新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 一人で就職活動をすると何がたいへんですか?

一人で就職活動をすると何がたいへんですか?

公開日:

最終更新日:

一人で就職活動をすると何がたいへんですが?

ちゃんと就職活動をしたことがないので漠然とした不安があり、なかなか就活に踏み切れません。1人で就職活動をするのは、どんなことが大変なのでしょうか。

1人での就職活動は、就職サポートサービスを利用する場合と比べ、求人探しや情報収集の面で大変さを感じる人がいるようです。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!


◆1人で求人探しをするのは大変

一人で就職活動をすると何がたいへんですか?

就職活動に慣れていない場合、1人で求人探しをするのは意外と大変です。
例えば、求人数が豊富な求人サイトを利用する場合、たくさんの中から興味のある企業を探さなければならないので、多くの時間がかかります。
また、求人サイトは企業情報が少ない傾向があるほか、全ての企業の求人を網羅している訳ではないため、求人サイトだけで自分に合った企業を探そうと思っても、なかなか思うように見つからないことがあります。

その点、就職エージェントの就職支援サービスを利用すると、就活のプロが自分に合った求人を紹介してくれるため、スムーズに求人探しができます。
また、就職エージェントには非公開求人もあるので、選択肢の幅が広がりますよ。

◆志望動機や自己PRの間違いに気づきにくい

自分1人の力で就職活動をするということは、志望動機や自己PRを自分以外の人にフィードバックしてもらわないまま面接をけ受けるということになります。
志望動機が応募先企業の事業内容と異なる内容になっている、自己PRが企業が求める人物像とマッチしていない、などの間違いに気づかず選考を受けてしまうと、採用担当者にマイナスイメージを与えてしまうことも。

応募書類の提出前や面接の前には、自分以外の第三者に添削してもらうと良いでしょう。


◆企業研究に必要な情報が得にくい

求人サイトや企業のホームページなどを見ても、職場の雰囲気などの詳細な情報は、自分の力ではなかなか得にくいのが現状です。
詳しい情報が得られず、仕事のイメージがつかめないまま内定を承諾してしまうと、就職後に「こんなはずじゃなかった」とギャップを感じやすくなります。

就職エージェントでは、企業との連携が密にとれているため、他では知ることができない詳細な情報を得やすいのが特徴です。
就職活動をするときは、こうした第三者の手を借りて、効率よく進めてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ