転職するときの注意点

転職するときの注意点の画像

【このページのまとめ】

  • ・漠然とした理由で企業選びをしない
    ・何が自分の優先条件なのか明確化しておくことが大切
    ・在職中に転職活動を進めるのがおすすめ
    ・転職活動を成功させるには、有給を使ったりスキマ時間をうまく活用したりしよう

転職を考えていても、いざ動こうと思ったときに何に気をつけなければならないのか不安になる人は多いのではないでしょうか。
転職活動では新卒時の就職活動に比べて求人の探し方や面接で見られるポイントも異なってくるようです。
こちらのコラムで、転職活動における注意点をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

◆イメージで企業を選ばない!

転職では、つい目先の条件で選びたくなる人は多いのではないでしょうか。しかしそれでは後から失敗してしまう可能性があります。

まず、転職活動で気をつけておきたいのは、「有名だから」「仕事内容が合っていそうだから」など漠然とした理由で企業選びをしないことです。企業研究をおそろかにして入社すると、「思っていた会社と違った…」と後悔しかねません。
そうならないためにも、職種や賃金、勤務時間や勤務地、企業規模などの項目を書き出し、何が自分の優先条件なのか明確化しておくことが大切です。
さらに自分のバックグランドを見直した上で、マッチする企業を探すようにしましょう。

チェックしておきたいポイントをご紹介しますので、参考にしながら自分に合った企業を探すようにしてみてください。

・業種、職種、仕事内容

まず確認しておきたいのが、企業の業種や業務内容。
同業種に転職を考えている場合でも、会社が違うと取り組み方や方針も異なってくるため、しっかりチェックしておきましょう。
もし今までと違う業種や職種に転職したいのであれば、自分が目指す方向性とマッチしているか調べておく必要があるでしょう。

・雇用形態

次にチェックしたいのは雇用形態です。
正社員、契約社員、派遣、アルバイトなど様々な雇用形態があり、それぞれに特色があるので把握しておきましょう。
アルバイトから正社員登用を目指すのであれば、その会社で実際に適用されたケースがあるのか調べておく必要があります。

・給与、待遇面

やはり一番気になるのは給与や待遇面ではないでしょうか。
新しい業種や職種に挑戦するとい場合は未経験ということで給与が減るリスクは受け入れられるかもしれません。しかし同業種、同職種への転職であれば給与アップを目指す人は多いでしょう。
そこで気をつけておきたいのが、表面上の条件だけで選ばないことです。給料は上がったものの、残業ばかりで休みが少ないなど、マイナスの面が大きい場合もあります。

・勤務エリア、通勤時間

今までに遠距離の通勤や通学をしたことがない人は、通勤時間にも注目しておきましょう。
自分では大丈夫だろうと思っていても、企業側からすると「本当に通えるのか?」といった不安や、交通費の負担の面で不利になってしまう可能性があります。
自分で通える範囲、そして企業に受け入れてもらえるエリアかを頭に入れて選ぶようにしましょう。

・社風、経営方針

たとえばベンチャー企業、歴史ある企業などでも方針や社風は異なってきます。
従業員の年齢や人数、研修制度などの状況、コミュニケーションのとり方など、分かる範囲で詳しく調べておくようにしましょう。

◆安易に退職しない!

上司や同僚で苦手な人がいたり、仕事が飽きてきたりして、勢いでやめたいと思うときがあるかもしれません。しかし無計画な状態で退職してしまうと、冷静になってから後悔してしまう可能性が高くなります。
退職してからの転職活動では、時間を自由に使えるメリットがありますが、経済的な不安が出てくるというデメリットもあります。

また、転職活動が長引くとブランクが生じてしまう問題も。このような焦りから、条件に合わない転職先で妥協してしまうリスクが高まってしまいます。
転職先がすぐに決まるという保証はないので、できれば在職中に転職活動をするのがおすすめです。そうすることで自分に合った求人が出てくるまで待つこともできます。

◆在職中の転職活動の注意点

仕事をしながら転職活動をするときには余裕がなくなってしまいがちです。
注意しておきたい点をご紹介するので、事前に把握して着実に進められるようにしておきましょう。

・内定が出ても同僚などに言わない

転職活動していることを周囲に気づかれてしまうと、風あたりが悪くなる可能性があります。できるだけ同僚などには転職活動をしていることや内定が決まったことは伏せておくほうが無難です。

・社用の携帯やパソコンで転職活動を行わない

転職サイトなどに登録するときに会社のメールアドレスなどを使用しないようにしましょう。
基本的に、会社では従業員のパソコンの閲覧履歴やメールチェックをすることがあるため、転職活動をしていることが分かってしまいます。
勤務中に転職活動をしているとトラブルに発展する可能性もあるので、プライベートな時間で行うようにしましょう。

在職中の忙しい転職活動を成功させるには、有給をうまく使ったり転職エージェントを利用したりするのがおすすめです。
スキマ時間をうまく使いながら、余裕を持って転職活動を進めましょう。

在職中の転職活動は、時間が足りないという声が多いようです。そんなときは就活のプロの手を借りてみませんか?
ハタラクティブでは、あなたの転職活動状況をお聞きし、マッチした求人をご紹介。そして応募書類の添削や面接の練習、スケジューリングも行っています。
細かい部分の代行も可能なので、忙しい求職者の方に最適といえます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION