本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職するべき? ブラック企業勤務です

転職するべき? ブラック企業勤務です

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

ブラック企業に入ってしまいました。どうしたらいいでしょう

就職先がブラック企業でした。社会人経験を積むためにもこのまま今の会社で働く方べきか、心機一転して転職すべきが迷っています。私はどうしたらいいでしょうか?

まずは冷静になって、勤め先が本当にブラック企業かどうかを考えてみましょう。労働環境や待遇の全体を見渡して、客観的にブラック企業だと判断できるのか? もし誰の目から見てもそうだと思える状況なら、次の転職先を見つけて退職の道を選択しましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

○ブラック企業とは何か? 視野を広げて考える

転職するべき? ブラック企業勤務です

最近よく耳にする“ブラック企業”というワードですが、具体的にはどんな会社を指して使う言葉なのでしょうか。「うちの会社はブラック!」と安易に決めつける前に、まずは勤め先が本当にブラック企業にあたるかどうかを冷静に見極めましょう。
テレビやネットでブラック企業という言葉がたびたび使われることもあり、メディアから感じとった「なんとなく」のイメージに捉われている可能性もあります。仕事の内容や環境に対しての受け取り方は個人によって幅があり、考え方によって状況は変わってきます。仕事がハードだと感じていても、実力を伸ばすために必要な過程と考えることもできますし、残業が多くてもやりがいを持って取り組めるのなら、その人にとって価値のある仕事といえるでしょう。

ここで、一般的に言われるブラック企業の特徴をいくつか挙げてみましょう。
・離職率が極端に高い
・異常な長時間労働を強いる
・賃金を払わないサービス残業が多い
・会社に必要ないと判断した人をパワーハラスメントなどで退職に追い込み、選別を行う
・長期雇用をするつもりがないのに新卒採用を行い、若手を使い捨てる
・心身に過重な負担がかかる業務を強いる上、健康に支障をきたした場合の対応をしない

“ブラック企業”に明確な定義はありませんが、以上のようなことが当てはまる会社に勤めているなら、労働環境に問題のあるブラックな職場である可能性が高いでしょう。

○勤め先の企業の“ブラック度”を見極める

自分の置かれた状況は客観的に見てどうなのか? 判断に迷う時は、転職支援サービスを利用してみるのも1つの手です。厚生労働省の認可を受けて人材紹介を行う転職エージェントは、求職者1人1人にコンサルタントがついて転職に向けたアドバイスや求人の紹介を行っています。転職のプロであるエージェントは多くの求人や企業の情報を持っています。今勤めている会社が「ブラック企業」であるのか、客観的に見て労働環境にどの程度の問題があるのかを判断する基準を教えてくれるでしょう。

ブラック企業と一口に言っても、その内容や程度は様々です。残業時間が長く賃金が支払われない、飲み会がお酒の一気飲みを強要するような体育会系のものである、暴力を振るわれることがあるなど。女性に対するセクシャルハラスメントが横行しているケースも存在します。もし今の会社勤めを続けることによって、過労やうつ病など心身に問題が出るような状況であれば、すぐにでも転職活動をスタートさせるのが良いでしょう。

○会社を辞めるのは転職先を見つけてから

転職を決意した場合にも、正社員として勤めている今の会社を辞めるのは転職先を見つけてからにしましょう。精神的に追い詰められて「今すぐ仕事を辞めたい」と思っても、次の仕事がすぐに決まるという保障はありません。仕事を辞めたのに次の就職先が決まらなければ、収入が途絶えて貯金残高が減り続けることに。そうして焦った結果、条件を妥協して自分に合わない会社に決めてしまっては元も子もありません。仕事のない状態で不採用の結果を受けると精神的にも追い込まれ、判断力が鈍くなりがちです。また、失業が長引いてブランクができると採用面接での印象が悪くなる恐れもあります。キャリアの浅い第二新卒などの場合は、経歴の穴は特に大きなハンデとなるでしょう。会社を辞める時に次の就職先が決まっていると、退職を申し出たときに慰留を断りやすいというメリットもありますよ。


まずは自分が置かれた状況を冷静に判断してから、今の会社にとどまるか、それとも次の職場を見つけるかを選択しましょう。転職エージェントに勤め先についての相談を持ちかけたり、同じ業界で働いている知り合いがいるなら職場環境について聞き、自分の状況と比べてみたりするのも良いでしょう。新卒と比べ第二新卒としての就職先は選択肢も狭まり、面接のハードルは高くなります。正社員を目指す転職活動に臨むにはそれ相当の覚悟が必要です。客観的な情報を手に入れつつ、今後の進路について冷静に考えていきたいですね。

 

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?