新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

ブラック企業を退職するタイミングは?

公開日:

最終更新日:

今年の4月から仕事を始めましたがブラックでした。辞めるタイミングはいつがいいですか?

4月に新卒で就職した会社が、土日休みナシ、毎日のように終電やタクシーで帰るブラック企業でした。みんなで行った食事の代金は給料から天引き。仕事は楽しいこともありますが、退職も考えています。ブラック企業を退職するのは早めの方がいいんでしょうか?

様々な方の相談をお受けしていますが、確かになかなかのブラック企業だと感じました。しかし、退職するかどうかは、リスクを考慮して判断するることをおすすめします。まずはブラック企業の見分け方をチェックしてみましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

■ブラック企業の見分け方

ブラック企業を退職するタイミングは?

・残業代が出ない

みなし残業代として一定の額を支給する企業も増えていますが、みなし残業の時間と実際の残業時間が大きく違うという例もあるようです。

・離職率が高い

特に、入社して間もない社員が大量にすぐ辞めてしまうような企業は要注意です。

・長時間労働、残業や休日出勤が多い

法的に問題ない範囲かどうか、自分の体力に見合った労働時間かどうかを見極めましょう。

・パワハラ・セクハラがある

パワハラには、暴力や罵倒など直接的なもののほかに、処理しきれない量の仕事を押し付けたり、逆に仕事を与えないというものもあります。

・給料が安い

ただ給料が安いというだけではブラック企業だとは言い切れませんが、最低賃金を割り込んでいればブラック企業だと捉えていいでしょう。

・精神論ややる気を必要以上に重視する

過酷な環境に耐えられないのは根性が足りないからだ、という風潮があったり、無給での奉仕を強要したりという例があるようです。

 →当てはまる項目が1~2個
ブラック企業の要素もありますが、他の条件が自分の働き方に合っているなら働き続けるメリットの方が大きい可能性があります。

 →当てはまる項目が3~4個
ややブラック企業の傾向が強い企業です。心身への負担が大きい場合は退職も視野に入れて考えましょう。

 →当てはまる項目が5~6個
ほぼブラック企業だと言っていいでしょう。万が一に備えて、勤務時間や残業時間、パワハラやセクハラに当たる事例を記録しておくことをおすすめします。

■ほんとうに退職するべき?

こうして見てみると、あなたの会社は確かにブラック企業である可能性が高いと言えます。しかし、もし正社員を続けることが可能であれば、続けた方がいいでしょう。この会社を辞めて転職することになった時、採用する側の企業が前職の職場環境を考慮してくれるとは限りません。むしろ、「1年未満で退職している」「現在フリーターである」という事実だけを見られるという可能性も十分にあるのです。あなたは今も「仕事そのものは楽しい」と感じているようなので、その間はできる限り仕事を続けてみるという選択肢もあるのではないでしょうか。
ただし、精神や肉体に問題をきたしている、金銭面でのトラブルがある、倒産のリスクが高い、などの兆候がある時にはすぐに辞めることをおすすめします。

■「3年は働くべき」は本当?

新卒として就職した後の早期転職については、よく「3年は続けた方がいい」と言われることがあります。あなたの場合、いま退職してしまうと1年未満の勤務になってしまうので、このセオリーにのっとれば働き続けた方がいいということになります。
ただ、勤続年数に対する受け取り方は転職先の企業次第です。1年未満での退職をしているというだけでマイナスにとらえる企業もあるかもしれませんが、1年未満での退職が数社続いているのでなければそれほど問題にしないという企業もあるでしょう。
さらに、退職理由をどう伝えるかによっても早期退職に対するイメージは変わってきます。ポイントは、早期退職したことをしっかり反省しているかどうか。退職理由を「前の会社がブラック企業だったから」というだけで済ませてしまっては、自分に問題がなかったか分析する能力がなく、責任を前の会社に押し付けていると思われてしまいかねません。
また、勤続年数は、あなたが持っているたくさんの条件の中のひとつ。意欲や経験、できることなど、他にもアピールできる要素はあります。条件そのものも大切ですが、面接で自分をどう見せるかも重要と言えるでしょう。

■転職活動を行なうタイミング

転職活動は、できるなら退職前に始めるのがいいでしょう。空白期間やフリーター期間が長いとその分不利になってしまいます。
もし、正社員のままだと面接の時間がうまく調整できない、退職を引き止められて入社時期の見通しが立たないなどの問題がある場合は、転職エージェントや就職支援サービスに相談してみるのもおすすめです。転職エージェントは、転職先の企業との調整を引き受けてくれるので、働きながらでも転職活動をスムーズに進めることができます。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ