新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 志望動機の書き方は就活の要!第二新卒の転職・就職未経験でのPRのコツ

志望動機の書き方は就活の要!第二新卒の転職・就職未経験でのPRのコツ

公開日:

最終更新日:

志望動機の書き方は就活の要!第二新卒の転職・就職未経験でのPRのコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・志望動機の書き方の基本は「結論→根拠→必然性」の順に構成すること
  • ・「簡潔な文を心がける」「見やすいレイアウトにする」のも志望動機の書き方のポイント
  • ・第二新卒の志望動機では「企業への定着」を感じさせるようにしよう
  • ・就職未経験者の場合「職種→企業への意欲」と展開すると効果的
  • ・「学ぶ姿勢」や「顧客目線」をメインにするのはNGな書き方

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

このコラムでは志望動機の書き方について、盛り込みたい内容や効果的な構成の方法などを分かりやすく解説しています。
面接官にとって、応募者が「自社を希望する理由」は選考をジャッジする大きな要素。転職・就活をするうえで志望動機は避けて通れません。アピールとして効果的な内容に仕上げるコツをチェックし、印象アップを目指しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

志望動機の書き方の基本

ここでは志望動機の書き方の基本を段階を追って解説します。順番に見ていきましょう。

1.企業研究をする

志望動機を書くに前にやっておきたいのが企業研究。「なぜこの会社を選んだのか?」という質問に答えるには、会社をよく知ることがスタートです。企業についての詳しい情報は、会社のWebサイトや求人情報サイトなどで確認できます。企業のWebサイト・募集要項などを確認し、以下のポイントをチェックしてみてください。

・経営者の言葉
・企業理念
・今後の事業展開の方向性
・商品やサービスの魅力 

上記を調べたうえで、同業他社と比較した際の相違点や特徴、際立っている点などを洗い出してみてください。また、実際に商品を購入して使ったり、店舗を訪れたりするなど、顧客目線を取り入れるのもおすすめ。リアルな体験を含めることで、内容に説得力がでます。

2.入社後にやりたいことを明確にする

次に、入社後に実現したいことを具体的にします。「活かしたいスキルがある」「実現したい目標がある」「将来的に携わりたい業務がある」など、人によって展望は異なるでしょう。
やりたいことを浮き彫りにする際は、「なぜそれをやりたいのか」といった理由も明確にすること。「なんとなく」といった動機では説得力に欠けてしまいます。「やりたい」と思ったきっかけとなる出来事や、モチベーションの源泉を掘り下げてみてください。最後に(1)で行った企業研究の結果と、自分のやりたいことに齟齬がないか見直しておきましょう。

3.分かりやすい志望動機の構成

「企業の特徴」と「自分のやりたいこと」と、書くべき要素が揃ったらいよいよ内容の構成に入ります。志望動機は以下のように、「結論→根拠→必然性」の順するのがおすすめです。

・結論:志望動機は◯◯です
・根拠:その理由は、◯◯だからです
・必然性:志望企業でなくてはならない理由

冒頭で結論を述べるとその後に続く内容がブレにくいですし、相手にも話が伝わりやすくすなります。この構成は志望動機に限らず、自己PRや長所・短所を伝える際にも有効です。

志望動機を書くときに気をつけたいポイント

この項目では、応募書類の志望動機を書くときに気をつけたい点についてご紹介します。

自己PRとの違いを知っておく

自己PRと志望動機は「アピールするポイント」が異なります。自己PRでは「今までやってきたこと」「自分がやれること」に焦点を当てますが、志望動機の内容は「その企業でなくてはならない理由」と「入社後にやりたいこと」がメインです。
違うものと分かっていても、自己PRと志望動機で結局同じことを言ってしまっている…ということは珍しくありません。そもそも自己PRと志望動機はある程度一貫性を持たせないと説得力が薄くなってしまいます。自己PRでは過去の経験から実績を洗い出すこと、志望動機は企業への思いを明確にするよう意識しましょう。

簡潔な文を心がける

志望動機は、内容だけでなく読みやすさも大切。簡潔で分かりやすい文章を心がけましょう。
「志望動機は◯◯ですが、そう思ったきっかけは◯◯にあり、この経験から◯◯を得て~」といったように、読点でつなげすぎるのはNG。一文が長いと主語と述語を見失って文章がねじれてしまう危険性もあります。
「志望動機は◯◯です。そう思ったのは◯◯がきっかけです。この経験により、◯◯を得ました」のように、句点で区切った短めな文で構築してみてください。

レイアウトを考えて見やすく書く

書く前に履歴書をコピーして下書きし、全体のレイアウトをイメージしておきましょう。文字量・文字の大きさ・文字間隔などを把握しておき、改行するポイントを定めておくと相手も読みやくなります。
下書きなしで書き進めると、最後にスペースが足りずに文字が小さくなったり、書ききれなかったりする恐れも。書き間違えを防ぐためにも、事前に見本を作っておきましょう。

第二新卒で転職活動中の場合

ここでは、第二新卒で転職活動中の人に向け、志望動機の書き方のポイントと例文を解説します。

第二新卒とは?

一般的に新卒入社から3年以内に転職する人を第二新卒と呼びますが、企業によって定義に多少の差異があります。応募先企業の詳細をきちんと確認しておきましょう。

第二新卒は不利?

第二新卒の転職では、「アピールできるほどの実績や成果がない」「十分なスキルが身についていない」といった点から、不利に感じる人も少なくありません。
けれども、企業側からすると「最低限のビジネスマナーが身についている」「若手ゆえポテンシャルに期待が持てる」といったメリットがあります。

早期退職への懸念を払拭させる

第二新卒は前職の在籍期間が短いため、採用担当に「忍耐力のなさ」や「飽きっぽさ」といった懸念を抱かせる可能性があります。そのため、志望動機で「企業への定着」を感じさせることが大切。作成時には、「前の企業では実現できなかった、応募先企業でやりたいこと」を明確に述べてください。今後の展望を見据えながら、「貴社でなら頑張れる」といった熱意を伝えましょう。

例文

自分の専門スキルを活かしたいと考え、志望いたしました。
学生時代、プログラミングスキルを専門としていましたが、前職では営業部に配属となり、その技術を活かしきれませんでした。
けれども、入社意欲を持って入った企業をすぐに辞めるのは本意ではなかったため、転職は納得できる実績を残してから、と決意しました。入社から一年半後、営業成績トップを獲得したことを機に、転職に踏み切った次第です。
貴社の開発商品には私の専門だった◯◯の技術が使用されています。まだ市場での認知度は低いですが、今後は需要が高まると期待されているスキルです。
開発の現場で活躍しながらも、前職で身につけた営業の知識を活かし、マーケットの拡充に役立ちたいと考えております。

就職未経験の人の場合

大学・専門学校・高校を卒業後に就職が叶わず、正社員経験のない人の場合はどんな志望動機が良いのでしょうか。この項目でポイントを解説します。

職種→企業への意欲をアピールする

中途採用の場合、総合職採用の新卒とは異なり職種別採用となります。まずは「なぜその職種が良いのか」「その職種で何を実現したいのか」を明らかにしたうえで、「応募先企業でなければならない理由」を盛り込みましょう。

未就職期間の理由にも言及する

就職未経験者に対し、採用担当によっては新卒で就職しなかった理由を気にする場合があります。志望動機の中で、「なぜ就職しなかったのか」「今はなぜ正社員を目指しているのか」に言及しておきましょう。

例文

音楽のイベント企画に携わりたく、貴社を志望いたしました。私は専門学校卒業後、ミュージシャンを目指しバンド活動をしておりました。けれども、音楽活動では安定した収入を得ることができず、卒業から3年を機に正社員就職への道を考えるに至りました。
貴社は小規模から大規模までさまざまなイベントを手掛けていますが、私自身、何度か音楽家として参加いたしました。そのとき感じたのは、「参加者全員が満足できるサービスを提供したい」というスタッフの方々の熱意です。
社員の士気の高さと音楽への情熱に圧倒され、「この会社で働きたい」と強く思うようになりました。貴社にて、音楽を愛する多くの人々に満足を届けられるよう、尽力したいと考えております。

未経験の職種や業界に転職を希望する場合

ここでは、未経験の職種を志望する場合のポイントを解説します。

異業種にチャレンジする理由を伝える

未経験の場合は、なぜその職種・業界・企業に惹かれたのか、きっかけとなる出来事を明確にしながら、異業種への挑戦に至った背景を説明しましょう。

異業種だからこそ活かせる経験をアピール

未経験者は経験者に比べ実務面でハンデがあるのは事実です。熱意や意欲だけで乗り切ろうとするのではなく、前職で得た経験・知識をどう活かすかを志望理由に含めると効果的。異業種だからこそ活かせるスキル、新たな視点を加えることで、印象アップに繋がります。

例文

貴社が展開する在庫管理システムに携わりたく、志望いたしました。前職ではアパレルショップにて3年ほど店長を経験しました。そこでは一時期、自社の管理システムでは商品の在庫状況確認が未熟で、適切な補充が追いつかず、思うように売上が伸びなかったことがあります。
そんな折、貴社の在庫管理システムに出会いました。本社の担当者を説得し、無事に導入が叶うと、そこから順調に売り伸ばすことができました。
この出来事をきっかけに、貴社に興味を持ちました。実際に現場で使用した経験から改良点を見つけ出し、より良い製品へのブラッシュアップに貢献したいと考えております。

こんな志望動機の書き方はNG!

説得力のある志望動機を作成するうえで、避けた方が良い例を知っておくことも大切。最後に、志望動機のNG例について解説します。

「勉強したい」というスタンス

「学びたい」というスタンスを中心とした志望動機は避けましょう「会社は学校ではない」と否定的に捉える面接官もいます。「新しく吸収したい」という点を強調したい場合は、以下のようにまとめるのがおすすめ。

・◯◯という環境を活かし、積極的に知識を身につけたい
・スキルを習得し、自ら情報を発信していきたい

学びたいという姿勢の中に、主体性を混ぜて意欲を示すのがポイントです。

全体的に顧客目線

志望動機が「商品やサービスに魅力を感じている」という内容だけでは不十分。これでは顧客目線になってしまいます。志望動機で商品の魅力に関して言及したいときは、「なぜ惹かれるのか」と具体的な説明を加えることが大切。その商品・サービスの何が顧客の心をつかんでいるのかを理解したうえで、自分の考えを伝えられると印象アップにつながります。

具体性がない

「企業理念に共感した」「商品が素敵だと思った」「社長の言葉に感動した」といった抽象的な内容では、あなたの熱意や意欲が伝わりません。「どのような点に」「なぜ共感したのか」といった具体的な根拠を明らかにしないと、説得力がでないと覚えておきましょう。
同様に、「人のためになる仕事がしたい」「仕事を通して社会貢献したい」といった内容にも注意。
聞き心地の良い言葉でごまかしても、「企業を選んだ理由」まで踏み込めていなければ、志望意欲のアピールにはつながりにくいです。

内容が不安なときは転職・就職エージェントを利用しよう

「志望動機をうまくまとめられない」「企業にしっかりアピールできるか不安」などとお悩みの場合は、第三者にチェックしてもらいましょう。他者からアドバイスを得ることで、自分では気付かなかった改善点が見つかる可能性があります。「身近に相談できる人がいない」という場合は、エージェントの利用がおすすめ。

ハタラクティブは、高卒や第二新卒・既卒・フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービスです。経験豊富なアドバイザーが、志望動機のアドバイスのほか、応募書類の添削や面接対策などを行います。
当サービスはマンツーマン体制でご利用者をサポート。後悔しない就職先を選択できるよう、企業選びのポイントや、応募先の会社で働くメリット・デメリットを事前にお伝えします。
連絡はメールやチャットツールで行うため、「連絡をとるのは緊張する」「働きながら転職活動を進めたい」という方も気軽に相談できるのが特徴です。
また、サービスのご利用はすべて無料となります。入社日時の調整や入社後のフォローも行っているため、「転職活動は初めて」「就活がうまくいくか不安」という方はぜひご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ