きつい・汚い・危険の「3K」ってどんな仕事?

きつい・汚い・危険の「3K」ってどんな仕事?の画像

この記事のまとめ

  • 3Kとは「きつい」「汚い」「危険」の頭文字をとった略称で、主に肉体労働を指す用語
  • 3KのほかにもIT業界を表す「新3K」や、看護師の労働環境を指す「9K」もある
  • 3Kとされている介護や清掃、建築などは魅力ややりがいもある仕事
  • 3Kの先入観に囚われず、自分の適性に合った業界や企業を見つけよう

3Kが何を表しているのか、よく知らない方も多いでしょう。
3Kとは、厳しい労働環境を指す用語。この3Kに該当する職業は敬遠されがちですが、人々の生活を支えている重要な仕事が多いのも特徴です。
このコラムでは、3Kの意味を詳しく解説します。また、3Kに該当する業界や、長く仕事を続けるための企業の選び方なども紹介。やりがいのある仕事に就きたい方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

3Kとは?

「3K」とは、きつい・汚い・危険を表した言葉です。この言葉をローマ字表記にして頭文字を取ると、Kが3つになることから「3K」と呼ばれています。読み方は「さんけー」です。文字どおり、労働環境や業務内容が「きつい」「汚い」「危険」な仕事を指しています。
3Kは人手不足の問題が深刻化し、外国人労働者が急増した1980年代後半から耳にするようになりました。バブル経済によって華やかな仕事が求められていた時代において、3Kに含まれるような職種は自然と敬遠される傾向にあったようです。

ブルーカラー

ブルーカラーは、土木・建築系や清掃、メカニックエンジニア、警備などの現業系・技能系の職業を指す言葉です。青い襟の制服や作業着に由来しています。ブルーカラーの仕事は肉体労働がメインとなり、3Kである「きつい」「汚い」「危険」を伴うものが多いようです。

ホワイトカラー

ホワイトカラーは、IT系や事務職、管理職といった頭脳労働の職業を指す言葉です。白い襟のYシャツを着用し、主にオフィスで働く人たちを表しています。
近年、これまで3Kとされていなかった職業も、残業の多さなどから過酷な労働環境が取り沙汰されるようになりました。
ブルーカラー、ホワイトカラーそれぞれについてさらに詳しく知りたい方は、「ホワイトカラーってどんな意味?当てはまるのはどんな仕事?」「ホワイトカラー、ブルーカラーと言われる仕事とは?」もぜひあわせてご覧ください。

新3Kとは?

新3Kとは、「きつい」「帰れない」「厳しい」を表した言葉です。3Kが肉体労働が中心のブルーカラーを指しているのに対して、新3Kはオフィスワークのホワイトカラーを指しています。
新3Kとしてイメージされやすいのは、急成長を遂げているIT業界。慢性的な人手不足や業務における拘束時間の長さなどから、過酷な労働環境が存在しているようです。

看護師

看護師の労働環境は、「休暇がない」「規則が厳しい」「給料が安い」などを含めた6つの項目が従来の3Kに追加され、「9K」と言われています。
これは1992年に日本医労連(日本医療労働組合連合会)が「ナース・ウェーブ行動」によって上記のように訴えたことから浸透し、当時の流行語大賞の表現部門で銀賞を受賞するまでに至りました。

3Kとよばれている業界

ここでは、一般的に3Kと呼ばれている業界について解説します。

介護業界

一人での日常生活が困難な高齢の方をサポートする介護業界。身体介助による体力的なきつさや精神的な負担、衛生面などから、3Kと呼ばれている業界の一つです。
介護業界の代表的なサービス形態は、以下になります。

訪問介護

高齢の方の自宅を訪問し、入浴や食事のお手伝い(身体介護)や家事、お買い物の代行(生活援助)を行います。

デイサービス

利用者の方が施設に通い、機能訓練やレクリエーションなどに参加して一日を過ごす日帰りのサービスです。施設によっては、機能訓練のみに特化した短時間のサービスも行っています。

有料老人ホーム

施設に入居している高齢の方に、排泄や入浴、食事などの生活全般のお手伝いをする施設です。ほかにも、レクリエーションやイベントの開催などのサービスを行っています。

介護老人保健施設

治療を終えて回復期に入った高齢の方が、不安なくご自宅に復帰できるように、一時的に入居するリハビリ中心の施設です。
病院と併設する施設には、医師や看護師が配置されており、医療体制が整っています。

グループホーム

認知症の方がおよそ10名ほどの少人数で共同生活をする小規模な施設です。自立支援と認知症の緩和の観点から、すべてをお手伝いするのではなく、家事などを職員と入居者の方が共同で行い、一人では難しいことはお手伝いするスタイルとなります。

介護のお仕事は、利用者の方と信頼関係を築いたり、利用者や家族の方に感謝されたりと、やりがいを感じている方が多いようです。高齢の方と接するのが好きだったり、人のお世話をするのが好きだったりする方に向いている職業といえるでしょう。
介護業務に興味のある方は、「ニートから介護職に挑戦できる?就職方法と業務内容」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

建設業界

建設業界は28種もの業種に分かれており、バリエーションの豊富さが特徴。肉体労働がメインとなる職種がほとんどです。また、高所作業で危険を伴ったり、土埃や泥などで作業着が汚れてしまったりと、3Kの要素を多く含む業界といえるでしょう。
以下では、そのなかの一部を紹介します。

土木工事業

木工やとびなどのさまざまな専門工事業と協力し、主にトンネルやダム、道路、橋などの建築に関わります。

とび・土工工事業

足場組立やコンクリートによる工作物の増築、杭打ちなどを行う業種です。

建築一式工事業

建築物を建築する際、企画や指導、調整を行います。総合的なマネジメントを行う元請けの立場であり、建築は下請けの専門工事業者が行う形式です。

大工工事業

木材の加工や取り付けにより、工作物の築造や木製設備の設置を行います。ものづくりに携わる職業の一つであり、時代に合わせてさまざまな工夫が要求される仕事です。

清掃業界

清掃業界は、作業場所によってさまざまな分野に分かれています。基本的に汚れている箇所を綺麗にする仕事のため、マイナスの印象をもつ人も少なくありません。また、フローリング洗浄やビルの窓ガラス拭きなどは、体力を消耗するとともに危険が生じることもあるようです。
ここでは、3Kと呼ばれる清掃業界の仕事をまとめました。

ハウスクリーニング

お客様の自宅を訪問し、電化製品や家具、水まわり、キッチン、お部屋などをお掃除。お客さまが快適に暮らせるようサポートする業務です。掃除をするだけでなく、清潔な状態の維持も目的としています。

ビルクリーニング

オフィスビルや学校、駅など、公共的に利用される建築物の清掃を行います。デパートやスーパーといった商業施設の清掃も、ビルクリーニングの仕事です。

病院清掃

病院の清掃を専門的に行う業務です。施設の特性上、通常の建築物よりも衛生管理を求められるため、掃除の際は消毒や感染予防を徹底して行います。

特殊清掃

一人暮らしで亡くなった方のお部屋を清掃するお仕事です。時間が経っているお部屋を訪問することが多いため、室内の消毒や状態の回復が主な目的となっています。
自分が清掃業に向いているかどうか知りたい方は、「清掃業に向いてない人とは?意外と知らない業務内容を理解しよう」のコラムもぜひご覧ください。

3Kで長く働ける会社を選ぶには

3Kと言われている業界でも、働きやすい環境を整える取り組みを行っている企業も多く存在します。そのため、長く働ける会社を選ぶ際には、先入観を持たずに仕事を選ぶことが大切です。
自分に合っていない仕事を選んでしまうと「きつい」と感じることもあります。自分の適性をしっかり把握し、希望する企業や業界の研究を十分に行いましょう。的確な自己分析を行いたい方は、エージェントを活用し、第三者の目線を取り入れてみるのもおすすめです。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーが丁寧なカウンセリングを実施。自分でも気がつかなかった適性を知ることができます。また、求人情報は実際に取材したものだけを紹介しているため、詳しい仕事内容や職場の雰囲気を事前に掴むことが可能です。
自己分析に自信がない、自分の適性がわからないとお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

「3K」の仕事に関するお悩みQ&A

3Kと呼ばれる仕事がどのようなものか知りたい方に向け、よくある疑問をQ&A方式で解決していきます。

3Kと呼ばれる職業の特徴を教えてください。

3Kとは、きつい・汚い・危険というイメージの仕事を指します。具体的には、清掃や介護業務、建設・工事現場の仕事などです。ほかにも「給与が低い」「帰れない」といったことも、3Kと呼ばれる要因の一つと考えられています。3Kに関する詳細は、このコラムの「3Kとは?」をご覧ください。

3Kの魅力はどのようなものがありますか?

3Kは厳しい労働環境がイメージされますが、介護・医療業界など社会貢献度が高い職業が多いともいえます。直接人に感謝される機会も多く、やりがいを感じられるでしょう。ニーズが高いため、仕事が無くなるリスクも低い職業です。人手不足の職場も多く、未経験でも働きやすい職場ともいえます。未経験でも探しやすい3Kの職場は、「ニートからの就職はスピードが肝心!支援機関を使って就活を有利に進めよう」でも触れているので、参考にしてみてください。

3Kの職場はどこも体力仕事ですか?

誤解が多い3K仕事!適職探しは先入観なしでスタートを」に記載があるように、近年では3Kと呼ばれる仕事にも、労働環境の改善を目的とした試みがあります。また、ホワイトカラーの3Kには残業時間が多い事務職が含まれることもあり、一概に体力が必要な仕事とはいえないでしょう。

3Kの中から自分に合う職場を見つけるコツとは?

「すぐに働ける仕事を探したい」「勤務経験を積みたい」とお考えの方は、3Kの仕事を視野に入れるのも1つの方法。3Kとは必ずしも、厳しく辛い仕事ばかりではありません。納得のいく就職を目指すには、自身の適性を理解することが重要です。「自分に合った仕事が分からない」という方は、ハタラクティブにご相談ください。プロの就職アドバイザーが、あなたにぴったりの職場をご提案いたします。

関連タグ