1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自覚している性格はどう伝える?問われる理由とまとめ方

自覚している性格はどう伝える?問われる理由とまとめ方

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自覚している性格を質問するのは、自己分析や短所の改善ができているか知るため

    ・自覚している性格は、長所と短所をセットにして考える

    ・自覚している性格について話すときは、企業と自分の長所を絡めて伝える

面接や応募書類などで聞かれる「自覚している性格」。

こちらのコラムでは、転職活動を行っている方を対象に、「自覚している性格」の答え方を紹介します。

質問の意図をしっかりと理解し、自分の言葉で長所や短所を伝えることが大切です。

「自覚している性格」の考え方やアピール方法について知り、採用担当者の印象に残る内容をまとめ上げましょう。

◆自覚している性格を選考で聞かれる理由とは

なぜ転職活動では「自覚している性格」について聞かれるのでしょうか。

企業側は、この質問を通して以下のポイントをチェックしています。

質問の意図を理解した上で回答すれば、より好印象を与えられるでしょう。

【自己分析ができているかを確認している】

採用担当者は「自覚している性格」について質問することで、応募者が自己分析できているかを確認しています。

求職活動の基礎である自己分析をしっかりと行えば、自分の本質について理解を深めることが可能です。

自己分析を通して自分の性格を自覚すれば、自分だけのエピソードを踏まえた説得力のあるアピールができます。

【自覚している短所を改善しようとしているか知るため】

応募者が自覚している短所に対し、「改善したいと思っているか」「向上心はあるか」「問題解決能力はあるか」を見ています。

短所の改善に対する姿勢は、入社後にトラブルが発生した際の取り組み方にも繋がります。

自覚している性格について回答するときは、長所だけでなく短所についても触れるようにしましょう。

【社風に合うかを判断している】

企業側は、応募者が自覚している性格と、「人間関係」「仕事の進め方」「価値観」といった社風がマッチするかを判断しているようです。

「有給休暇の取得率が高くプライベートを大切にできる」「上司との距離が近くフラットな関係で意見を言いやすい」など、企業にはそれぞれの特徴があります。

しかし、応募者の性格と社風は必ずしもマッチする訳ではありません。

入社後のミスマッチを回避するためにも、性格についての質問をしているのでしょう。

◆自覚している性格を考えるときの3つのポイント

「自覚している性格」について考えるのは難しく感じる人もいます。

下記のポイントを参考にし、自分の性格について見つめ直してみましょう。

【1.長所と短所をセットにして考える】

自覚している性格について考える際は、長所と短所をセットで考えましょう。

性格への回答は長所だけでなく短所にも触れることで、自己分析がしっかりできているというアピールに繋がります。

短所を伝える場合は、克服するために対策を立てて実行している点を伝えることが大切です。

また、長所と短所を裏付けるエピソードを交えることで、具体的かつ説得力のある内容になります。

「長所が思い浮かばない…」という方は、短所を長所に言い換えましょう。

下記にいくつか例を紹介するので、参考にしてみてください。

〈変換例〉

・短所「慎重過ぎる」→長所「計画的に物事を進めることができる」

・短所「我が強い」→長所「リーダーシップがある」

・短所「神経質」→長所「細かいところにも気づくことができる」

・短所「頑固」→長所「一度決めたことは最後までやる」

・短所「要領が悪い」→長所「1つ1つの作業を丁寧にする」

・短所「引っ込み思案」→長所「深く考えた上で行動にうつすことができる」

【2.志望する企業の方針に合わせて考える】

「自覚している性格」のポイントを絞れない方は、「企業が求めている人材」に焦点を当ててみましょう。

業務や方針にふさわしくないところは避け、自分の性格がどの項目に当てはまるかを確認します。

企業研究をしっかり行い、企業が求めている人物像を意識した内容にできればイメージアップを図れるでしょう。

【3.周囲の人に意見を求める】

周囲の人間に自身の性格について聞いてみるのも一つの手です。

自分の性格を一人で掘り下げるのは難しいですが、友人や知人に他己分析をお願いすれば、自分が気づかなかった長所や短所を把握できます。

また、他己分析を通して、自分と他人との認識のズレを軌道修正することが可能です。

採用担当者が「一緒に働きたい」と思えるよう、自身の魅力が伝わる「自覚している性格」について考えてみましょう。

◆自覚している性格の4つのアピール法

自分の性格を自覚したら、面接や応募書類でどのようにアピールすべきか考えましょう。

アピールの仕方により、応募者の印象は左右されます。

性格を上手に伝える4つのアピール方法を知り、好印象を目指しましょう。

【1.長所→短所の順番で伝える】

質問に対して結論からアピールすれば、自分がどのような性格であるかを的確に伝えられます。

(1)長所を述べる

(2)長所の根拠となるエピソードを紹介する

(3)短所を述べる

(4)短所を改善するために心がけていることを述べる

このように、話の流れを意識して回答を組み立てましょう。

具体的なエピソードを導入することで、根拠のある内容にまとめ上げられます。

【2.企業の特徴と自分の長所を絡める】

自分の長所を活かし、企業へどのような貢献ができるかをアピールしましょう。

業務内容を踏まえた上で活躍の意思を伝えられれば、入社後のイメージを具体的に与えられます。

社風と長所を絡めることで、企業への理解度もアピールすることが可能です。

【3.短所の改善をしていることを伝えてマイナス印象を残さない】

短所を伝えるときは、改善のためにしていることを取り入れて前向きな姿勢をアピールします。

短所を自覚した上で改善策を取らないのは、向上心がないと思われる場合も。

短所と向き合って克服しようとする姿勢を見せれば、採用担当者へ好印象を与えられます。

選考では、いかにマイナス印象を残さないかが大切です。

【4.具体的なエピソードを盛り込む】

前述の通り、自覚している性格を回答する際は具体的なエピソードを取り上げましょう。

「これまでの業務経験では、自分のこのような長所が役に立った」というように、実際の体験をもとに伝えると説得力が増します。

成果を上げたエピソードを盛り込むことで、職場で活躍できるというメリットが伝えられるでしょう。

短所も小さな失敗経験を取り上げ、改善に向けて努力していることをアピールします。

◆自覚している性格のアピール例文

下記では、性格別のアピール例文を紹介しています。

自覚している性格を通して、業務への活かし方や向上心の高さをアピールしましょう。

【協調性】

私には、協調性という強みがあります。現職ではエンジニア同士のチームワークが求められるため、周囲の意見を尊重しながら全体が動きやすいよう努力しました。

しかし、全員をまとめようとするあまり、適切な判断ができなかったこともあります。

現在では自分の意見を積極的に提案することで、より良い業務を遂行できるよう努めています。

入社後はこの強みを活かし、チームで成果を上げられるよう事業に取り組みたいと思います。

【思いやり】

私は相手を思いやる気持ちを大切にしています。同僚や先輩が困っていたらサポートに努め、円滑な人間関係を築いてきました。

たくさんの人のサポートをすることで感謝される反面、直接の評価には繋がりませんでした。現在はお客さまがどうしたら満足するのかを考え、自分から積極的に動くことを心がけています。

御社に入社したら同僚や先輩だけでなく、お客さまとも円滑なコミュニケーションが取れるよう誠意を込めた対応を行いたいと思います。

【向上心】

私の強みは、現状に満足せず常に成果を追求することです。業務でどんな困難が待ち受けていても、ステップアップの機会と捉えています。自分が一生懸命取り組んでいたら周囲の人も触発され、結果的に全体のパフォーマンス向上に繋がりました。

しかし、目標を高く設定しすぎて挫折しかけたこともあります。現在は高望みをせず、目標を少しずつ高くすることに取り組んでいます。

御社に入社したら、向上心をもって事業に携わり、企業の成長へ貢献したいです。

「自覚している性格」への回答は、どのような課題に直面し、どのように改善を試みたのかを伝えることが大切です。

また、最後に入社後のキャリアプランを伝えると、採用担当者に与える印象が強くなります。

自分だけの言葉で長所と短所について話し、内定を獲得しましょう。

「自分の回答に自信がない」「伝え方が合っているのか分からない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが書類作成の指導や添削、面接対策、求人の紹介など、転職成功に導くサポートを行っています。

すべてのサービスは無料で提供。一人で悩まず、まずはお気軽に問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    履歴書作成で悩みがちな「性格」や「特徴」の書き方

  • image

    履歴書の性格欄、どう書くのが正解?

  • image

    長所と短所の例文まとめ!好印象を与える自己アピール

  • image

    面接でよく聞かれる「自分の性格」の答え方

  • image

    長所は短所に言い換えられるものを選ぼう!自己PRとの違いや書き方例も

  • image

    長所・短所を尋ねられた時の正しい回答とNGな回答

  • image

    自己分析の時に気をつけること

  • image

    面接の自己PRと長所に違いはある?

  • image

    自己分析と併用したい!他己分析のススメ

  • image

    面接で、自分の長所短所を上手に伝える方法とは?

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?