スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?

スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?の画像

この記事のまとめ

  • 転職活動かかるお金は数万円~数十万円
  • 中には100万円近くかかったという声もある
  • 交通費にお金がかかるという意見が多い
  • 在職中の転職活動は経済的なリスクが少ない
  • 転職にかかる期間は2~3ヶ月が一般的

転職活動にかかる費用がどれくらいかご存知ですか?
実は転職資金が底をつき、納得のいかない転職先に決めてしまったというのはありがちな失敗。

現在貯蓄ゼロという人は、活動を始める前にコラムをチェックしていきましょう!

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆転職活動に必要な費用はどれくらい?

転職活動にかかるお金は人によるので一概にはいえませんが、数万円程度の出費で済んだという人もいれば、100万円近くかかったという声もあります。
特に退職後は収入が途絶えた状態で活動しなければならないので、経済面での苦労が増えるようです。
一体、転職活動では何にお金がかかるのでしょうか?

【転職活動にかかる費用】

・服飾費(スーツや鞄、靴など)
・交通費
・喫茶、レストラン代
・宿泊費
・応募書類の郵送費
・証明写真代
・参考書籍代

前職がスーツだった人は服飾費が浮く場合もあるので、ご紹介した項目は人によって異なるでしょう。そんな中「費用がかかった!」という意見が最も多いのが交通費。特に遠方から都心に出てきて転職活動する人は、交通費と宿泊費にかなりの額がかかります。
そのほか、面接と面接の間の時間を潰す喫茶代や、レストラン代も積み重なると馬鹿にならない金額に。転職活動が長引けば長引くほど、必要なお金の額も増えていきます。


◆「お財布がピンチ!」を防ぐには?

経済的に安定した状態を保ちたいなら、やはり在職中に転職活動するのがおすすめ。
在職中の活動は忙しく周りに気を使わなければならない面がありますが、収入が途絶えない点と転職活動が長引いてもブランクができないのが大きなメリット。
現在あまり貯金がないという方は、在職中に仕事を探し始めるのが良いのではないでしょうか。

退職後に転職活動する場合、転職活動にかかる期間を予想した上でその間の活動費用を貯蓄しておく必要があります。
条件を満たす方は退職後に失業保険を受給できますので、自分が支給対象かどうかの確認もしておきましょう。失業保険は申請から支給までに間が空くので、給付を受けるとしてもある程度の貯金は必要です。
さらに、失業保険だけでは充分でない可能性もありますので、給付だけをあてにし過ぎないようにしましょう。


◆転職活動の期間はどれくらい?

「転職活動の期間を予想して貯蓄する」と述べましたが、転職活動にかかる平均的な期間は2~3ヶ月程度といわれています。ただしこれはあくまで目安なので、実際には1ヶ月以内に内定が決まる人もいれば、半年以上かかる人もいます。
自分のスキルやキャリアの程度、志望先が経験のある業界か未経験の業界かを考えると、ある程度転職の難易度が予想できるでしょう。その結果、「時間がかかりそうだな」と思った人は、余裕を持って資金を貯めておくと良いかもしれません。

転職活動をする際には、資金面の計画に限らず全体のスケジュールをあらかじめ立てておくことが大切です。
例えば、最初の半月で自己分析と企業研究をし、次の月の〇日までに〇社に応募書類を提出する、という風に、具体的な行動計画と目標を考えます。
特に在職中に転職活動をする方は、退職時期や引継ぎにかかる期間を考慮しなければならないので、周囲に迷惑をかけないためにもスケジューリングは必須の作業といえるでしょう。


「一人で計画を立てる自信がない」という方は、若年層の転職支援に特化したハタラクティブまでご相談ください。
ハタラクティブでは専任のアドバイザーが一人ひとりにカウンセリングを行い、その方の状況に応じたサポートをしていきます。当サービスが扱うのは実際に取材をした企業の求人に限られるので、業務や職場に関する情報が豊富。納得した上で志望先を決めていただき、書類対策や面接の指導で内定までを支えます!
面接日程の調整なども全てアドバイザーが代行するため、効率よく転職活動をしたい方にぴったり。相談だけのご利用も歓迎しているので、まずはお気軽にご登録ください。