示す場合や、「協調性」「論理的思考」といった特性を示す場合などがあります。
面談前に適性診断を受けて、結果をもとにアドバイザーと転職の方向性について相談することも可能です。

書類添削

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の作成をサポートしています。転職エージェントによっては、Webサイトに職務経歴書のフォーマットを用意している場合もあるようです。
書類添削を受けると、誤字脱字や内容のチェックだけでなく、応募先企業に合わせた書き方についてアドバイスがもらえます。書類選考に通る可能性を高めるうえで効果的なサービスです。

面接対策

面接対策を1人で行うのは難しいので、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントではマンツーマンで模擬面接を行い、良かった点や修正点を教えてくれます。場合によっては、オンラインでの模擬面接も可能です。
また、敬語の使い方や面接マナーはもちろん、応募先企業に合わせた自己PRの答え方なども教えてもらえます。地域密着型の企業と東京の大企業では、面接の雰囲気やアピール方法が異なる場合もあるので、事前にアドバイスをもらいましょう。

スケジュール管理

転職エージェントは転職活動のスケジュール管理を代行してくれます。また、面接の日程調整も行ってくれるため、今の仕事を続けながら転職をしたい人におすすめです。特に、地方から東京へ転職する場合は、移動が多くなるためスケジュール管理が大変になります。面接が重複してしまったり、書類の提出期限に遅れてしまったりといった失敗を防ぐために、転職エージェントを活用すると良いでしょう。
また、効率的にスケジュールを組んでもらえることで、転職活動を長引かせずに済むメリットもあります。

サポートの内容は転職エージェントによって異なるため、自分が必要とするサービスを提供しているエージェントを選ぶのがポイントです。東京は求職者の人数が多いので、多数のライバルのなかから採用担当者の印象に残らなければなりません。書類や面接でアピールするために、転職エージェントのアドバイスを参考にして、応募先企業に合わせた対策を行いましょう。

非公開求人に出会える

転職エージェントは、求人サイトに掲載されていない「非公開求人」を持っています。非公開求人とは、企業側の事情により、公にしたくない情報を含んだ求人のことです。たとえば、新規事業立ち上げのメンバー募集や、特定分野を強化するために人を増やしたいときなどは、競合他社に知られたくない情報を含んでいるため、非公開求人での募集となります。
このような求人は、転職エージェントを活用しなければ出会えません。マッチすれば内定に至る可能性が高いので、アドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

スカウト機能がある

転職エージェントにはスカウト機能もあります。スカウト機能とは、企業側が求める人材像と応募者の職歴や希望条件が合う場合に、「応募してみませんか」と誘いが来るというサービスです。
転職エージェントの担当者がスカウトをする場合と、企業の採用担当者が直接スカウトする場合があります。自分では検討していなかった企業でも、話を聞いてみると希望に合うこともあるので、幅広く応募先を検討するうえではメリットのあるサービスです。また、スカウトの場合は、書類選考や一次面接が免除される場合もあるようです。

無料で講座が受けられる

転職エージェントには、転職セミナーやプログラミング講座といった、さまざまな講座が用意されています。転職の流れや基本的なマナー、面接の服装といった基礎も学べるので、初めて転職をする人でも安心です。また、「自己分析セミナー」「未経験職種対策セミナー」といった特定の分野について詳しく説明してくれる講座もあります。
プログラミングや医療事務など、スキルアップを目的とした講座も無料で受けられるので、東京で異業種へ転職したい人は積極的に利用しましょう。

退職についてもアドバイスがもらえる

転職先が決まっても、今の会社をスムーズに辞められないと転職が進みません。転職エージェントには円満退職のノウハウもあるので、退職の進め方や手続きについて教えてもらえます。
退職の意思をいつ誰に伝えるべきか、どのように理由を説明するか、といった具体的なアドバイスや、遺留されたときの対処法なども相談可能です。

転職エージェントにはどのような種類がある?

転職エージェントと一口にいっても、対象者や求人数はさまざまです。自分の職歴や、どのような企業を目指したいかによって、最適な転職エージェントは異なるでしょう。

求人数が多い大手エージェント

大手の転職エージェントは業界、年齢、地域などを特定せず豊富な求人を有しているため、「多種多様な企業から選びたい」「東京以外の企業も検討したい」という人に向いています。求人数が多いところでは、10万件を超える企業が登録されているようです。中小規模の転職エージェントに比べて、大企業の求人も多い傾向にあります。
また、各地に登録拠点があるため、地方にいながら東京の企業の選考を受けることも可能です。
アドバイザーの人数も多いので、最初の担当者が合わなければ変更してもらいやすいのもメリットといえます。

特定の分野を対象とする特化型エージェント

「IT系職種」「エンジニア向け」「医療系」など、特定の業界・職種に特化した転職エージェントもあります。志望する業界・職種が決まっている人は、特化型の転職エージェントを活用したほうが求人を選びやすいでしょう。アドバイザーも業界の知識に精通しているので、適切なサポートを受けられます。未経験者でも挑戦しやすいよう、特定分野の講座が充実しているのもメリットです。
また、初めて東京で転職する際、いきなり正社員を目指すのが難しい場合は、紹介予定派遣の求人を紹介してくれるケースもあります。

年齢や経歴で対象者を絞ったエージェント

応募者の年齢や経歴を絞っている転職エージェントもあります。たとえば、「第二新卒・既卒・フリーター向け」「女性向け」「ハイキャリア向け」などです。このような転職エージェントで紹介する求人は、企業が求める人材像も的が絞られているため、転職に成功しやすいでしょう。
たとえば、第二新卒や既卒は社会人経験が浅いため、転職の選考では条件で不利になりやすいのが一般的です。しかし、「第二新卒・既卒・フリーター向け」の転職エージェントに求人を出す企業は、応募者の属性を承知しており、経験よりもポテンシャルを重視したいという考えを持っています。
また、アドバイザーも経験が浅い人へのサポートに長けているため、転職に成功する可能性が高まるでしょう。

エージェントを活用して東京の転職に成功するコツ

転職エージェントに登録すれば多種多様なサポートをしてもらえますが、転職に成功するためには応募者の積極的な姿勢も大事です。この項では、転職エージェントと二人三脚で転職に成功するためのコツを紹介します。

2~3社のエージェントに登録しよう

転職エージェントは1社に絞るのではなく、2〜3社に登録しましょう。紹介している求人の種類やサービスの内容は、転職エージェントによって異なります。非公開求人に出会える確率を高めるうえでも、複数の転職エージェントを利用するのが良いでしょう。
また、相性の良いアドバイザーを見つけるためにも、数社のカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。ただし、多くの転職エージェントに登録し過ぎると、意見が分かれて混乱したり、次々に求人を紹介されて選べなくなったりしてしまうので注意してください。

転職する意欲が高いことを示そう

転職エージェントは、転職意欲の高い人に優先的に求人を紹介します。「転職してもしなくても良い」「今すぐというわけではない」と伝えてしまうと、なかなか求人を紹介してもらえない恐れも。特に、地方から東京への転職を志望する場合は、「本当に東京へ移住する気持ちがあるか」と確認される可能性が高いでしょう。
転職エージェントとしてもなるべく多くの人に内定を出したいので、意欲が高い人から順番にサポートするようです。アドバイザーには「早めに転職したい」と意欲を示しましょう

転職希望時期は具体的に決めておく

いつまでに転職したいかを決めておくのも転職成功のコツの一つです。一般的に求人は3カ月程度で入れ替わるといわれているため、転職時期も3カ月後を目途にするのがおすすめ。転職エージェントの担当者は希望時期に合わせてスケジュールを考えてくれるので、最初の面談で伝えると良いでしょう。一般的な転職期間について「転職活動にはどれくらいかかる?長引く要因や短期間で終わらせるコツを解説」のコラムで解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

嘘はつかない

転職エージェントには、学歴や職歴について嘘をつかないのが重要です。嘘をついてしまうと自分に合わない企業を紹介されてしまうだけでなく、嘘が発覚すれば信頼を損ねてしまいます。噓をつき通して転職に成功したとしても、周りについていけず早期離職になる恐れもあるでしょう。
空白期間があったり、実務経験がなかったりすると「求人を紹介してもらえないのでは」と不安になる人もいるようですが、そのような不安も含めて正直に話したほうが良いです。転職エージェントは、空白期間がある場合の説明方法や、実務経験がない場合の対策などについてノウハウを持っています。アドバイザーは自分に力を貸してくれる存在と考え、正直に話すのがおすすめです。

応募先企業に求める条件を明確にしよう

転職エージェントの面談では、企業に求める条件について聞かれます。「新しいことに挑戦させてくれる企業が良い」「アットホームな職場に転職したい」など、具体的な希望を伝えましょう。
また、なぜ転職しようと思ったのかという点も重要です。「東京で大きなプロジェクトを手掛けたい」「チームで仕事をしてみたい」など、転職の動機が分かれば、希望を叶えられる企業を探しやすくなります。
ただし、条件が多過ぎると応募先企業が決められず、転職期間が長引いてしまう恐れも。希望条件には優先順位をつけ、妥協点を決めておくのが良いでしょう。
「希望条件が決められない」「何がしたいのか分からない」という場合は、転職エージェントのアドバイザーと一緒に考えることもできます。

転職エージェントの利用方法

この項では、転職エージェントを利用する際の、実際の流れを紹介します。

1.自分に合いそうなエージェントを探す

まずは登録する転職エージェントを探しましょう。東京への転職を目指すなら、東京都の企業の求人数が何件くらいあるかを目安にするのも良い方法です。また、「転職エージェントにはどのような種類がある?」で紹介したように、業界・職種に的を絞ることや、どのような人を対象にしているかによって選ぶのも良いでしょう。
そのほか、Webサイトの見やすさや、オンラインサービスの充実度などで選ぶ人もいるようです。また、5社程度のカウンセリングを受けてから、2~3社に絞る方法もあります。

2.転職エージェントのWebサイトから登録する

転職エージェントのWebサイトから登録画面に進み、名前や住所などの情報を入力します。その際、学歴や職歴も入力しておくと、カウンセリングが進めやすくなるでしょう。
登録が完了したら確認のメールが来ます。

3.担当者から連絡が来る

登録が完了してから数日以内に転職エージェントの担当者から連絡が来ます。その際、転職の意思や希望条件を聞かれる場合もあるようです。ここでは詳細に話さなくても良いので、簡単に転職の動機や東京に行きたい理由、今後の希望などを伝えましょう。どうしても伝えておきたい希望があれば、詳しく話しても問題ありません。最後にカウンセリングの日程を決めます。

4.カウンセリングで転職の方向性を決める

カウンセリングは、対面やオンライン、電話など、転職エージェントによってやり方が異なります。最初のカウンセリングでは、転職理由や希望条件、これまでの経験や今あるスキルなどを詳しく話しましょう。また、アドバイザーからは転職市場の現状や、これからやるべきことなどについて説明があります。カウンセリングを受けることで、転職の方向性が明確になるでしょう。そのほか、東京の転職事情について教えてもらうことも可能です。
カウンセリングに向けた準備や服装について「転職エージェントとの面談の服装はどうする?当日までに必要な準備を解説!」のコラムで詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

5.求人を紹介してもらう

担当のアドバイザーから、あなたに合いそうな求人を紹介してもらいます。興味があれば選考に進みましょう。もし、希望に合わないと感じたら断っても問題ありません。紹介してくれたからといって、すべての求人に応募しなければならないわけではないので、どのような点が違うのかを具体的に説明したうえで断りましょう。理由が分かれば、アドバイザーも改めて求人を探しやすくなります。

6.書類作成や面接対策を行う

応募先企業が決まったら、履歴書や職務経歴書の準備、面接対策などを行います。履歴書や職務経歴書はアドバイザーに添削してもらうのがおすすめです。「この欄が読みにくい」「ここを修正すると分かりやすくなる」といった具体的なアドバイスをもらえます。1人で作成するのが不安な場合は、アドバイザーと一緒に書くのも可能です。履歴書と職務経歴書は、転職エージェントの推薦状と一緒に提出されます。

書類を提出したら、面接対策を行いましょう。転職エージェントの模擬面接で、志望動機や自己PRの話し方を練習します。アドバイザーは応募先企業の傾向を知っているので、効果的な練習が可能です。
なお、選考結果は転職エージェントから伝えられます。不採用の際は、修正点についてアドバイスがもらえるほか、企業側に理由を確認するのも可能です。

7.退職手続きと入社準備のアドバイスを受ける

内定が決まったら、今の会社を円満に退職するためのアドバイスや、入社に向けてやるべきことを教えてもらえます。退職の手続きや流れについては「退職を決意!仕事を辞める際に角の立たない理由や退職願の書き方を解説」のコラムで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。また、年収の交渉や入社時期の調整なども転職エージェントが行ってくれるので、希望があれば伝えましょう。

東京で転職してみたい方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは20代の既卒や第二新卒、フリーターを対象とした転職エージェントです。正社員の経験がない方や、経験が浅い方を中心にサポートを行っており、「若手を育てたい」「人柄重視で採用したい」という企業をご紹介しています。また、企業の採用担当者から社風や価値観などの詳しい話を聞いたうえで紹介していますので、ミスマッチが起こりにくいのが特徴です。
これまでの転職活動がうまくいかなかった方も、キャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートするので安心してご相談ください。地方で仕事をしながら転職活動を進めたい方には、現在の仕事と両立できるようにスケジュールを調整します。1人での活動に比べて効率的に転職ができるでしょう。

東京で転職エージェントを活用する際のQ&A

ここでは、東京で転職エージェントを活用して活動する際の疑問や悩みをQ&A方式で解消します。

地方にいても東京へ転職できる?

地方から東京へ転職可能です。多くの転職エージェントは全国各地の求人を有しています。エージェントによって、地方の求人が多かったり、東京都心部の企業が中心だったりするので、扱っている求人の内容を確認しましょう。地方で働きながら東京へ転職する場合は、面接の日程をまとめてもらうなど、転職エージェントにスケジュール管理をお願いするのがおすすめです。地方と都市部の就職の違いについて「就職するなら地方?都市?それぞれのメリット・デメリットを紹介」のコラムで紹介していますので、ご一読ください。

転職相談は無料ですか?

無料です。転職エージェントは内定が決まった際に、企業側から手数料が入る仕組みになっています。そのため、応募者は無料でサービスを受けることが可能です。転職エージェントに相談できる内容は、自己分析や企業に求める条件、転職活動の進め方など、転職に関することならどのようなことでも構いません。「転職エージェントにはどんな相談ができるのか」のコラムを参考にして、相談する内容を考えてみましょう。

今の会社に情報が伝わることはある?

転職エージェントから今の会社に連絡することはありません。退職前に転職活動を始める人に対しては、職場の人に気づかれないようにとアドバイスするのが一般的です。転職を中止して今の会社に残る可能性も考え、仕事になるべく支障が出ないように転職活動を進めましょう。「転職先が決まってから退職するには?」のコラムでは、転職先を決めてから退職するメリットを紹介していますので、ご覧ください。

初めての転職でも成功できる?

成功できる可能性は十分にあります。そのためには、自己分析や企業研究を丁寧に行い、転職によって何が実現したいのかを明確にするのが重要です。また、転職エージェントのアドバイザーによる客観的な意見も取り入れ、企業側に自分の強みをアピールするのも大事なポイント。「面接練習の方法とは?必要な準備や選考の流れを解説!」で紹介している面接対策は初めて転職する人にはハードルが高いので、転職エージェントを活用しましょう。ハタラクティブでも面接対策をおこなっていますので、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ