新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新卒の自己PRはどう書いたらいい?

新卒の自己PRはどう書いたらいい?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・企業は、自己PRから「入社意欲はあるのか」「どんな人柄か」などを読み取ろうとしている
    ・自己PRは、例文などに頼りすぎず、自分の言葉で説明することが大切
    ・自己PRでは、自分の強みと企業が求める人物像がマッチした内容を選ぶ
    ・エピソードは華やかなものである必要はなく、自分らしさが伝わるものであれば問題ない

「自己PR」というと、なにか特別なことを話さなくてはいけないと考えてしまいがちです。
そして「そんな経験などない…」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。
企業側は、自己PRから何を読み取ろうとしているのでしょう。こちらのコラムでは、新卒生の自己PRの書き方について詳しくご紹介していきます。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆自己PRから企業が知りたいこと

今まで全く面識がない人物を企業とマッチするかを見極めることは、人事のプロとはいえ至難の業と言えます。
そこで採用担当者は、応募書類から何を見ているのでしょう。
主に以下のような部分に注目しているようです。

・学生時代に何に力を入れていたのか
・入社後活躍してくれそうな人材か
・入社意欲があるか
・人柄

やはり、企業側に何かしらの利益をもたらしてくれそうな人物を見極めています。
自分のパフォーマンスを発揮しながら企業で長い間、活躍してくれる人かどうかを自己PRから判断しているのです。

注意したいのは、インターネットや書籍などでの例文に頼りすぎてしまうこと。
採用担当者は、毎年何通もの履歴書に目を通しています。そのため、応募者が例文を参考にしすぎていると「その人らしさ」が全く見えてこず、担当者はすぐに分かってしまいます。
一番重要なのは、自分らしさがわかる文章になっているかどうかです。文章の構成や言葉の使い方を参考にする程度なら問題ないですが、内容まで例文に頼ってしまうと本末転倒となってしまいます。
また、ほかの人の言葉を借りて自己PRを作ったとしても、面接で何度もつっこまれたときに対応することができません。
自己PRの書き方や流れをほかの人から学ぶことはもちんろん大切なことですが、最終的には自分の言葉で一から作るように心がけましょう。


◆自己PRの基本の流れ

自分が企業に利益をもたらせるか、活躍できるかをアピールするには、しっかり自分らしさを伝えなくてはいけません。
相手に分かりやすく伝えるには、まずは結論から述べるのが基本です。
自己PRの基本的な流れをご紹介していきます。

【自己PRの基本的な流れ】

結論(「私の強みは〇〇です」)

強みを裏付けるエピソード
(当時取り組んでいた活動→活動する中でぶつかった課題→課題に対してどう対処したか、具体的な行動、行動の結果)

一連の経験から何を学んだのか

経験や強みを入社後どのように活かせるのか

まずは結論から述べ、それを裏付けるエピソードを説明していきます。
そのときの課題に対してどのような努力をしたのか、過程を具体的に説明できるようにしましょう。
どのような努力して成長したかを説明することで「結論」の説得力が増します。


◆企業に合ったアピールをしよう

ただ単に自分の強みをアピールしても、その企業とマッチしていなければアピールになりません。
企業や応募職種に合った強みをアピールすることが大切です。

<例>

・チームワークで行う仕事であれば、協調性が伝わるエピソードを選ぶ
・営業職であれば何かの目標を達成したエピソードを選ぶ など

会社が求めていない強みをアピールしても、評価につながるどころか的はずれな回答として選考を通過しない可能性が高くなります。
自分の強みとなる部分と企業が求める人物像を照らし合わせながら選ぶようにしましょう。
自己PRを作成する前に、まずはしっかり企業研究をして、企業が求める人物像を把握することが重要です。


◆エピソードは「華やか」でなくていいい

強みがないと悩んでいる人は、目立つ実績や自慢できる経験にこだわっているのかもしれません。
自己PRは、必ずしも華やかである必要はなく、自分らしさや自分の強みがよく伝えられるエピソードを選ぶことが大切です。
自己PRでは学生時代の実績だけを見られているわけではありません。そのため、留学や起業といった特別な経験でなくても、自分なりの努力の過程が伝わるエピソードを伝えましょう。
日常生活の中にも目を向け、ほかの就活生と差別化できるエピソードを選ぶことでアピールにつながります。


◆自己PRが決まらない人は、ハタラクティブに相談しよう!

自己PRで、何をテーマにしていいのかわからないという人は、ハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは社会人経験のない人でも、正社員を目指した就職活動をサポートしています。
就職活動を一人で行うのはとても大変なことです。何か小さな悩みや不安があれば、いつでもお気軽にご相談ください。

ご利用者の口コミ

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?