第二新卒向け!志望動機と退職理由を聞かれたときの答え方

第二新卒向け!志望動機と退職理由を聞かれたときの答え方の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒の志望動機と退職理由は、ポジティブな内容にすることが大事
  • 第二新卒が志望動機を考える前に、自己分析や企業研究を行おう
  • 第二新卒の志望動機は「結論→根拠→必然性」の順で作成しよう

志望動機や退職理由の伝え方で悩んでいる第二新卒は多いでしょう。第二新卒の面接においては、志望動機と退職理由に統一性を持たせることが重要。志望動機と退職理由に統一性があることで、説得力のある内容に仕上げられます。このコラムでは、第二新卒が志望動機や退職理由を作成する際のコツをご紹介。アピールとして効果的な内容に仕上げるコツをチェックし、印象アップを目指しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

第二新卒の志望動機・退職理由の伝え方

第二新卒が面接で印象をアップさせるコツは、退職理由をできるだけポジティブに伝えることです。また、志望動機と退職理由に統一性を持たせると、説得力のあるアピールになります。
ここでは、第二新卒の志望動機と退職理由の伝え方をご紹介。以下の内容を参考にして、面接官に好印象を与えられる伝え方を意識しましょう。

退職理由はポジティブな内容にする

第二新卒の志望動機や退職理由は、ポジティブな内容が好まれる傾向にあります。人間関係や労働環境といったように、退職理由は人によってさまざまです。しかし、退職理由をそのまま伝えると、ネガティブな印象を与えてしまうことも。前職での課題や今後達成したい目標を明確にして、志望先企業ではそれらを実現できることを説明しましょう。「前職で学んだ○○を活かし、御社では△△を実現したい」のように具体的に伝えることが大事です。

志望動機と退職理由に統一性を持たせる

第二新卒の就職・転職活動では、志望動機と退職理由に統一性を持たせましょう。志望動機と退職理由に矛盾が生じていると、面接官に違和感を与えかねません。「前職では○○できなかったが、御社では挑戦できそう」といったように、退職理由をポジティブな志望動機につなげることが大事です。

志望先企業でどう活躍できるかを示す

第二新卒の志望動機では、志望先の企業でどう活躍できるかを明確に示しましょう。面接官は志望動機を通して応募者が「自社で活躍できる人材であるか」を判断します。そのため、企業が求めている人物像をあらかじめ把握しておき、自分のスキルや実績が活かせるかを確認しておきましょう。

第二新卒向け!基本的な志望動機の考え方

ここでは、第二新卒に向けて基本的な志望動機を考え方をご紹介します。以下を参考に、志望動機を考えてみましょう。

1.自己分析・企業研究をする

第二新卒が志望動機を考える前に、自己分析と企業研究を行いましょう。「会社で活かせる自分のスキルはないか?」「なぜこの会社を選んだのか?」という質問に回答するには、自己分析や企業研究が必須。自己分析を通して、自分の強みや弱みを理解したうえで、企業にどう活かせるかを明確にしましょう

2.入社後にやりたいことを明確にする

次に、入社後に実現したいことを具体的にしましょう。
第二新卒がやりたいことを浮き彫りにする際は、「なぜそれをやりたいのか」といった理由も明確にすること。「なんとなく」といった志望動機では説得力に欠けてしまいます。「やりたい」と思ったきっかけとなる出来事や、モチベーションの源泉を掘り下げ、自己分析・企業研究の結果と齟齬がないか見直しておきましょう。

3.分かりやすい志望動機の構成にする

「企業の特徴」と「自分のやりたいこと」と、書くべき要素が揃ったら志望動機の構成を考えましょう。第二新卒の志望動機は、「結論→根拠→必然性」の順で作成するのがおすすめです。

・結論:志望動機は○○です
・根拠:その理由は、○○だからです
・必然性:志望企業でなくてはならない理由

冒頭で結論を述べるとそのあとに続く内容がブレにくく、相手にも話が伝わりやすくなるでしょう。
第二新卒が志望動機を作成する前に準備すべきことは、「第二新卒の志望動機の書き方は?転職を成功させる作成のコツや例文を紹介!」のコラムでもご紹介しています。志望動機を作成する際の注意点や例文もまとめているので、これから応募書類を作成する第二新卒は、ぜひチェックしてみてください。

第二新卒が志望動機で気をつけるべきポイント

ここでは、第二新卒が応募書類の志望動機を書くときに気をつけるべき点をご紹介します。転職を検討している第二新卒は、以下の点を意識しながら志望動機を考えてみましょう。

自己PRとの違いを知っておく

第二新卒が志望動機を考える際は、自己PRとの違いを把握しておきましょう。
自己PRと志望動機は「アピールするポイント」が異なります。自己PRでは「今までやってきたこと」や「自分がやれること」に焦点を当てますが、志望動機の内容は「その企業でなくてはならない理由」と「入社後にやりたいこと」がメインです。第二新卒の場合、自己PRでは「過去の経験から実績を洗い出すこと」、志望動機では「企業への思いを明確にすること」を意識しましょう。

簡潔な文章を心掛ける

第二新卒の志望動機は、アピール内容だけでなく読みやすさも大切です。簡潔で分かりやすい文章を心掛けましょう。「志望動機は○○ですが、そう思ったきっかけは○○にあり、この経験から△△を得て~」といったように、読点で繋げ過ぎるのはNG。一文が長いと、主語と述語を見失って文章がねじれてしまう危険性もあります。
「志望動機は○○です。そう思ったのは○○がきっかけです。この経験により、△△を得ました」のように、句点で区切った短めな文で構築してみてください。

レイアウトを考えて書く

第二新卒が志望動機を書く際は履歴書をコピーして下書きし、全体のレイアウトをイメージしておきましょう。文字量や文字の大きさ、文字間隔などを把握しておき、改行するポイントを定めておくと相手も読みやくなります。
下書きなしで書き進めると、最後にスペースが足りずに文字が小さくなったり、書ききれなかったりする恐れも。書き間違えを防ぐためにも、事前に見本を作っておき、志望動機を記載しましょう。

退職理由も交えた第二新卒の志望動機作成の例文は「第二新卒向け志望動機の例文をご紹介!転職で効果的なアピール方法も解説」のコラムで詳しくまとめています。志望動機の作成に悩んでいる第二新卒は、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒の面接でよくある退職理由に関する質問と回答

最後に、第二新卒の面接でよくある退職理由に関する質問と、適切な回答方法を例文つきでご紹介します。以下の内容を参考にして、本番の面接に備えましょう。

新卒で入社した会社はもともと退職する予定だった?

このような質問をされた際には、「新卒の就活で希望する会社に入社できなかったこと」「入社後にミスマッチが生じたこと」といった点を認めて、正直に述べることが大事です。この質問は、応募者の「素直さ」や「仕事に対する向き合い方」を確認する目的があるといえます。回答する際の例文は、以下を参考にしてみてくださいす。

例文

「前職の販売の仕事は、私が希望していた「全社員が一丸となって仕事がしたい」という働き方と大きく異なっていたため、最終的に退職に至りました。しかし、自分にとって大きく成長できる場であることには違いなかったので、2年間仕事に取り組みました。業務に携わる中で、顧客の声を聞くことや顧客一人ひとりのニーズに合った商品を販売することの大切さを学びました。
その結果、より顧客に寄り添える営業の仕事をしたいと考えるようになり、現在、御社への入社を志望しています。入社後は、前職での経験を活かし、売上目標の達成に貢献していきます。」

回答する際には、自分が求めていた環境ではなかったものの、仕事に真面目に取り組んでいたことを伝えましょう。

前職で辛かったことは何ですか?

この質問をされた際には、仕事を通して辛かった経験を伝えましょう。この質問では、応募者の業務遂行能力や課題解決能力を確認しています。以下は回答する際の例文です。

例文

「入社1年目に誤った商品を発注してしまい、契約を切られそうになったことが一番辛かった経験です。顧客の温度感も高かったことから、上司に相談し、協力してもらうことになりました。他店舗から該当の商品を取り寄せ、顧客へ謝罪したことで問題は解決しました。それ以降、発注の際には、必ずダブルチェックを行うようにしたため、同じ失敗はしておりません。」

回答する際には、ただ辛かったことを伝えるだけでなく、「問題を解決するためのどう行動したか」「その業務をやりきることができたか」を答えましょう。第二新卒が面接で聞かれやすい質問は、「第二新卒が転職の面接で聞かれることは?よくある質問や注意点を解説!」にも掲載しているので、あわせてご確認ください。

「志望動機を上手くまとめられない」「前向きな退職理由を伝えられる自信がない…」とお悩みの第二新卒は、第三者にチェックしてもらいましょう。他者からアドバイスを得ることで、自分では気付かなかった改善点が見つかる可能性があります。「身近に相談できる人がいない」という場合は、エージェントの利用がおすすめです。

就職・転職エージェントのハタラクティブは、第二新卒や高卒、既卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を実施。経験豊富なアドバイザーが、志望動機のアドバイスのほか、応募書類の添削や面接対策などを行います。企業選びのポイントや応募先の会社で働くメリット・デメリットを事前にお伝えすることが可能。あなたにぴったりの仕事が見つかります。
サービスの利用はすべて無料です。求人の紹介だけでなく、入社日時の調整や入社後のフォローも行っているので、「転職活動は初めて」「就活が上手くいくか不安」という第二新卒はぜひご相談ください。

関連タグ

  • arrow