新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 宅建は就職に役立つ?資格を取得する方法とアピールのコツ

宅建は就職に役立つ?資格を取得する方法とアピールのコツ

公開日:

最終更新日:

宅建は就活に役立つ?資格を取得する方法とアピールのコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・宅建士にしかできない独占業務があるので、宅建の資格は就活で有利になる
    ・宅建資格は不動産業界や建築業界、金融業界で活かすことが可能
    ・宅建の資格を取得していれば各業界で高く評価されるので就活時に役立てられる
    ・宅建の資格を取得するには、年に1回行われる試験に合格しなくてはならない
    ・取得の動機と将来のビジョンを明確に伝えば、就活で宅建資格をアピールできる

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

不動産取引において欠かせない役割を果たす宅建。
宅建の資格は就活で有利に働くのか疑問に感じる方もいることでしょう。
宅建の資格を取得していれば、周囲に差をつけながら企業側へ効果的なアピールができます。
このコラムでは、宅建の資格を取得していることでどのようなポイントが有利になるのかを詳しくご紹介。就活を意識して資格取得を検討している方は、ぜひご一読ください。

   

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

宅建は就活で有利になる?

宅建の資格を有していれば、就活で有利に働きます。
不動産業界は資格や経験がなくても挑戦できますが、宅建の資格があれば宅建士にしかできない業務に取り組むことが可能です。
また宅地建物取引業法により、不動産会社は従業者5人に1人の割合で宅建士を設置する義務があるので、有資格者は採用される可能性が高まるでしょう。

 

宅建の資格は不動産以外にも、建築や金融などの業界でも重視されているようです。
建築業界では住宅やマンションの販売取引を行えますし、金融業界では住宅ローンや不動産担保融資を取り扱うことが可能です。

 

視野を広げて資格が活かせられる分野を探せば、幅広い業界に目を向けられるでしょう。
宅建の資格を取得すれば、業界のニーズに沿った効果的なアピールができます。

 

宅建とは

宅建とは、不動産取引の国家資格である宅地建物取引士(宅建士)を指します。
宅建試験に合格すれば不動産取引の専門家として活躍することが可能です。
不動産の売買やあっせんを行う際、顧客に対してわかりやすく説明する役割を果たします。

 

宅建の資格が就活で役立つ理由

就活の場では宅建資格をアピールできます。資格取得のメリットを踏まえて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

独占業務に取り組める

資格を取得すれば、宅建士にしかできない仕事に取り組むことが可能です。
宅建士には「重要事項説明」「重要事項説明書への記名・押印」「契約書への記名・押印」の独占業務があります。不動産取引が適正に行われていることを証明する役割が果たせる業務です。
不正がないかを確認することで顧客からの信頼を得られます。

 

経済の基本が学べる

宅建の資格取得のために学習すれば、経済の基本を身につけられます。
宅建試験には「権利関係」の項目があり、権利決定までの手続きやプロセスを学習可能。
健全な不動産ビジネスを展開していくためにも、経済活動の基礎を理解することが重要です。

 

業界に対する意欲をアピールできる

宅建の資格を取得すれば、業界で活躍していく姿勢を伝えられます。
土地や建物は不動産業界を中心として経営基盤になるため、宅建の資格を有している事実が高く評価されるでしょう。
また、資格取得のために努力したことや計画性を上手に伝えれば、やる気・熱意の評価にも繋がります。

 

宅建士の仕事に向いている人

宅建士にはどのような人物が向いているのでしょうか。下記ではそれぞれの特徴についてご紹介します。

 

不動産に興味がある

宅建士は建物や不動産を多く取り扱う仕事です。
不動産が好きな人や興味のある人なら、土地や建物に関する知識を積極的に吸収できるでしょう。
豊富な知識やスキルを活用できれば、宅建士として活躍していけるはずです。

 

物事に対して冷静に取り組める

不動産の売買は高額なため、ミスなく慎重に進められる人に向いています。
不動産契約の際は複数の書類を管理する必要があるので、日頃から確認作業を怠らない人に適正があるでしょう。

 

積極的にコミュニケーションを取れる

宅建士は顧客と対面で話す機会が多い仕事のため、コミュニケーション能力が求められます。
「不動産は一生に一度の購入」という顧客も多く予想できるので、ニーズを汲み取った提案やアドバイスが重要。
人と関わることが好きで人脈づくりを積極的に行える人が向いているといえます。

 

宅建の資格を取得する方法

宅建の資格を手に入れるには、年に1回行われる宅建試験への合格が必要です。
試験はマークシート方式で、全50問から形成されています。試験時間は約2時間となっており、受験手数料は7000円です。

 

宅建試験の合格率はおよそ15%で、比較的難易度が高め。
学習時間はおよそ300時間必要といわれています。独学の場合は、さらに時間がかかる可能性もあるので注意しましょう。

 

独学だけでなく。通学や通信でも受験対策ができるので、自分のライフスタイルに合った学習方法を選択可能です。
試験を受けるための事前準備は求められますが、働きながら受験対策に取り組めるでしょう。

 

学生でも取得できる?

宅建試験は誰でも受験できるので、学生でも取得が可能です。
学生の場合は比較的時間を取りやすく、理解するスピードも早いといったメリットがあります。
学生のうちに宅建の資格を取得しておけば、選考を有利に進められるでしょう。

 

宅建資格を就活でアピールするコツ

就活で宅建資格をアピールするためには、業界・業種のニーズに沿った内容をまとめることが大切です。下記では、自己PRで資格取得の経験を伝える方法についてご紹介します。

 

資格取得の経緯を伝える

魅力的な自己PRをするには、資格取得の動機を伝えます。
資格取得前後のエピソードを盛り込めば、あなたの人となりをアプローチすることが可能です。

 

資格をメインにアピールするためには宅建を有している事実ではなく、取得の過程を伝えることが重要。
どのような考えで資格取得を目指したのかを把握できれば、志望分野に対する向上心や意欲を見てもらえるでしょう。

 

具体的に述べる

宅建の資格を取得するために行った努力や取り組んだ学習方法があれば、その内容を具体的に盛り込みます。
1日の学習時間や効率性を意識して工夫したことを伝えれば、努力や姿勢を評価されるはずです。
また、資格取得のために行ったことは就職先でも役立てられる可能性があります。

 

資格を活かした将来ビジョンを伝える

資格を活かして業界や企業で活躍していくビジョンを伝えましょう。
今後どのようなことに挑戦したいか、どのような仕事に取り組んでいきたいかなど、これから関わる業務に関連付けます。
志望する企業でしか達成できないことを伝え、宅建の資格と自分のスキルをかけ合わせて実現していけることをアピールしましょう。

 

宅建以外に就活で役立つ資格6選

宅建以外にも就活に役立てられる資格はあります。下記では、そのうちの6つをご紹介。就職・転職を有利に進めたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格すれば、顧客の資産に応じた投資や貯蓄のプランを作成・提案できます。金融機関や保険会社で強みとなるスキルです。
この技能検定には1~3級の階級があり、学科試験と実技試験により合否が判定されます。6割以上の得点で合格となるため、難易度は比較的低め。しっかりと学習してから挑戦すれば、取得を目指せるでしょう。
試験に合格すると合格証書が交付され、「ファイナンシャル・プランニング技能士」を名乗ることが可能です。

 

日商簿記

日商簿記は、簿記資格のなかで最も知名度が高く、受検者も多い資格です。企業の経営活動を記録・計算・整理し、経営成績と財政状態を明確にできます。
お金の流れに関するルールが理解できるようになるため、経理事務を希望する人や銀行への就職を希望する人に向いているでしょう。
原価計算初級・簿記初級では基礎知識を習得でき、1級~3級は実践的なスキルを身につけられます。
上場企業では四半期ごとに財務諸表を出す義務があるので、規模の大きい企業ほど簿記や会計のスキルが求められるでしょう。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

エクセルやワード、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィスソフトの利用スキルを証明する資格です。
ビジネスで活用できるパソコンスキルが身につくので、各業界の事務・営業・マネジメントなどの幅広い職種で活躍できます。
書類を作成したりデータをグラフ化したりと、パソコンを利用する仕事は多いため就職や転職で有利に働くでしょう。

 

ITパスポート

ITを利用する社会人や学生が、習得しておくべき基礎基本的な知識の有無を証明してくれる国家資格です。
試験内容は、経営戦略やマーケティング、財務および法務など経営全般に関わるものが多め。ネットワークやセキュリティなどのIT知識、マネジメントの知識など、広い視野と知識を必要とする出題もあるようです。
資格取得をすれば「IT力」を示せるため、ITの高度化やグローバル化に着目している企業へ効果的にアピールできます。

 

TOEIC

TOEICは、英語能力を測定する世界共通のテストです。
TOEICには合否判定がなく、スコアで評価されるのが特徴。自分がどれほどのスキルを有しているのかを明確にできるので、目標設定をしやすいのがポイントです。

 

990点満点のうち、取得した点数を履歴書に記入します。
履歴書に書けるのは600点が目安。それ以上の点数では、730点(B判定最低値)、800~860点(A判定最低値)、900~950点(プロレベル評価値)と続きます。

 

実用技能英語検定

英語に関する基本的な知識が身に付いているか否かを判断する試験。一般的に英検と呼ばれており、履歴書へ記入できるのは3級以上からです。
1級を取得している人は、日常生活でもビジネスにおいても実用的な英語が使いこなせると認識されています。
どの級からでも受験できるので、自分の英語レベルに合わせてチャレンジすることが可能です。

 

資格取得は計画的に行おう

資格の取得は計画的に行うことが大切です。
資格取得ばかりに気をとられていては、志望する業界や企業の求人に申し込む機会を失ってしまう場合も。就活時に資格取得する注意点をチェックしておきましょう。

 

就職は資格だけでは決まらない

専門的な資格を取得したからといって、確実に内定が得られるわけではありません。
資格を取得する前に応募が締め切られると、ポテンシャルを重要視している企業へのチャンスを逃してしまう可能性があります。
また、志望する業界や職種にあまり関係ない資格をアピールしても、就活を有利にはできないので注意が必要です。

 

資格に固執するのは危険

資格取得そのものを目的にしてはいけません。資格を取得したあとの目的を明確にしなければ、学習意欲も下がってしまいます。
就職活動の際は、自分にとって必要な資格を取得することが大切です。資格を取得するときは、必ず目的意識をもって取り組むようにしましょう。

 

資格がなくても就職は可能

資格を取得していなくても就職は可能です。
特に若年層の場合、資格の有無よりも若さやポテンシャルを評価される傾向にあります。
資格を取得するよりも、今すぐ就職活動に取り組んだ方が良い場合も考えられるでしょう。

 

「スキルアップを目指したい」「資格を活かして働きたい」と考えている方は、ハタラクティブへご相談ください。
就職・転職エージェントであるハタラクティブなら、豊富な情報量ときめ細かいサポート体制を完備。専任のアドバイザーがマンツーマンで対応するため、効率的な就職活動を実現できます。

 

求人の紹介はもちろんのこと、応募書類の書き方指導や本番を意識した模擬面接も実施。すべてのサービスは無料で提供しているので、まずはお気軽に問い合わせください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ