自己PRで忍耐力をアピールする際のポイントと注意点

自己PRで忍耐力をアピールする際のポイントと注意点の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の自己PRは、職歴や学歴だけでは伝わらない自分の強みをアピールできる重要な欄

    ・自己PRに忍耐力があることだけを書いても抽象的で伝わりにくい

    ・忍耐力がることを伝えるために、きっかけとなったエピソードや努力したことを盛り込んで書くと良い

    ・採用担当者に「辛い」「我慢した」とマイナスイメージに捉えられないような書き方を心がけよう

履歴書に設けられている「自己PR」の欄。
自己PR欄は、自分が会社に就職することでどう貢献できるか、職歴では伝わらない強みをアピールするスペースです。
人によってアピールしたいポイントは異なりますが、部活やボランティアなどに打ち込んだ人は「忍耐力」を自己PRとして挙げることも。
忍耐力があることは企業側から見ても魅力的な人材ですが、自己PR欄に「忍耐力があります」のみ書いても、果たして採用担当者に伝わるのでしょうか?

◆自己PRで「忍耐力」をアピールしても良い?

忍耐力は、ストレス耐性が高いということを最大限にアピールできる強みであるため、積極的に取り入れたいところ。
ただし、「忍耐力がある」だけでは、抽象的かつアピール不足という印象を与えかねません。
例えば、「与えられた仕事は最後までやり遂げる」「困難なことがあっても投げ出さない」など、仕事に対してどのような場面で忍耐力が発揮できるかをアピールすると良いでしょう。

◆採用担当者が自己PRで見るポイント

採用担当者にとって自己PRは、あなたのことを知る重要な情報源です。
採用担当者は、自己PRからどのようなところに着目しているのでしょうか。

・応募者の強みや資質が実務に活かせるか
・企業や職種についてきちんと理解しているのか
・自己PRの内容に説得力があるか など

いくら忍耐力について一生懸命書いても、企業のニーズに合っていない内容であれば評価に繋がらない傾向にあるようです。
また、「部活をしていたので忍耐力があります」だけでなく、忍耐力が高まるきっかけっとなったエピソードや、活動を通じてどのような努力をしたかを簡潔に盛り込むと伝わりやすくなるでしょう。

◆企業の視点を意識した自己PRにしよう!

採用担当者の目を引く自己PRにするために、ただ忍耐力があることをアピールするのではなく、「企業が求める人物像とは?」「ビジネスシーンで求められる忍耐力とはなにか?」を意識しながら書いてみましょう。
その際、《結論⇒エピソード⇒まとめ》の順に書くと、読みやすくわかりやすい文章になります。

◆忍耐力を自己PRに書くときの注意点

自己PR欄に忍耐力について述べる際、何気なく書いていることが「辛くても我慢し続けた」という意味に捉えられるような内容になっていることがあるようです。

辛くても我慢し続けた…この「辛い」「我慢」が、採用担当者にマイナスなイメージを与えてしまうことも。
辛いことを耐え続けていることで、「トラブル回避ができないのではないか?」「ストレスを溜め込んで心身に支障をきたすのではないか?」と、不安要素になることがあるからです。
しかし、辛いことからどう頑張ったか、どうやって成し遂げたかなど、ポジティブな印象に繋げると魅力的な内容にガラリと変わるかもしれません。


◆忍耐力を自己PRに上手くまとめられないときは?

せっかくの自分の強み、しっかり履歴書でアピールしたいものです。
「自己PRで忍耐力をアピールしたいけど、どう書けばいいかわからない」と悩む人は、一度就職エージェントに相談してみてはいかがでしょう?

豊富な就職実績を誇るハタラクティブでは、書類添削や面接対策など、若年層の就職活動をトータルでサポート。
あなたの魅力が伝わる自己PRの書き方もしっかりレクチャーします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION