新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就活が成功しない原因は何でしょうか?

就活が成功しない原因は何でしょうか?

公開日:

最終更新日:

1年間就職活動をしていますが、なかなか就職先が決まりません。自分はどこにも就職できないのでしょうか?

1年間就職活動をしていますが、なかなか就職先が決まりません。一生懸命やっているつもりなのですが、自分はどこにも就職できないのでしょうか?

長い期間就職活動をしているのにうまくいかない場合、就職活動の方法と求人の選び方を見直してみるのがおすすめです。
就職が成功しないのはあなたに能力がないからではなく、仕事の探し方に問題があるのかもしれませんよ。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

■応募する企業を選び過ぎている

就活が成功しない原因は何でしょうか?

就職活動が長期化する人にありがちなのは、「応募する企業を選び過ぎて視野が狭くなっている」ケースです。
求人には職種や勤務地、休日休暇、給与など、さまざまな項目がありますが、就活が難航している方は条件にこだわり過ぎて選択肢が狭くなっている傾向があります。仕事内容が希望通りで福利厚生や待遇の全てに満足できる職場があれば理想ですが、現実にはなかなかそういった就職先はないですよね。
ずっと求人サイトを眺めていはいるけど応募は月に数件…という方は、条件にこだわり過ぎていないか振り返ってみてくさだい。

仕事の条件は働く上で大切ですが、サイト上の情報だけでは詳しい職場の様子や仕事内容はわからないことも多くあります。インターネット上で公開されている求人やハローワークの求人では、載せられる情報量が限られているため企業の全貌が見えてこないことがあるんです。
就職先を早く決めたいと思っているなら、「この条件を満たしていないから駄目!」と決めつけず、少しでも興味の湧いた企業に応募してみるというのも一つの方法でしょう。

実際に企業を訪れると職場の雰囲気や働いている人の様子など、多くの情報を得ることができます。面接で話を進めていく中で求人票になかったポジションを提案されたり、「実は…」という形で求人票に記載のなかった給与制度や福利厚生についての話が出てくるかもしれません。
求人票を見るだけでは掴めなかった企業の雰囲気や姿勢がわかると、当初希望した条件通りではなくても魅力を感じる可能性は充分あります。実際に就活をしている方のなかには、「応募前はそれほど志望度が高くなったのに、面接に行ってみると自分にぴったり!」と感じて入社を決めた人も多いんですよ。

職種へのこだわりが強くて応募する企業が見つからないという人は、「自分はなぜその職種に就きたいのか?」という点を突き詰めてみると、別の可能性が見えてくるかもしれません。
例えば「人をサポートするのが好きだから」という動機から事務職を希望している方は、ひょっとすると介護・福祉関係の仕事に向いているかもしれないですよね。
ほかにも「裏方として働きたいから」という理由があるのなら、コールセンターやエンジニア職に適性があるかもしれません。
こんな風に、自分がその職種を志望する動機を分析すると、ほかにも向いている職種や同じモチベーションで目指せる職種が浮かび上がることがあります。
職種で求人を探しているが良い企業に出会えないという方は、この方法で視野を広げてみてはいかがでしょうか?

■応募している求人が合っていない

応募は積極的にしているけど書類・面接選考に通らないという方は、「企業が求める人物像に自分が合っていない」という可能性を考えてみましょう。書類や面接はいわば、企業が自社で活躍してくれる人材を探すための手段です。
どんなに高い能力や豊富な経験を持っていたとしても、そのスキルが応募先の企業で活かせるものでなければ採用されるのは難しいでしょう。

先ほどもお話しした通り、求人はそこに書かれている内容が全てというわけではなく、実際には求人上に公表されていない条件や募集要項が存在しているケースがあります。例えばよくあるのが、社内体制の状況から男女どちらからの採用に絞っているといるというケース。
性別的な制約は法律的な背景から求人にその旨を表記することはできませんが、男性のみを募集している企業に女性が書類を出したとしても、不採用になってしまうという実態があります。ほかにも求人には明記されていないものの、選考に落ち続ける人は年齢や経歴、人柄など、どこかで企業ニーズとのミスマッチが起こっているのかもしれません。

就活が上手くいかないという人の中には、面接が極端に苦手で、うまく話ができないという方もいらっしゃいます。
“面接は慣れ"とよく言いますが、そのような方は、転職エージェントなどで企業の求める人物像をもとにした面接対策を受けると良いでしょう。


就職活動は闇雲にやって成功するというものではありません。ご自身の就職活動がうまくいかない原因を理解すれば、必ずあなたに合った企業が見つかりますよ!



関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?