40代以上のフリーターは絶望的?よくある悩みや就職成功のコツを紹介!

40代以上のフリーターは絶望的?よくある悩みや就職成功のコツを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • フリーターは収入や将来もらえる年金が少ないので、周囲と比較して絶望しがち
  • 正社員として就職すれば、フリーターの絶望感から抜け出せる
  • 絶望を感じているフリーターには、営業職や介護職などの経歴不問の仕事がおすすめ

フリーターのなかには正社員として働く同年代の友人と比べて、絶望を感じる人もいるでしょう。フリーターの経歴に絶望しているなら正社員就職がおすすめです。このコラムでは、フリーターが抱えやすい悩みや、絶望を軽減させる方法を紹介しています。フリーターが就職しやすい職種も紹介しているので、あわせて参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

40代以上のフリーターは絶望的な状況?

フリーターは年齢を重ねると、応募できる求人が減ったり、徐々に力仕事ができなくなったりします。フリーターが絶望する状況はどのようなものか紹介するので、参考にしてください。

正社員求人が少ない

フリーターは、年齢が上がるにつれて正社員求人が減っていきます。年齢が高いと、その分定年まで働く期間が短くなるからです。企業側は、採用するならできるだけ長く働ける20代が良いと考えます。また、企業によっては30代や40代を「すでに経験を積み、キャリアアップを目指す人」と捉えているところも。正社員の転職者と比べられると、スキルや経験不足のフリーターは不採用になりやすいのが現状です。

力仕事ができなくなる

徐々に体力がなくなり、20代のころと同じような力仕事をできなくなって絶望を感じるフリーターもいます。働ける時間が少なくなり、収入が減って生活が苦しくなることも考えられるでしょう。そうなった場合は、力仕事以外の職種に挑戦することになります。これまでの経験を活かせないことや、挑戦する業界・職種でアピールできるスキルがないことに絶望するフリーターもいるでしょう。

アルバイトにも採用されにくくなる

40代以降のフリーターは、正社員だけでなくアルバイトとしても採用されにくくなり、絶望を感じるようになります。前述したように、年齢を重ねるにつれて体力の減少が想定されるからです。アルバイトでも、体力に不安がある40代以降のフリーターよりも、20代の若い人材を雇いたいと考える企業の方が多いでしょう。
また、アルバイトには10代や20代が多く、40代以降は「職場に馴染めなさそう」といった点も不安視されます。

就職支援の対象外になることがある

40代以降は就職支援の対象外になり、利用できない可能性があります。フリーター向けの就職支援は20代を主な対象としているからです。就職エージェントでは、「紹介できる求人がない」といった理由で利用を断られることも。就活未経験のフリーターは、初めての就職活動を一人で行わなければならない状態に、絶望することもあるでしょう。

フリーターから正社員になるには?就職成功のコツやおすすめの職種を紹介!」や「フリーターと正社員の賃金格差は最大1億2千万円!現状を変えずにいると?」では、正社員とフリーターの違いを紹介しています。40代の就職状況とあわせて、正社員になるメリットも確認してみてください。

絶望しているフリーターによくある悩みとは?

絶望しているフリーターは「生活が苦しい」「孤独を感じる」などの悩みを持っています。漠然とした不安を抱えている人は、自身が何に絶望しているのか以下で確認してみてください。

1.生活が苦しい

収入が低く、生活が苦しいことに悩むフリーターもいます。収入が低いと「お金がないから」といった理由で行動を制限され、不満を感じやすくなるもの。フリーターの場合は昇給が期待できないため、収入に不満があるなら仕事を変えてみましょう。

2.何を始めても諦めてしまう

すぐに諦める、もしくは何かを始める前から諦めてしまうといった悩みを持つフリーターもいるでしょう。この場合は、ものごとをネガティブな思考で考えている可能性があります。頭のなかで深く考え過ぎず、行動を起こすことに意識を向けてみましょう

3.何事も失敗しやすい

「何をしても失敗続きで、働くのが嫌」と絶望したり悩んだりするフリーターもいます。このような悩みを持つフリーターは、失敗することに過敏になっている可能性も。「初めは失敗するのが当たり前」と考えることで、不安が軽減されるでしょう。

4.孤独を感じる

フリーターという経歴に劣等感を抱き、人を避けるようになることで、孤独を感じているフリーターもいるでしょう。何もせずじっとしていても、孤独から抜け出すのは困難です。抜け出すには、自ら人と接触をとったり劣等感を抱かないように就職したりすると良いでしょう。

5.ライフプランが立てられない

結婚や子育てといったライフプランが立てられない悩みを持つフリーターもいます。世の中には「仕事が安定している人と結婚したい」と考える人が多く、フリーターのまま結婚することは厳しいでしょう。また、結婚できても「お金に余裕がないから子どもが持てない」といった事態になることも考えられます。

フリーターが就職を成功させるには?正社員になるメリットを解説」では、フリーター向けの就活方法をご紹介。「何から始めれば良いかすら分からない」と絶望しているフリーターは、ぜひ参考にしてください。

絶望から抜け出しにくいフリーターの特徴

ここでは、絶望から抜け出しにくいフリーターの特徴を紹介します。自分が以下の特徴に当てはまっていないかチェックしてみてください。

就職活動の準備が足りていない

就活の準備が足りていないフリーターは、絶望から抜け出しにくい可能性があります。就活が長期化しているのは、年齢や経歴だけが原因とは限りません。「志望動機が浅い」「面接で自分を十分にアピールできていない」といった点が原因になっていることもあります。フリーターは、30代になると就職率が低くなる傾向があるため、なかなか採用されない人は、早めに就活方法を見直しましょう。。
絶望的な状況から抜け出したい人は、「仕事探しで迷わない!自分に合った求人の選び方や失敗しないポイントを解説」で、就活の注意点を確認してみてください。

正社員になりたい理由が曖昧

「なんとなく正社員になったほうが良さそう」と考えているフリーターは、絶望から抜け出しにくいでしょう。正社員になりたい理由が曖昧だと、企業から正社員を目指す理由や志望動機を聞かれたときに、熱意のある回答ができません。その結果、応募先の企業に就業意欲が伝わらず、採用を見送られてしまいます。絶望から抜け出したいフリーターは「なぜ正社員になりたいのか」を明確にし、面接では企業に対する気持ちや前向きな姿勢をアピールしましょう。

人のせいにしている

失敗を人のせいにしているフリーターは、絶望的な状況を変えられません。自分の非を認めて改善しないと、何度も同じ失敗を繰り返してしまうからです。多くの企業は、何事も素直に受け止めて成長できる人材を欲しています。これまでを振り返って心当たりがある人は、自分の非を受け入れられるように意識を変えましょう。

同じフリーターでも、就活が上手くいく人とそうではない人がいます。「就活に成功する人と失敗する人の特徴!自分はどちらかチェックしよう」では、就活に成功する人の特徴をご紹介。絶望から抜け出すために、成功する人の特徴を知っておきましょう。

フリーターの絶望感を軽くするにはどうすれば良い?

フリーターの絶望を軽くするには、とくかく行動することが大切。具体的な行動は、以下のとおりです。

・アルバイトを掛け持ちする
・貯金をする
・正社員として就職する
・起業する
・フリーランスになる

いきなり正社員並みに働くことに抵抗があるフリーターは、挑戦しやすいアルバイトの掛け持ちや貯金から始めてみると良いでしょう。どう動くかは、「収入さえ増えれば良い」「雇用の安定さが欲しい」など、絶望している状況に合わせてください。

「絶望から抜け出すために、正社員になりたい!」という人は、「フリーターからでも正社員になれる!就活のポイントや注意点を紹介」をご覧ください。

絶望しているフリーターにおすすめしたい職種

絶望しているフリーターは、以下の職種に注目してみてください。

・営業職
・介護職
・プログラマー
・トラックドライバー

これらの仕事は、専門知識やスキルがなくても始められます。とくに営業職には、一度経験すると転職する際に実績をアピールしやすいというメリットも。「今すぐ正社員になれれば職種は何でも良い」と考えず、「キャリアアップはできるか」「昇給は期待できそうか」など先のことも考慮して仕事選びをしましょう。

ブラック企業には気をつけよう!
「フリーターの立場で会社は選べない」という姿勢でいると、ブラック企業に入ってしまう恐れがあります。経歴に自信がなくても、許容できる残業時間やどのような雰囲気の会社が良いかなどは、あらかじめ考えておきましょう。自分の思うブラック企業の定義を明確にしておくことで、自分に合わない会社を避けられます。

絶望中のフリーターが就職を成功させる方法

現状に絶望しているフリーターが就職を成功させるには、早めに行動してしっかり選考対策をすることがポイントです。以下で詳しく解説するので、ぜひ試してみてください。

1.すぐに行動に移す

フリーターでいることに絶望を感じているなら、すぐに行動に移しましょう。じっとしたままでは、絶望している状況は変わりません。「やりたい仕事なんてない」「転職者に勝てるスキルや実績がない」とネガティブに考えていると、行動する気力も失せてしまいます。就職支援サービスに登録したり、求人に応募してみたりすると、そこまで絶望する必要がないと感じられる場合も。絶望する期間を長引かせて、これ以上自分を苦しめないために、すぐに動き出しましょう

2.仕事の希望条件を決める

仕事を探すときは、希望条件を探しましょう。希望する勤務地や職種、福利厚生などを決めておくと、求人が見やすくなります。「とくに希望がない」というフリーターは、「何をしたくないか」という視点から考えてみるものおすすめ。最低限避けたい仕事を考えることは、自分の希望を知るきっかけになります。

3.面接対策する

面接は事前に対策をして、本番で自分の良さを存分に知ってもらえるようにしましょう。回答をしっかり準備して面接の練習を繰り返せば、面接本番は自信を持って堂々と答えられます。堂々とした態度で面接に臨めば、企業が持つフリーターのマイナスイメージも払拭できるでしょう。絶望を感じたまま面接を受けると、それが面接官に伝わり、採用を避けられる可能性があるので注意してください。

4.就職支援を受ける

就職を成功させたいフリーターは、ハローワークや就職エージェントなどの就職支援を受けましょう。ハローワークには相談員がおり、就職や現状の悩みを相談したり、求人を紹介してもらえたりします。就職エージェントは、求人紹介から就職後のフォローまで一貫したサービスを実施。絶望して大きな不安を抱えているフリーターには、手厚いサポートが受けられる就職エージェントの利用をおすすめします。

フリーター向けの就職支援を受けたい人は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーターなどの若年層の就職支援に特化したエージェントです。未経験歓迎や学歴不問の求人を多数用意しています。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

関連タグ