例文あり!魅力的な自己PRで就活成功を目指そう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 例文あり!魅力的な自己PRで就活成功を目指そう

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・自己PRは、面接官があなたの能力や長所を知るきっかけの1つ

    ・構成は、印象アップと就活成功を左右する重要なポイントともいえる

    ・結果のみを書くのではなく、それまでの過程で得た学びや取った対策などを詳細に書くことが大切

就活成功を大きく左右するポイントともいえるのが、自己PRです。今回は、自己PRの例文を交えながら、さまざまな注意点について掘り下げていきます。コツをしっかり把握し、面接官の心に響く自己PRを完成させましょう。

◆面接で自己PRを聞かれる理由

面接官は、何のために自己PRを聞くのでしょうか。

その答えは、企業の求める人物像と応募者がマッチしているかどうかを判断するためだと考えられます。
企業側は限られた時間のなかで人材を選ぶ必要があり、その判断材料の1つとなるのが自己PRです。
どのように魅力的な長所でも、企業で活かせなければ意味がありません。
企業が求めている能力を分析・把握し、それに見合った自己PRを作ることが大切です。

企業が最も重要視するのは、物ごとの結果というよりもそれまでの過程です。
エピソード自体は、大きな実績や派手な活動でなくても問題はありません。
困難な局面をどのように乗り越えたのか、目標達成に向けてどのような対策を取ったのか、苦悩や挫折から何を学んだのか…
そういったエピソードから人柄や能力、長所を分析し、入社後にも困難を乗り越えて活躍してくれそうな人材かどうかを判断するのだといえます。

自己PRに費やせる時間は、ほんの数分。
そのわずかな時間のうちに、面接官の心をどれだけ掴むことができるかが重要です。
興味をそそられるような自己PRだと、その人のことをさらに深く知りたいと思うはず。
自己PRは、会話が広がるきっかけになるともいえるでしょう。


◆自己PRの組み立て方のコツ

面接官の心に響く自己PRには、共通点があるのをご存知ですか?
オリジナリティあふれるエピソードであることはもちろん、魅力的な自己PRに仕上げるには構成も鍵になります。

自己PRは、最初に「私の強みは◯◯です。」「私は、◯◯に自信があります。」と、結論から入るのが基本です。
最初の一行で、その後の文を読みたいかどうかが決まるといっても過言ではありません。
はじめに、これからどのような話をするのかという結論を述べて、面接官の興味を惹きつけておくことが大切です。


続きを興味深く読んでもらえるためにも、自己PRの冒頭は面接官の心に響く言葉からスタートましょう。
結論を最初に説明しておけば、企業側も話の流れや内容を掴みやすく、納得しながら読んでもらえるはずです。

冒頭で強みや能力について伝えたら、その後に根拠となるエピソードをより具体的にまとめます。
ここで気をつけたいのが、頑張ったことについてのエピソードだけを書いてしまうこと。

たとえば、「さまざまな苦労をしましたが、結果的に成功しました。」という抽象的な表現は禁物です。
この書き方では、良い結果を残すためにどのような取り組みに力を入れたのか、その肝心なポイントが見えてきません。
面接官の興味をかき立て、ストーリーが想像できるような具体的な内容を述べるのがベストです。

自己PRを読むのは、あなたのことを知らない面接官だということを忘れてはいけません。
その相手に文章だけを見てスムーズに理解してもらうためにも、具体性を出すよう心がけましょう。

最後に、その経験や能力を活かし、応募先の企業でどのように貢献していけるのか述べます。
重要なのは、企業が求める人物像や能力に適した内容になっているかどうかです。
たとえば、黙々と作業に打ち込む必要がある職業に対し、「コミュニケーション力を活かしていきたい」とは書かないでしょう。

応募先の業界や職種、企業が求めるものをしっかり把握しておき、それに当てはまる自己PRを書くことが大切です。
結論から始まる一連のエピソードを通して、あなたが企業で実際に活躍している姿を想像してもらえるような具体的な文章に仕上げましょう。

構成は、自己PRの出来栄えを左右する重要なポイントです。
エピソード自体が魅力的なものだとしても、構成1つで面接官の関心を惹きつけられないこともあり得ます。
まずは構成についてしっかり把握して、就活成功に一歩近づきましょう。


◆自己PRの例文

以下に、行動力と計画性をアピールした自己PRの例文を挙げています。
構成も含めて参考にしてください。


「私の強みは、問題解決のために全力で取り組む行動力です。問題点を真摯に受け止め、どうすれば現状を回復していけるのか考え実行に移すことができます。
その力を発揮して、学生時代にアルバイトをしていたカフェで売上アップに貢献した経験があります。

アルバイト先の店舗の近くに新たなカフェがオープンした際、客足が奪われる事態になりました。
どうすれば客足を取り戻せるのか考えた結果、
1・ソーシャルネットワークを利用して、アルバイト先の店舗の情報を積極的に発信していくこと
2・競合店にあって、アルバイト先の店舗にないものを把握すること
この2つに的を絞り、現状打破に向けて動きました。

ソーシャルネットワークの効果は絶大で、これまで告知に力を入れていなかったアルバイト先の情報は地元以外にも大きく知れわたりました。
そして、メニューやサービス、店内の装飾など競合店の情報を掴みアルバイト先と比較。その結果、競合店は店内の装飾やメニューに季節感をふんだんに盛り込んでいることが分かりました。

これらを参考に改善策を図ることはもちろん、競合店が力を入れていないクーポンの発行についても店長に提案。
ソーシャルネットワークにクーポンを掲載し、お得感が出るサービスを取り入れました。
それから3ヶ月後には客足が戻り、売上も徐々に右肩上がりを記録しました。
問題点を見逃さず、考え行動することで、状況を改善できることがわかりました。

貴社においても、現状を良くしていくことを常に考え、行動力を発揮していきたいです。」


「私は、何ごとにも計画性を持って行動し、目標を達成することに自信があります。この力を発揮し、オーストラリア留学のための学費100万円を0から貯蓄した経験があります。

社会に出るための心構えも兼ね、自分の留学費用は自分で準備することを決意し、大学1年の頃からアルバイトを始めました。
私が力を入れて取り組んだことは、以下のとおりです。

1つめは、大学の講義が終わったあとは、移動時間短縮のために大学近くの居酒屋でアルバイトをすること。
2つめは、休日を利用して、1日限定のアルバイトを必ず入れること。
3つめは、帰宅後には在宅でこなせるデータ入力のアルバイトをすること。

これらの3つに取り組みながら、体調管理にも気をつけていきました。
睡眠時間は必ず確保し、学業にもアルバイトにも支障が出ないよう配慮。
その結果、大学2年に進級する頃には無事に目標金額に達成することができました。
貴社においても、目標達成のために計画性と行動力を肝に銘じ、貢献していきたいと考えております。」


◆関心を得られない自己PRとは

自己PRには、相手が想像できるような具体的なエピソードを挙げるのが基本です。
抽象的な表現や専門用語の多用は、相手に伝わりにくいため避けましょう。

面接官は、「努力した」「売上アップに貢献した」など、結果のみを知りたいわけではありません。
それらの成果を得るまでに、どのような工夫を取り入れどのように努力したのかという過程を知りたいはずです。
取り組んできた事柄が明確に伝わるように、できるだけ具体的に書きましょう。

やって当然のエピソードを挙げるのも、陥りがちなポイントです。
・塾講師のアルバイトをしており、生徒の成績アップに貢献した
・バイトリーダーとして、バイト仲間全員の意見を聞き入れた
・サークルで部長を務め、部員全員をまとめ上げた
・資格取得のために、頑張って勉強をした

上記のエピソードは、結果を出した内容になっているものの、やって当然のことだといえます。
結果を出すまでの過程が最も肝心ですが、それについては触れられていません。
どのような取り組みを通して成果が得られたのか、詳細なエピソードを盛り込むことが大切です。

企業が見ているのは、入社後に活躍してくれそうな人物かどうか。
求める人物像は、企業や業界ごとにさまざまです。
接客業であればコミュニケーションスキルや積極性、金融業であれば緻密性や会計の知識という風に、大きな違いがあります。
自己PRは、応募先の企業に見合った内容を書くことが大前提だといえます。
長所や強みとなるエピソードは、入社後に活躍している様子が想像できるくらい具体的に盛り込みましょう。
具体的なエピソードを挙げ、その力や経験を活かしてどのように貢献できるかを、企業に伝えることが大切です。


◆自己PRのNG例と改善ポイント

前述したように、抽象的な表現の多用や結果のみを語ることは避けましょう。
以下では、評価されない自己PRの例と、改善策について説明します。

「私は、責任感に自信があります。
塾講師のアルバイトをしていたとき、成績が思わしくない生徒がどうすれば成績アップを図れるか考えました。
その際に私が取った対策は、生徒一人ひとりの立場に立った授業をすることです。何が分からないのかを親身になって聞き、改善策を練りました。
結果、生徒の勉強への意欲が増して成績がアップ。志望校の合格が叶いました。

この経験を活かし、貴社においても責任感を持って貢献していきたいと考えております。」

これは、構成自体には気をつけているものの評価が遠ざかってしまう自己PRです。
一人ひとりの生徒の立場に立って授業を行うのは、一見すると素晴らしい行動のように思えます。
しかし、講師という仕事上、生徒の立場に立って成績アップを後押しするのは当然のこと。
やって当たり前と捉えられることだけを述べ、具体的なエピソードが見えてきません。
この文では、面接官の心に響く自己PRにはならないでしょう。

【改善例】

「私は責任感の強さと、悪い現状を良い方向へ変えていく力に自信があります。
塾講師のアルバイトをしていたとき、成績が思わしくない生徒がどうすれば成績アップを図れるか考えました。
その際に、私が取った対策と結果は以下のとおりです。

1・常に笑顔を心がけて生徒と接し、質問しやすい環境づくりに努めた → 疑問点を躊躇せずその場で聞ける、風通しの良い環境が生まれた 
2・休日を利用して、生徒一人ひとりの弱点に合わせたオリジナルの問題集を作成した → 的を絞って教えることで、全生徒が効率的に弱点を克服できた
3・先輩講師に自分の授業を見てもらう機会を作り、フィードバックをもらった → 客観的な視点で見てもらうことにより、授業の改善点が把握できた

その結果、私自身の授業の問題点を改善できたとともに、生徒の成績はみるみるアップし全員を志望校に合格させることができました。
これらの経験から、自分の仕事を全うするには、良くない現状を打開するための創意工夫や努力が必要だと実感しております。
また、自分の目線だけを頼りにするのではなく、相手の目線に立つことや、自分を客観的に見ることも大切だと分かりました。
貴社においても、責任を持って業務に取り組むことはもちろん、常に良い結果を目指して努力精進していきたいと考えております。」

上記の改善例では、構成を守りつつより具体的なエピソードを盛り込んでいます。
生徒の成績アップを図るためにどのような対策を取ったのか詳しく述べ、その流れで結果についても触れています。
取り組んだエピソードが多いときは、このように対策と結果をまとめて書くのも相手に伝わりやすい方法の1つです。


◆就活を成功させるには

自己PRは、就活成功を左右するポイントでもあり、面接官の心を掴めるかどうかも構成や書き方1つで変わります。
ここで述べた注意点やコツを押さえれば、自己PRの出来栄えが見違えるでしょう。

就活をさらに効率的に進めたい方は、就職エージェントを利用するのもおすすめです。
就職支援を行うハタラクティブでは、面接対策も実施しています。
経験豊富なアドバイザーが、一人ひとりの視点に立って就活をお手伝い。
マンツーマンのカウンセリングで、面接対策はもちろん就活に関するさまざまな悩みに応えます。

就職は、人生の大きなターニングポイント。
効率的な就活をするには、プロの手を借りるのも良策だといえるでしょう。
まずはお気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ