アルバイトより正社員就職をするべきですか?

正社員はどうしてもサービス残業などで窮屈な生き方に見えてしまいます。本当に目指すべきでしょうか?

企業に正社員として勤めている人は窮屈な生き方に見えます。居酒屋でアルバイト中ですが、フリーターの方が自由でいいなと思います。未経験でスーツを着るような企業に就職できる気もしません。アルバイトより正社員のほうが良いものですか?

長期的に考えるなら正社員就職がおすすめです。 アルバイトは自由度が高く、仕事に対する責任が少ないなど働きやすい環境といえますね。しかし、雇用形態は「非正規」です。アルバイト先の経営状況などによっては雇用契約が終了する可能性も。いっぽう正社員は「正規雇用」のため、基本的には望む限り働けます。ボーナスや昇給、退職金といった制度も異なるため、長い目で見ると正社員として就職することをおすすめします。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

アルバイトより正社員就職をするべきですか?

正社員に対して「スーツを着て通勤し、責任の大きな仕事を担当して好きに休みが取れない」というイメージを抱く方もいるでしょう。たしかに正社員は会社の規定を守り、アルバイトに比べて責任の大きな仕事を担当します。ときには残業することもあるでしょう。しかし、それは雇用形態が異なるから。アルバイトと正社員就職のどちらが良いか、アドバイザーが回答します。

アルバイトと正社員それぞれの良さを知って働き方を選ぶ

アルバイトも正社員も違った良さがあるため、自分が何を優先して働きたいかで、どちらの雇用形態を選ぶか変わってきます。

アルバイトのメリット

アルバイトは自分で勤務時間の調整がしやすいこと、広い業種や職種で求人募集をしているため、仕事が見つけやすいことが主なメリットといえるでしょう。残業もなく、自分の時間を確保しやすいのも大きな特徴です。
逆に給与は自分の勤務日数で左右されてしまうため不安定。昇給や福利厚生なども正社員と比べると不利なことが多いようです。

正社員のメリット

正社員は業種や職種によっては残業があり、アルバイトに比べて拘束時間が長め。入社したての給与水準が低い場合もありますが、将来的なキャリアや身に付く職能という意味ではアルバイトよりも評価されます。
昇給も期待できますし、福利厚生の条件もアルバイトに比べると充実しているところが多いでしょう。年齢を重ねてからのことを考えると正社員として働くほうがメリットを感じられるはずです。

「正社員よりアルバイトの方が自由な働き方に見える」というのは勤務時間や仕事の見つけやすさという点においては事実といえるでしょう。しかし、安定的に働いていきたいなら正社員をおすすめします

アルバイトと正社員の違いを確認しよう

アルバイトと正社員の大きな違いは雇用形態です。また、雇用形態によって働き方や給与事情も変わってくるため、違いを把握して自分にはどちらが向いているか判断しましょう。

雇用形態・期間

アルバイトは、雇用期間に定めのある有期雇用。雇用期間が終わりに近づくと、雇用者と話し合って雇用期間を更新するか終了するかを決めるのが一般的。アルバイト先の経営状況や方針によっては契約を更新できないこともあるでしょう。
一方、正社員の場合は雇用期間が定められていない無期雇用。基本的には退職するまで雇用は保証されています

勤務時間

アルバイトの場合は、職場の状況によって人員を配置するシフト制が多く採用されています。これは、アルバイトが「臨時雇用」のため。あくまでも正規社員が足りない場合の措置として採用されていると考えられるでしょう。アルバイト先にもよりますが、自分の都合に合わせて、好きな時間帯で働けるのが魅力です。
正社員の場合は、就業規則によって労働時間が指定されています。なかにはシフト制の正社員もありますが、アルバイトのように好きな時間で希望を出せるわけではありません。正社員の場合は所定労働時間に則り、1日8時間・週5日勤務がほとんどで、休日も固定されていることが多いようです。

給与形態

アルバイトの給与形態は多くが時給制。働くほど給与は高くなる一方で、勤務時間が少ないと給与は少なくなってしまいます。ボーナスは基本的に支給されず、昇給も数十円など少額です。
正社員は常時雇用のため月給制や年俸制がほとんど。働く日数を問わず一定の給与が支給されるため、毎月の給与が安定します。また、企業によってはボーナスが出たり、定期昇給に加えて成果昇給や昇格による給与アップも期待できます

生涯賃金にも差が出る

毎月の給与額や年齢・経験による昇給、ボーナス、退職金などを考慮すると、非正規と正社員では生涯賃金にも大きな差が出るといわれています。「生涯賃金とは?生涯年収の本当のトコロ」によると、その差は1億円近くになる可能性も。働き方を考えるときは、長期的な視野で考えるべきといえるでしょう。

業務の責任

アルバイトと正社員では、同じ職場で同じ仕事をする場合もあるでしょう。しかし、かかる責任の重さが全く違います。正社員は常時雇用のため、アルバイトに比べて大きなコストがかかるもの。会社を構成する要素としての意味合いが強く、業務に対して深い理解や責任が求められます。
一方でアルバイトの場合は、勤続年数がどれだけ長くても非正規雇用です。会社としても臨時的に雇用しているため、正社員ほど教育や雇用にコストをかけていないのが実情。そのため仕事に対する責任も少ないと考えられるでしょう。

社会的信用

アルバイトの場合は収入や雇用が不安定なため、賃貸契約やローン審査に通りにくい可能性があります。正社員の場合は、収入と雇用が安定していることから社会的信用は高い傾向。「フリーターにはデメリットが多い!社会保険や税金について正社員と比較」でも、フリーターと正社員の比較を行っています。

アルバイトから正社員に就職できる?有効求人倍率を確認しよう

求職者1人に対して求人数がどのくらいあるのかを表す、有効求人倍率というものをご存知でしょうか。有効求人倍率が1.0以上であれば、求職者よりも求人数が多く、求職者に有利な売り手市場。その逆は企業に有利な買い手市場です。

現在の有効求人倍率は、2022年9月時点で1.34(全国平均)。求職者1人に対して1.34の求人がある状態です。ただし、正社員に限定してみると有効求人倍率は1.02。決して就職に有利な状況とはいえないでしょう。
しかし、幅広い業界で人手不足の状況になっているため、職種によっては採用条件を緩和したり、未経験者を採用するための研修制度を充実させたりと応募者増加に向けた対策を行っている企業もあります。
製造業や運輸業、金融業、サービス業などは求人数が増えていることから、アルバイトから正社員を目指すなら求人数が多かったり人手不足だったりする仕事を選ぶのも一つの方法です。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

アルバイトから正社員就職する方法

アルバイトから正社員就職を叶えるには、求人に応募するのが一般的です。アルバイト先で正社員を希望するなら正社員登用、手厚い支援を希望するならエージェントと、自分の傾向や目的に合わせて方法を選びましょう。

アルバイトから正社員登用を目指す

正社員登用とは、アルバイトやパートといった非正規で働く人材を正社員として採用する制度のこと。アルバイトで身につけた知識やスキルを活用できるため、正社員になったあとの業務がスムーズになる利点があります。
ただし、「社員登用制度を利用するメリット・デメリットは?基本的な流れも紹介!」でも説明しているように、すべての会社で実施しているわけではなく、必ず正社員になれるとは限りません。制度があっても実績がない、利用について正社員の推薦や選考が必要といった例も多いため、今のアルバイト先で正社員を望むなら必ず制度について確認しておきましょう。

求人サイトやハローワークで応募する

もっとも一般的といえるのが、求人サイトやハローワークで正社員の求人に応募する方法でしょう。求人サイトには多くの情報が掲載されているため、求める条件で検索しやすいのが特徴。ハローワークはその土地の求人が多い傾向です。
ただし、求人サイトで応募すると、書類提出や面接日程などの調整もすべて1人で行う必要があります。ハローワークは職員がサポートしてくれますが、職員によって対応が異なるといった例もあるようです。

就職エージェントを活用する

就職エージェントとは、民間企業が運営する就職支援サービスのこと。求人の紹介や就活のサポートなど、主なサービスはハローワークと代わりませんが、民間企業ならではの手厚いサポートや抱負な求人が魅力です。
また、「フリーター向け」「経験者・転職者向け」など利用者ごとに行っているサービスもあるため、より自分に適した支援を受けやすいのが特徴。フリーター向けのエージェントなら、「未経験OK」の求人が多く扱われているでしょう。

アルバイトから正社員就職を目指すなら、自分に合った就活方法を見つけることが大切です。
就活自体が初めてで何をしていいか分からない、なにをアピールすればいいか分からないなど、就職について不安・疑問があるならハタラクティブにお任せください!
ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒を対象としている就職・転職エージェント。就活をしたことがない、正社員の経歴がない、数ヶ月で正社員を辞めてしまったなど、就職や転職で悩む若年層をサポートしているサービスです。
専任アドバイザーが相談から内定まで、マンツーマンで支援。応募先の提案や書類の添削、面接練習など段階ごとに就活をサポートいたします。就職でお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

この記事に関連するタグ