友達に会社を一緒にやろうと誘われたら

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 友達に会社を一緒にやろうと誘われたら

公開日:

友達から会社を一緒にやらないかと誘われました。

フリーター歴4年ですが、最近起業した友達に、一緒に会社を経営しないかと誘われています。社長になった友達を助けたい気持ちもありますが、友達同士で会社をやっていくか正社員として企業に就職した方がよいのか決められません。どうしたらよいでしょうか?

フリーターから、起業した友達と一緒に働く場合と、企業に就職し正社員として働いた場合、実際何をすることになるか考えましょう。さらに数年後にどのような可能性があるのか考えてみると、今どうすべきか見えてきます。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

【会社を一緒に興すことを選んだ場合】

友達に会社を一緒にやろうと誘われたら

■実際に何をするのか

起業してからしばらくは、事業計画の作成、webサイトの作成、営業活動、経理などの事務作業を含め、さまざまなことが待ち受けています。会社が軌道にのるまでは、多くの従業員を雇うことは難しく、社長をはじめ限られたメンバーで業務をこなさなくてはなりません。
友達同士だから、和気あいあいと仕事ができるだろうと思いがちですが、友達だからこそ言いづらいことや指示されることに対しての不満が出てくることも考えられます。友達を社長と呼ぶことに違和感を感じることもあるかもしれません。
もちろん、友達同士の強みでお互いを知っていることから安心して相談できたり、意見を交わすことができるというメリットもあるでしょう。
ただ、会社を経営していくということは、利益を出さなくてはなりません。友達同士の時のように楽しいからという理由だけで一緒にいることはできないのです。誘ってもらった友達の期待に応えられず、仕事を任せられないと判断された場合、今までの関係性を続けることはお互いに難しいでしょう。そういったリスクがあることも考えなくてはなりません。

■数年後にどのような可能性があるか

会社が軌道に乗り成功しているか、または失敗して倒産しているという可能性もあります。
会社に利益がでなければ、給与の遅延や支払われないなどのトラブルに見舞われているかもしれません。
もしその後、転職を考えた場合、起業から会社の経営に携われば、他では味わえないさまざまな経験ができるとは思いますが、一般の企業がそれを求めているかと言えばそうでもありません。専門性を求められる中途採用の就活では、キャリアとしては認められにくいといえるでしょう。
強い精神力が身に付くのは間違いありませんが、もしも友達の会社が倒産してしまった場合、精神力だけで転職活動を乗り切ることはできるでしょうか。先々のことばかり考えていては、何もできなくなってしまいますが、起こりうる可能性を考えることも大切です。

【フリーターから正社員としての就職を選んだ場合】

■実際に何をするのか

世の中にはさまざまな職種があり、多くの企業、業界が存在します。共通して言えることは、何かしらの役割があり業務を遂行しているということです。一概には言えませんが、ほとんどの企業は業務を細分化し効率よく会社を運営しています。
起業してまもなくの場合は、会社の基礎を作らなければならないので何か1つの仕事に専念することは難しいですが、正社員として企業に雇用されている場合は、限られた範囲の中で仕事に従事することができ、専門性を身に付けることができるというメリットがあります。

■数年後にどのような可能性があるか

企業へ就職し数年がたてば、配属された部署での専門性が身についていることでしょう。
例えば、営業職として配属された場合には、交渉スキルやプレゼンテーション能力が身に付き、経験を積むことでキャリアアップを望むことができます。また、将来的に転職を考えた場合も、専門的な知識は大きな武器になります。同じ分野への転職はもちろんのこと、専門的な知識を活用できる他の職種への転身も視野に入れることができます。

会社を興すのと、正社員として就職することで大きく異なるのは働く環境です。
ある程度分業化が進んでいる会社勤め。自分のするべきことがわかりやすく、キャリアプランも描きやすいのが特徴です。
起業する場合は、どんなことでもやっていく覚悟がないと会社は大きくなりません。自分に身につくスキルはさておき、会社が行っている事業を大きくすることを原動力として仕事を続けていく必要があります。
起業したばかりのうちは、先が見えず給与や福利厚生が安定していないことも考えられます。さらには、次々と出てくる課題を対処しながら働く意思を持ち続けるのは、企業で正社員として働いた場合とは比べ物にならないくらい大変です。
起業した友達と一緒に会社を運営していくことのデメリットを考えたとしても、どうしてもやってみたいと思えないのであれば、正社員の求人を探してみることをおすすめします。今の段階で不安要素が勝ってしまうなら、友達が起業した会社が大変な時にモチベーションを維持することはさらに難しくなるでしょう。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ