「就職どうしよう」つらい気持ちとその解消法ついて解説

「就職どうしよう」つらい気持ちとその解消法ついて解説の画像

この記事のまとめ

  • 「就活どうしよう」という不安は、自己分析をすることで解消できることもある
  • 「就活どうしよう」「就活はいつから?」と思ったら情報収集をしてみる
  • 「どんな仕事がしたいかわからない」と悩んでも適性検査を信じ過ぎない
  • 「就職したくない」「就活つらい」と思ったら正社員のメリットを考えてみる
  • 「就活どうしよう」と悩んだら第三者の力を借りてみる

「就職できなかったらどうしよう…」「どんな仕事がしたいかわからない」と悩んでいる人は多いようです。悩みをタイプ別に分けてみることで解決に繋がったり、自己分析にもなり得ることがあります。こちらのコラムでは、パターン別の不安要素の例と解決法をご紹介。就職後に後悔してしまわないためにも、ぜひお役立てください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「就職どうしよう…」の原因

就活が不安で「どうしよう…」と悩んでいる人は大勢いるようです。どのような人でも少なからず悩みを抱えているとはいえ、この不安はできる限り解消したいものです。そこで大切になるのが、「なぜ不安になっているのか」を分析すること。自分が抱える悩みはなぜ生まれたのかを知り、自分に当てはまるケースの対策を行ってみましょう。

就職するための方法が分からなくて不安

「いつから就活を始める?」「就活はどうすればいい?」と就職するための方法が分からない人は、まずは情報収集に力を入れてみましょう。企業の採用時期はいつか、自分が知らない企業・業界はないかなど、幅広く調べるのがポイント。また、自分の卒業大学の就職支援機関を利用できる可能性もあります。職員の方に話を聞くなど、行動することから始めてみましょう。ただし、卒業後日が経ってしまった場合はハローワークやエージェントも利用してみると良いかもしれません。プロの視点からアドバイスをもらえるので、就活に自信のない方におすすめです。

内定が取れるか不安

まだ就活が始まる前から「内定がとれるか不安」という人は、悩むよりまずは行動を起こしてみましょう。本選考開始前にも自己分析や企業研究など、やれることはたくさんあります。就活でよくある失敗が「時間が足りなかった」「余裕がなかった」というもの。就活は履歴書やエントリーシートだけでなく、スーツや靴、かばんなども準備する必要があります。そのため、就活が始まる前からしっかり準備時間を確保しておくことがポイントです。内定が取れるか不安だという人は、まずは今やるべきことに目を向けてみると良いでしょう

内定が出ないときは視野を広げてみる

有名企業や自分が興味ある業界ばかりを狙っていた方は、今一度、意識を変えてみると良いかもしれません。地方の企業や興味がなかった業界なども視野に入れてみることで、意外な分野で自分に合った企業が見つかる可能性があります。

どんな仕事がしたいか分からないから不安

いざ就活をはじめようとしても、「どんな仕事がしたいか分からない」「そもそも働きたくない」という人は多いようです。やりたい仕事が分からないという人は、「自分のやりたい仕事」ではなく「どのような人生を送りたいか」「どのような人になりたいのか」に焦点を合わせてみると良いでしょう。自分が送りたい生活をするための手段として考えてみると、自分にとって最適な職種や業界を考え、決められることがあります。

自己分析をして自分という人を知ろう

どのような仕事がしたいか分からないときには、自己分析を行ってみるのも一つの手です。過去から現在までの自分をよく理解することで、自分がどのような人生を送りどのような人になりたいのかが見えてくる可能性も。それを踏まえて業界研究や企業研究を行い、自分が向いている仕事がないかを探してみましょう。知っている業界だけでなく、今まで知らなかった業種にも目を向けることで、就職できるチャンスが広がる可能性があります。

「働くこと」が分からないから不安

「働くこと」がどのようなことなのかが分からないため、「つらい」「就職したくない」と悩んでいる人もいるようです。このような場合は、自分の中で社会人のイメージが偏っていないか振り返ってみましょう。ニュースなどで「過労死」「ブラック企業」という情報が飛び交っていますが、そのようなイメージばかりに気をとられている可能性も。噂やニュースはどうしてもネガティブな情報が多いもの。実際には自分に合った会社で活き活きと働いている社会人も大勢います。「就職したくない」という気持ちから「働きたい」という気持ちにシフトできるよう、就活の間だけでもニュースやSNSなどのネガティブな情報をシャットアウトしてみると良いでしょう。

新卒の場合は周囲との差も不安材料になる

周りが次々と内定を獲得していると、自分だけ内定をもらえない焦りが強まってしまうでしょう。しかし、就活で大切なのは内定が早く決まることではなく、自分の将来を築き上げていける会社に入ることです。いくつもの企業を受けても内定をもらえないと、焦ってしまうだけでなく、まるで人格を否定されているような気持ちになることもあるでしょう。しかし、自分に魅力や能力がないのではなく、実際はただ相性が不一致だったという場合がほとんど。今までの就活のやり方や面接対策の方法をもう一度見直し、気持ちを入れ替えて再スタートできるようにしましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

「就活したくない」のは甘え?

「就活したくない」と考えることは甘えだと悩む人もいます。就職を遠ざけたくなる理由は「人付き合いが苦手」「働ける自信がない」「給与が低い」など、人の特性によってさまざま。そのような時は、趣味に没頭してみたり5年後や10年後の自分を想像したりしてみるのも一つの手です。自分の好きなことを楽しんだり娯楽費をより多く確保したいという理由も、就活をするモチベーションになり得ます。就職したくないと考えている方は、「就職したくないと考えるのはなぜ?就活せずに選べる進路についても解説!」のコラムもチェックしてみてください。

就活はしたくないけど働きたいという意見もある

就活自体を億劫に感じているものの、働きたい気持ちはある人は多いようです。就活したくない気持ちと働きたい気持ちの狭間で葛藤することがストレスになると、表情や声のトーンに影響が出て面接時の印象が良く映らないことも。無理なく就活を進められるよう、適度にリフレッシュをしながら就活を進めてみましょう。また、「普通に就職したくない」「フリーランスで働きたい」と考えている人は、企業に所属しない働き方を叶えるためにも、経験として一度就職してみるという選択肢もあります。

就職すべきか悩んだら正社員になるメリットを考えよう

「就職したくない」「就職すべきか分からない」と考えている人は、正社員として働くことでどのようなメリットがあるのかを知るのがおすすめです。正社員は、安定した雇用形態であり、社会的信用を得やすいというメリットがあります。正社員として働いた経歴があれば転職活動においても有利になることが多いため、長期的なライフプランも計画しやすくなる特徴があるといえるでしょう。正社員になるメリットについてさらに詳しく知りたい方は、「正社員になるメリットとは?|フリーター就職支援のハタラクティブ」のコラムもご覧ください。

フリーターでも稼げるが…

フリーターとしてアルバイトで稼ぐことは可能です。ただし、正社員のように福利厚生や働く体制が整備されているわけではないことがほとんど。細かい内容は企業によりますが、住宅手当や家賃補助、育児休業、看護休暇などが挙げられます。福利厚生について詳しく知りたい方は、「福利厚生を理解しよう。制度や種類の詳細について」のコラムもチェックしてみてください。

「就職どうしよう…」の解決法

ここでは、「就活どうしよう...」という不安を解消するためにできる解決法をご紹介します。

自己分析で適性や軸を明らかにする

深く自己分析をすることで適性や軸が明確になり、アピールポイントを伝える際の説得力も増すことがあります。適性や軸が分からずに上手く自己PRできないという人も、もう一度自分の人生を振り返って自己分析してみることがおすすめです。家族や友人など、周囲の人に「自分はどのような人間なのか」を質問してみるのも良いでしょう。

企業研究で自分に合う企業を見つける

企業研究をして自分に合う企業とそうでない企業を見分けましょう。重要なポイントは、自分がしたい業務ができるかだけではありません。キャリアプランをしっかりイメージできるか、将来のビジョンを達成できそうか、などの点を踏まえて企業研究をするようにしましょう。しっかりと企業研究をせずに入社してしまうと、「イメージと違った」「業務が苦痛に感じる」とミスマッチを起こしてしまうリスクが高くなるといえます。

適性ばかりを重視するのも良くない?

適性検査の結果は、参考程度に活用することをおすすめします。世の中にある適性検査や診断テストなどは、100%当たるものと言い切れるわけではありません。「適性検査の結果がこうだから」と適性検査の結果のみを重視して、自分の興味のある分野や職業を就活の選択肢から完全に外してしまうのは良い方法とはいえないでしょう。

積極的に就職に関する情報収集を行う

先述したように、就職するための方法が分からない人は就職に関する情報収集から始めることをおすすめします。少しずつでも情報収集をしていくことで、「いつから」「どのように」動いていくべきなのかが見えてくるでしょう。就職を目指している仲間と情報交換を行うのも、モチベーション向上になるといえます。

就活で不安な部分の対策をする

自分が就活のどのような部分に不安を感じているのかを洗い出し、不安要素の一つ一つに対策をしていくことが大切です。漠然と不安を感じている人は、すでに就活を終えた友人や就職している先輩に、就活していた頃の失敗談とその改善策を聞くのも方法の一つ。「不安なのは自分だけではない」ことを頭に入れておくことで少し余裕が生まれるでしょう。

就活がつらいと感じたらプロの手を借りよう

「就職どうしよう…」と悩んでいる方は、まずは第三者の力を借りてみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブではあなたの不安や悩みをしっかりお聞きし、最適な求人のご紹介から応募書類の添削、面接対策まで行っています。就活の進め方がいまいちわからない方や、周りが内定をとりだして焦っている方など、小さな悩みでもご相談に応じています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

「就職どうしよう...」という悩みに関するFAQ

ここでは、「就職どうしよう...」とお悩みの方に向けてよくある質問に回答します。

就職するべきですか?

就職するべきか悩んだり普通に就職したくないと考えたりしている人は、就職するメリットを考えてみるのがおすすめです。アルバイトのみで生計を立てることは可能ですが、正社員と正社員以外の雇用形態では、福利厚生や待遇に違いがあります。就職をすることは安定した生活を送れるということなので、就職するべきかという悩みを解消するには、長期的なメリットを軸に判断してみましょう。雇用形態による違いを詳しく知りたい方は、「正社員のメリット・デメリットとは?派遣や契約社員についても解説!」のコラムもご覧ください。

就職しないまま卒業しました。どうしよう…

就職しないまま卒業してしまったからといって、就活も終わってしまうというわけではありません。ハタラクティブは、20代の既卒や第二新卒、フリーター、ニートの就職支援に特化しています。「就職しないまま卒業してしまった...」「今からでも間に合う?」という方は、ぜひご相談ください。あなたの悩みに向き合いながら、納得のいく就職ができるようサポートします。

就活はいつから始まるもの?

毎年おおよその時期は変動しますが、大学3年生の秋から冬にかけて就活をスタートする人が多いでしょう。この時期に就活をスタートできるようにすることを考えると、春から夏はインターンやOB訪問、自己分析、企業研究に時間を割く就活準備期間とするのがおすすめです。ただし、近年は就活ルールが撤廃されたことにより、24卒以降の学年からは通年採用も増える見込みがあります。

フリーターが就職するうえで注意することは?

フリーターとして就活をスタートする際には、未経験歓迎である企業に絞ることをおすすめします。関連事業での経験や資格などが必須条件であるのに対して、自分のキャリアが条件に当てはまらないと、書類審査で落ちてしまうことがほとんど。志望企業・業界で就職するために、資格を取得したうえで就活をするのも一つの手です。さらに詳しく知りたい方は、「フリーターから就職する方法は?正社員になるメリットとおすすめの職種!」のコラムもチェックしてみてください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次