自己PRは成功のカギ!より魅力的にする書き方と注意点を解説

自己PRは成功のカギ!より魅力的にする書き方と注意点を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・自己PRは採用担当者が応募者の人柄や能力、長所を分析するのに重要な要素
  • ・自己PRを魅力的にするためには、具体的な根拠に基づいた成果を強調すべき
  • ・自己PRの内容だけでなく、文章の組み立てや文章量にも注意を払う必要がある
  • ・内容が抽象的だったり専門用語が多かったりする自己PRは印象が悪くなる

自己PRの効果的な書き方を知りたい方に向けて、どんな要素を含めてまとめれば良いかについて解説します。自己PRを通して自分を知ってもらうためにはどうしたら良いのか、効果的な方法をまとめました。でどんな内容にすれば良いか悩んでいる方はチェックしてみましょう。
例文とともに自己PRの書き方について説明するので、これから履歴書の準備をする方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

自己PRが重要といえる理由

企業側は限られた時間のなかで会社に貢献してくれそうな人材を選ぶ必要があり、その判断材料の1つとなるのが自己PRです。
企業は、応募者がこれまで上げてきた実績とそこまでの過程から、自社に必要な人材かどうかを見極めようとしています。応募者が自己困難な局面をどのように乗り越えたのか、目標達成に向けてどのような対策を取ったのか、苦悩や挫折から何を学んだのか…こういったエピソードを知りたがっていると覚えておきましょう。自己PRに書かれている内容から人柄や能力、長所などを分析し、入社後にも困難を乗り越えて活躍してくれそうな人材かどうかを判断するのだといえます。

自己PRの重要性についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介」もご覧ください。

自己PRを魅力的にするための3つのポイント

自己PRを魅力的なものにすれば、採用担当者の目に留まりやすくなり、転職に成功する可能性は高まるでしょう。
自己PRを採用担当者の目を引くものにするためにはいくつかのポイントを押さえておかなければなりません。自己PRをより魅力的なものにするための3つのポイントを見ていきましょう。

1.企業が求める人物像に合わせる

自己PRで重要なポイントの一つは、応募先の企業が求める人物像に合わせて強みや長所をアピールすることです。
自己PRは、ただ自分の長所や得意なことを知らせるために書くわけではありません。採用担当者の興味は、応募者を採用することで会社にどのような利益がもたらされるのか、転職者であれば過去の実績が会社でどのように活かされるのかという点です。
そこで、応募先の企業の求める人物像にマッチした内容を心がけましょう。特に転職の場合には、新卒の就活では必要なかった専門的な知識や技術が求められる場合もあるので注意が必要です。
求人情報とは別に、企業のWebサイトを調べて求められている能力や経験、入社後に期待されていることなどが記載されていないかチェックすることをおすすめします。

同時に、自分のキャリアや過去の経験を振り返りながら、応募先の企業と自分の経験やスキルの共通点が見つけていくと、自己PRの完成度が高まります。

2.実績やアピールは具体的な数字を挙げる

自己PRでは、自分のキャリアとともに実績を具体的な数字を挙げることが重要です。
たとえば、「前職で新規顧客の開拓をしており、1年間で売り上げを3倍にした」という実績があれば、確かに営業力があると納得してもらいやすくなります。ただ単に営業が得意と書くよりも、具体的な数字を含めてアピールした方がはるかに効果的です。
もちろん、すべての仕事の成果が数字で表せるわけではありません。企画や開発、事務職などの成果は数字に表れにくいので、具体的な根拠を示すのが難しいものです。そのようなケースでは、「会社の売り上げを倍増させた商品の企画開発に携わった」「合計30人が関わるプロジェクトのリーダーを務めた」といった形でも問題ありません。

具体的な数字を使ったなら、その根拠に基づいてどのような能力があるかをアピールしましょう。新規顧客を開拓した成果があるならば、高い営業力はもちろん、コミュニケーション能力が高い、積極性がある、目標達成能力が高いといったスキルをアピールできます。プロジェクトリーダーだったのであれば、管理能力やリーダーシップ、他の部署との連携が得意といった点を自己PRに含められるかもしれません。

3.エピソードを簡潔にまとめておく

自己PRでは自分の実績や能力、長所をアピールするためのエピソードが必要となります。自分がいかに応募先の企業に貢献できるかをエピソードにまとめなければなりません。
まずは、企業が求める人物像に適合する自分の実績やスキルをそのまま文章にまとめます。その実績やスキルが応募先の企業でどのように活かされるのかを簡潔にまとめれば完成度の高い自己PRとなるでしょう。
可能であれば、自己PRのポイントは複数準備しておきます。過去の実績や自分のスキル、性格的な長所ごとに一つずつアピールポイントを用意しておけば、3つから4つは見つかるでしょう。自分のキャリアを振り返って、自己PRのポイントを強化するエピソードを準備することができるかもしれません。もちろん、これらすべてを書いたり話したりするわけではなく、そのどれが採用担当者の興味を引くかを見極める必要があります。履歴書にエピソードを一つ書き、面接で別のエピソードを披露する方法もあるでしょう。

自己PRを補強するエピソードは簡潔かつ具体的なに仕上げましょう。抽象的な内容では採用担当者の興味を引くことはできないからです。200字程度の簡潔な文章で、具体的な数字を含めた成果やスキルを説明するのがよいでしょう。

自己PRを書くための準備についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「面接で重要な自己PR!基本から例文まで紹介します」もご覧ください。

自己PRの書き方で注意すべき3つのポイント

ここでは自己PRの内容を書き方で気をつけたい「構成」「文字量」「注意点」について解説します。以下よりポイントをチェックしていきましょう。

1.自己PRの組み立てに気をつける

面接官の心に響く自己PRには、よい構成が不可欠です。
自己PRは、最初に「私の強みは◯◯です」「私は、◯◯に自信があります」と、結論から入るのが基本となります。最初の一行で、その後の文を読みたいかどうかが決まるといっても過言ではありません。はじめに、これからどのような話をするのかという結論を述べて、面接官の興味を惹きつけておくことが大切です。自己PRの最初に結論を持ってくることで、企業側も話の流れや内容を掴みやすく、納得しながら読めるようになるでしょう。

最初の部分で自分の強みや能力について伝えたら、その後に根拠となるエピソードをより具体的にまとめます。ただし、頑張ったことについてのエピソードだけを書いてしまうと説得力に欠けた自己PRとなってしまうので注意が必要です。たとえば、「さまざまな苦労をしましたが、結果的に成功しました。」という抽象的な表現では採用担当者の心を動かすことはできません。
良い結果を残すためにどのような姿勢で取り組んだのか、どのようなアイデアで成功したのかといったポイントを簡潔に説明しましょう。採用担当者の興味をかき立て、ストーリーが想像できるような内容にするのがよい自己PRです。

最後に、その経験や能力を活かし、応募先の企業でどのように貢献していけるのか述べます。企業が求める人物像や能力に適した内容になっているかどうかをしっかり確かめましょう。採用担当者の立場になって自分の自己PRを読んでみて、自分を採用したいと思うかどうかを考えると効果的です。
結論から始まる一連のエピソードを通して、あなたが企業で実際に活躍している姿を想像してもらえるような具体的な文章に仕上げましょう。
構成は自己PRの出来栄えを左右する重要なポイントなので、じっくり時間をかけて考え、何度も練り直すことが大切です。

2.文章量は指定の8割程度が見やすい

自己PRの文字量は、文字数が指定されていればその8割程度の文章量にするのが良いでしょう。たとえば、600字で自己PRを書くよう指示されたなら500字前後の文章量になるよう心がけます。文章量が指定されていないのであれば、400字から600字程度にまとめるのが一般的です。
文章の区切りで改行を使ったり、文字の大きさを統一するなど、、読みやすいレイアウトを心がけるのも大切。細かい字でびっしり書いたり、文章を長々と続けたりといったような書き方は控えましょう。

3.誤字脱字は絶対NG

自己PRに限りませんが、履歴書の誤字脱字はNGです。氏名や住所、職歴などで誤字や脱字があることは考えにくいですが、やや長文になる自己PRの部分で漢字を間違えたり文法がおかしかったりする恐れがあります。
採用担当者は自己PRなどを見て、基本的な国語能力があるか、敬語などのビジネスマナーが身についているかなどをチェックしているものです。誤字脱字があったり、意味が伝わりにくい文章を書いたりしていると、採用担当者の印象は悪くなるでしょう。
事前にしっかりチェックすれば、誤字脱字を防げるはずなので、履歴書を提出する前に何度も見返すことが重要です。完成度の高い自己PRにするためにも、漢字や文法におかしなところはないか時間をかけてチェックしましょう。
自己PRを書く際に注意すべきポイントについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「履歴書の自己PR欄の基本の書き方とは?新卒と転職での違いや例文を紹介」もご覧ください。

シチュエーション別!自己PRの4つの例文

以下に、いろいろなシチュエーションごとの自己PRの例文を挙げます。構成も含めて参考にしてください。

行動力をアピールしたい場合

私の強みは、問題解決のために全力で取り組む行動力です。問題点を真摯に受け止め、どうすれば現状を回復していけるのか考え実行に移すことができます。
学生時代にアルバイトをしていたカフェでその行動力を発揮し、売上アップに貢献しました。

アルバイト先の店舗の近くに新たなカフェがオープンした際、客足が奪われてしまい、どうすれば客足を取り戻せるのかを真剣に考えました。その結果以下の対策を考えました。

・ソーシャルネットワークを利用して、アルバイト先の店舗の情報を積極的に発信していくこと
・競合店にあって、アルバイト先の店舗にないものを把握すること

この2つに的を絞り、現状打破に向けて動きました。

ソーシャルネットワークの効果は絶大で、これまで告知に力を入れていなかったアルバイト先の情報は地元以外にも大きく知れわたりました。
そして、メニューやサービス、店内の装飾など競合店の情報を掴みアルバイト先と比較。その結果、競合店は店内の装飾やメニューに季節感をふんだんに盛り込んでいることが分かりました。

これらを参考に改善策を図ることはもちろん、競合店が力を入れていないクーポンの発行についても店長に提案。
ソーシャルネットワークにクーポンを掲載し、お得感が出るサービスを取り入れました。
それから3ヶ月後には客足が戻り、売上も徐々に右肩上がりを記録しました。
問題点を見逃さず、考え行動することで、状況を改善できることがわかりました。

貴社においても、現状を良くしていくことを常に考え、行動力を発揮していきたいです。

計画性や目標達成能力をアピールしたい場合

私は、何ごとにも計画性を持って行動し、目標を達成することに自信があります。この力を発揮し、オーストラリア留学のための学費100万円を0から貯蓄した経験があります。

社会に出るための心構えも兼ね、自分の留学費用は自分で準備することを決意し、大学1年の頃からアルバイトを始めました。
私が力を入れて取り組んだことは、以下のとおりです。

1.大学の講義が終わったあとは、移動時間短縮のために大学近くの居酒屋でアルバイトをすること
2.休日を利用して、1日限定のアルバイトを必ず入れること
3.帰宅後には在宅でこなせるデータ入力のアルバイトをすること

これらの3つに取り組みながら、体調管理にも気をつけていきました。
睡眠時間は必ず確保し、学業にもアルバイトにも支障が出ないよう配慮した結果、大学2年に進級する頃には無事に目標金額に達成することができました。
貴社においても、目標達成のために計画性と行動力を肝に銘じ、貢献していきたいと考えております。

転職回数が多い場合

私の強みは、高いコミュニケーション能力です。大学卒業後、店舗販売職、法人営業職、個人営業職、コールセンター業務など、お客様とのコミュニケーションが重要となる職種を経験しました。私自身、人と接することが大好きで常に人と関わる業務に携わってきました。それぞれの企業においてお客様に合わせた営業手法、多様な顧客層を経験したことは、私にとって大変貴重な経験となっています。

店舗販売、法人営業、個人営業、コールセンター業務など、どの業態においても私自身を信頼していただくことを意識して業務を行ってまいりました。お客様のニーズを素早く把握し、ご満足いただける商品をご紹介し、納期厳守を徹底してきました。結果として、以下のような成果を上げることができました。

・前職では個人営業において、ご紹介による成約件数社内1位を経験しています
・商品知識を速やかに把握し、プロとしての信頼感を与える対応ができます
・前職では前年対比で売り上げ110%以上を達成しました
・コールセンター業務の経験から、電話アポイントも得意としています

何事も、興味を持ったら行動に移さなければ気がすまない性格から、転職を3回経験しておりますが、今後は、1社に長く勤めることで、自分の能力や存在価値を高め、貴社に貢献していきたいと考えています。前々職において、新入社員指導に携わった経験も生かし、将来は、優秀な部下を育てて企業に貢献できる管理職として活躍したいと思います」

同業界や同業種に転職する場合

前職では、食品メーカーの広告宣伝・販売促進業務に携わっていました。ターゲットとなる顧客層に適した雑誌・SNSなどの媒体を用いた広告、販売促進キャンペーンなどを展開し、前年対比150%の売上を上げました。エリアや顧客ターゲットの適切な分析能力、広告宣伝・販売促進の経験は、貴社の業績に大きく貢献できるものと確信しています。

また、限られた予算の中で最大限の効果を発揮する広告の手法など、常に費用対効果を意識した企画を組むよう努力してきました。前職で培ってきた経験を活かし、目標を上回る売上を計上できるよう業務に取り組みます

こんな自己PRはNG!改善すべきポイントとは?

自己PRでは、相手に伝わりにくい文章や内容はNGです。ここでは自己PRでありがちな失敗を3つ見ていきましょう。改善すべきポイントについても併せて解説します。

1.自己PRの内容が抽象的

自己PRには、相手が想像できるような具体的なエピソードを挙げるのが基本で、抽象的な内容はNGです。
面接官は、「努力した」「売上アップに貢献した」など、結果のみを知りたいわけではありません。それらの成果を得るまでに、どのような工夫を取り入れどのように努力したのかという過程を知りたいはずです。取り組んできた事柄が明確に伝わるように、できるだけ具体的に書きましょう。
たとえば、どんな商品の売上アップに貢献したのか、前年や前月と比べてどの程度売上が伸びたのか、どんな努力をしたのかを書けば自分の強みをイメージしてもらいやすくなるでしょう。

2.アピールできるほどの内容でない

自己PRでは、やって当然のことをアピールしても意味がありません。確かに成果ではあるのですが、「それはやって当然なのではないか」と思われる内容になっていないか注意が必要です。たとえば、以下のようなケースが考えられます。

・塾講師のアルバイトをしており、生徒の成績アップに貢献した
・バイトリーダーとして、バイト仲間全員の意見を聞き入れた
・サークルで部長を務め、部員全員をまとめ上げた
・資格取得のために、頑張って勉強をした

上記のエピソードは、結果を出した内容になっているものの、やって当然のことです。結果を出すまでの過程がもっとも肝心ですが、それについては触れられていません。努力や創意工夫の結果、特別な成果が得られたことをアピールすることが重要です。

3.専門用語が多い

大きな成果を上げたことをしっかり自己PRに書くことができても、専門用語が多すぎると相手に伝わりにくくなります。
多くの業界には、その業界でしか伝わらない専門用語や物の名称があります。同業種での転職であれば問題ないかもしれませんが、異業種に転職する際の自己PRでは注意しなければなりません。
自分では慣れ親しんだ専門用語や物の名称であっても、他の業種の採用担当者からするとまったく意味が分からないことがあり得ます。たとえ内容が良い自己PRだったとしても、インパクトが弱まってしまったり成果の大きさが正確に伝わらなかったりするかもしれません。
さらに、専門用語が多いことにより、採用担当者の印象が悪くなる恐れもあります。読みにくい自己PRは読み手への配慮が足りないと思われることがあるからです。
他の業種の人に自己PRを読んでもらい、理解しやすいか、意図した内容がしっかり伝わるか確認してみるのもよいでしょう。

評価されない自己PRと改善ポイント

では、具体的に評価されない自己PRの例と、改善策を見ていきましょう。
以下のような自己PRは、採用担当者からあまり評価されないものの一例です。

「私は、責任感に自信があります。
塾講師のアルバイトをしていたとき、成績が思わしくない生徒がどうすれば成績アップを図れるか考えました。
その際に私が取った対策は、生徒一人ひとりの立場に立った授業をすることです。何が分からないのかを親身になって聞き、改善策を練りました。
結果、生徒の勉強への意欲が増して成績がアップ。志望校の合格が叶いました。
この経験を活かし、貴社においても責任感を持って貢献していきたいと考えております。」

文章の構成自体は良いものの、採用担当者としては評価しにくい自己PRです。
一人ひとりの生徒の立場に立って授業を行うのは、一見すると素晴らしい行動のように思えます。しかし、講師という仕事上、生徒の立場に立って成績アップを後押しするのは当然と思われてしまうかもしれません。
一定の成果を上げているように見えるものの、インパクトは薄く具体的なエピソードが見えてきません。この文では、採用担当者の心に響く自己PRにはならないでしょう。
ではどのように内容をより濃く、具体性のあるものにできるでしょうか。以下は改善された自己PRの一例です。

「私は責任感の強さと、悪い現状を良い方向へ変えていく力に自信があります。
塾講師のアルバイトをしていたとき、成績が思わしくない生徒がどうすれば成績アップを図れるか考えました。その際に、私が取った対策と結果は以下のとおりです。

1・常に笑顔を心がけて生徒と接し、質問しやすい環境づくりに努めた → 疑問点を躊躇せずその場で聞ける、風通しの良い環境が生まれた 
2・休日を利用して、生徒一人ひとりの弱点に合わせたオリジナルの問題集を作成した → 的を絞って教えることで、全生徒が効率的に弱点を克服できた
3・先輩講師に自分の授業を見てもらう機会を作り、フィードバックをもらった → 客観的な視点で見てもらうことにより、授業の改善点が把握できた

その結果、私自身の授業の問題点を改善できたとともに、生徒の成績はみるみるアップし全員を志望校に合格させることができました。
これらの経験から、自分の仕事を全うするには、良くない現状を打開するための創意工夫や努力が必要だと実感しております。また、自分の目線だけを頼りにするのではなく、相手の目線に立つことや、自分を客観的に見ることも大切だと分かりました。
貴社においても、責任を持って業務に取り組むことはもちろん、常に良い結果を目指して努力精進していきたいと考えております。」

この改善例では、構成を守りつつより具体的なエピソードを盛り込んでいます。
生徒の成績アップを図るためにどのような対策を取ったのか詳しく述べ、その流れで結果についても触れていることがわかるでしょう。取り組んだエピソードが多いときは、このように対策と結果をまとめて書くのも相手に伝わりやすい方法の1つです。

自己PRの内容をより完成度の高いものにして、就活をさらに効率的に進めたい方は、就職エージェントを利用するのもおすすめです。
就職支援を行うハタラクティブでは、面接対策や履歴書へのアドバイスも実施しています。
経験豊富なアドバイザーが、一人ひとりの視点に立って就活をお手伝い。
マンツーマンのカウンセリングで、面接対策はもちろん就活に関するさまざまな悩みに応えます。
自分の自己PRに自信がない、どんな内容にすればよいか分からない方は、プロの手を借りるのも良策だといえるでしょう。

これから就活や転職活動を始める方は、ハタラクティブにお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION