もうフリーターは嫌だ!と思っている人が元気になる言葉

もうフリーターは嫌だ!と思っている人が元気になる言葉の画像

テストパターン

この記事のまとめ

  • 自分が不幸だと思っているフリーターは、それを慰める言葉を掛けられると安心する
  • 人生に関する格言は、将来に不安を抱えるフリーターにおすすめの言葉
  • フリーターは、ときに他人を気にしないでいられる言葉が必要になる

フリーター生活が長くなり、不安や劣等感を抱えている人も多いでしょう。このコラムでは、フリーターならではの悩みに即した偉人の名言を紹介しています。人生に迷っているフリーターの方は、歴史に残る言葉を知って、今後の人生や就職活動の糧にしてください。少しでも前向きな気持ちになれたら、フリーターを脱して就職することも考えてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

もうフリーターは嫌だ!と思っている人が元気になる言葉

不幸を慰める格言

フリーター生活が嫌になっている人は、自分の今の生活が不幸だと感じているかもしれません。そんな人には、不幸を慰める格言を紹介しましょう。

幸福な家庭はどれも似たようなものだが、不幸な家庭はいずれも、それぞれに不幸なものである。(トルストイ)

トルストイの名作、『アンナ・カレーニナ』の冒頭に出てくる言葉です。幸福と違って、不幸には人それぞれの個性があるということですね。もしあなたが自分の不幸を嘆いているのなら、その不幸の個性を見つめ直してみるといいかもしれません。

意味が見つからないから良き人生を送れないのではなく、良き人生を送れないからこそ、意味にすがるのだ。(ニーチェ)

自分がなんのために生きているのかわからない、どんな仕事に向いているのかわからない、と悩んでいるときにはこの言葉。人生の意味や仕事の向き不向きを考えるのは、仕事や人生に正面から向き合っていないから。意味を求めているうちは、自分の人生から逃げているのだという厳しい格言です。

人生に関する格言

フリーター生活が嫌になっているのなら、自分の将来にも悩んでいるはず。このままフリーターを続けていてもいいのか、それとも正社員として就職したほうがいいのか。そんな人生の岐路に立っているあなたに贈る、ゲーテの格言を用意しました。

人生はすべて次のふたつから成り立っている。
したいけど、できない。
できるけど、したくない。(ゲーテ)

現実と理想の狭間にいる人間のことを、これほど端的に表している言葉はないでしょう。自分の理想とすることはやりたいと思ってもできないが、現実にできる簡単な仕事はしたくない。多くの人がこの両端の間を行ったり来たりしています。

人が旅をするのは到着するためでなく、旅行するためである。(ゲーテ)

こちらは目標に到達することの重要さよりも、努力することの大切さを説いた格言。大事なのは結果ではなく、過程という言葉でも言い換えられるかもしれません。多くの説明を要しない言葉ですが、それだけに深く考えさせられるものでもありますよね。

他人を気にしないための格言

最後に、他人の視線を気にしないための格言を紹介します。

約束を守る最上の方法は、約束をしないことだ。(ナポレオン・ボナパルト)

要は、約束なんかするなということです。約束は守れないもの。だったら初めからしないほうがいいという、なんとも豪胆な発想です。約束をしない相手は、なにも他人だけに限りません。自分自身に対しても余計な約束はしないほうが吉、ということですね。

どうして自分を責めるのですか?
必要なときにちゃんと他人が責めてくれるんだから、気にしなくていいじゃない。(アインシュタイン)

失敗したときには、ついつい自分を責めてしまいがちなもの。ですが、必要なときにはどうせ他人が怒ってくれるんだから、自分まで自分自身の敵になる必要はないじゃないか、と天才科学者は言ってくれています。言っていることは決して優しくはないですが、少しだけホッとするのはなぜでしょうか。

長く続いたフリーター生活、嫌になっていませんか?そんなあなたには過去の偉人の、ちょっとだけネガティブな名言をプレゼント。この格言を励みに、もう一度頑張ってみてはいかがでしょう?このコラムを読んで、ポジティブな気持ちになれた方は、フリーター脱出の一歩を踏み出してみませんか?就職エージェントのハタラクティブは、フリーターの就職をサポートします。利用は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow