要チェック!第二新卒の自己PRとは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 要チェック!第二新卒の自己PRとは?

公開日:

最終更新日:

◆しっかりアピールしよう!社会人の基礎

第二新卒が転職する場合、自己PRが非常に重要です。
第二新卒は新卒と年齢はあまり変わりませんが、正社員として働いた経験がある点において大きく異なります。そのため面接や履歴書において、新卒のように熱意や意欲をアピールするだけでは十分とはいえません。
最もアピールする必要があるのは、社会人として働く基礎を習得済みであることです。
企業が第二新卒を採用するメリットを考えれば、その理由が分かります。新卒を採用した場合、ビジネスマナーなどを一から教えてなければなりません。研修費や教材費などの費用がかかりますし、先輩社員の手を煩わすことも多いでしょう。
また新卒がすぐに辞めた場合、教育にかけたコストや時間は無駄な投資になってしまいます。
企業は当然そのようなリスクを減らしたいと考えています。そのため、すでに社会人の基礎を身に付けている第二新卒に魅力を感じるのです。
逆にいうと、第二新卒が企業に採用してもらうための最低条件ともいえるでしょう。
企業にとって、教育が必要なら新卒を雇うメリットの方が大きいからです。
第二新卒はそれを理解したうえで、自己PRをしなければなりません。第二新卒は社会人の基礎を習得済みなので、すぐに仕事を任せられることをアピールしましょう。

◆スキルと知識に拘り過ぎない!ポテンシャルも大事

同じ第二新卒がたくさんいる中で、自分を採用してもらうためには、他者より秀でている点を自己PRしなければなりません。たとえば、リーダーに抜擢された経験や売上でトップになった実績などがあると、アピールしやすいです。
その他にも、習得したスキルや知識があるなら伝えましょう。
しかし第二新卒は、いくら社会人経験があるからといっても、ベテラン社員のようなスキルや知識を持っているわけではないですよね。企業もそれを分かっているので、スキルや知識が少ない場合でも、自信をなくしたり誇張したりする必要はありません。
採用した第二新卒は、あくまでも若手社員です。長期的な視点では、幹部候補などの優れた人材になるように育成していこうと考えています。
そのため、スキルや知識に固執しすぎるより、ポテンシャルを示した方が効果的であることが多いです。
経験豊かな転職希望者より採用したいと思ってもらうには、今後成長できる伸びしろや柔軟性を見せることが大切です。
どういう人材が求められているのかを把握したうえで、どのようにキャリアアップしていきたいかを話すと良いでしょう。

◆転職理由を自己PRにする方法

転職理由は、答え方によってはマイナスの印象を与えてしまいます。どれだけ社会人経験やポテンシャルをアピールしても、短期間で会社を辞めるという事実は覆せません。
その理由をしっかり話せなければ、他の自己PRがすべて台無しになってしまう恐れがあります。
転職するということは、現在の仕事や職場に何かしらの不満があるということでしょう。しかし、そのまま伝えてしまうと、不満を持ちやすい性格である印象を与えてしまいます。
採用しても同じ理由で辞めてしまうのではないかと懸念されるのです。
そこでオススメなのは、不満を前向きな表現に変えて伝える方法です。
たとえば、営業が忙しすぎることに不満を持って転職するなら、『真心を込めて、お客様一人ひとりに丁寧な説明をしたいから』と言い換えると良いでしょう。
このように変換すれば、マイナスの印象を与えることなく理由を伝えられますし、自己PRにもなります。

第二新卒にとっては、新卒と転職希望者の両方がライバルです。新卒にはない社会人経験と転職希望者に勝るポテンシャルをアピールしなければなりません。難しく感じる場合はハタラクティブを利用すると良いでしょう。第二新卒の効果的な自己PRについてアドバイスをしています。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ