退職理由はポジティブに!円満に退職するための方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職理由はポジティブに!円満に退職するための方法

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・よくある退職理由は、給与が労働に見合わない、人間関係が悪い、残業が多いなどがあげられる
    ・退職申告をする時は、引き止められても迷わないよう意思を強く持ち、相談という形で直属の上司に伝える
    ・退職願は必須ではないが、退職届は多くの会社で必ず提出することが求められている
    ・転職活動では企業ニーズを意識して退職理由を伝えると良い
    ・退職するまでの間に引き継ぎや挨拶を済ませておこう

会社を辞めたいと思った時、退職理由の伝え方で迷ったことはありませんか?退職を願い出ても受理されないのでは…引き止められたらどう断ろう…と不安を抱く人もいるでしょう。
退職理由の伝え方は、円満な退職や理想の転職に繋がる大切なポイント。
今回は、会社を円満に辞めたい時の退職理由の伝え方のほか、退職願と退職届の違い、転職活動で転職理由を話す時のコツ、退職までにするべきことなど、退職に関わる情報をまとめました。

◆これが本音の退職理由

円満に退職するためには「退職理由の伝え方」が重要です。
本音をそのまま退職理由として伝えてしまうと、条件の改善を理由に引き止められたり、退職するまでの人間関係が悪化したりすることも。
退職意思の伝え方のコツを知る前に、一般的にはどのような退職理由が多いのか確認しておきましょう。

・給与が不満
・人間関係が悪い
・残業が多い
・思っていた仕事と違った
・社風と合わない
・社長や上司との考え方が合わない
・仕事にやりがいがない
・会社に将来性を感じない

このように、待遇面や労働環境に不満を抱き、退職を決意する人が多いようです。
中には、結婚や出産を期に退職しようと考える方や、家族の介護、身体的に現職場での労働が難しくなったという人もいます。
このケースでは正直にそのまま退職理由として伝えても問題がないので、安心して上司に相談すると良いでしょう。


◆円満退職したい人はこう伝えよう!

では、退職理由はどう伝えれば円満に辞められるのでしょうか。

まず気をつけたいのは、「退職します」と“宣言”と捉えられる内容で話を持ちかけてしまうこと。
契約をして働いている以上、一方的に雇用を打ち切ることはできません。
退職意思を固めていても、あくまで“相談”の形で持ちかけ、話し合いをしましょう。

退職したいと思ったら、最初に直属の上司に伝えるのがマナーです。
先に同僚や先輩などに伝えてしまうと情報が漏れ「上司なのに部下の状況を把握していない」と上司の立場を悪くしてしまう可能性があります。

また、先にも触れましたが、本音であっても不満を言うのはやめましょう。
解決案のない不満は相手を不愉快にさせるだけで、お互いに良いことはありません。
嘘は良くありませんが、本音の退職理由はポジティブな内容に変換するのがコツ。
たとえば、職場環境に辛さを感じる場合は「新しい環境で自分を試したい」、昇給や昇格、仕事内容に不満がある時は「〇〇の専門知識を身につけたい」など、前向きな退職理由に変えましょう。

もう1つ事前に対処を考えておきたいことは、退職理由を伝えた後の引き止めについて。
特にキャリアチェンジなどを退職理由として伝えると、「別の部署に異動できるようにする」「給与アップ」といった待遇の改善や「あなたが居なくなったら困る」と人材の価値を訴えられることはよくあります。
つい検討したり情に流されたりしがちですが、一度退職を決意したらブレない意思を強く持つことがスムーズに退職を進めるポイント。
一度結論を保留にしてしまうと、そのまま退職を先延ばしにされてしまうケースもあります。
本当に自分の理想を実現できる提案ではない限り、確固たる意思を持って退職を伝えられるようにしましょう。


◆「退職願」と「退職届」の違い

上司に退職相談をして受け入れられたら、退職願または退職届を提出する必要があります。

退職願とは、「会社に退職を願い出るための書類」です。
退職相談が退職願の役割を果たしていケースもあるので、絶対に提出しなければならない書類というわけではありません。
ただし、退職願を提出すれば、退職を願い出たことの証明になります。口頭で伝えただけでは不安、という人は提出しておくと良いでしょう。

一方、退職届とは「会社に退職を届け出る書類」のこと。
多くの企業では、退職が確定したら必ず提出することになる書類です。
退職手続き上、提出先は上司ではなく、人事部や総務としている企業もあります。
会社規定の形式で提出を定めている企業もあるため、退職相談時に確認しておくと良いでしょう。

記載する内容は、どちらも「退職の願い出(申告)」「日付」「所属部署名」「自分の氏名と印」「宛名」が一般的。
退職理由についても両方とも「一身上の都合」で大丈夫です。


◆転職活動での退職理由の話し方

転職活動においても、退職理由を本音で伝えるのは避けましょう。
前職の愚痴や批判は、採用担当者に「入社後に同じ不満を抱かれるかもしれない」と不安を抱かせてしまいます。

応募先企業に退職・転職の理由を聞かれたら、勤め先に伝えた時と同様、前向きな表現に置きかえてください。
ただし、上司に申告した時のように漠然とした理由では印象アップには繋がりません。
「応募先企業のニーズに沿った理由にすること」を意識して作成しましょう。

たとえば、ノルマがきつくて退職した場合は「お客様1人1人と向き合う仕事がしたい」、人間関係に悩んで転職を検討したのなら「チームプレーで仕事がしたい」という具合です。
病気や介護が退職・転職理由の場合は、現在は仕事に支障が出ない旨を伝えましょう。
事実を偽るとトラブルのもとなので、正直に答えてください。


◆退職までにやるべきこと

転職先が決まり、退職申告をしたら次に考えるのは退職日までの過ごし方。
退職日が決まったからといって、それまでの間ただ通常業務をしていれば良いわけではありません。
ここでは、退職日が決まってから実際に辞めるまでの間、何をすれば良いのかお伝えします。

・引継ぎ

退職日が決まると後任者が選定され、これまで行っていた業務を全て引き継ぐことになります。
引き継ぎにかかる時間は1~3ヶ月程度が一般的。
マニュアルがあると比較的スムーズに引き継げ、退職後も問題なく業務を遂行しやすくなります。もしマニュアルがない場合は、作成する必要が出てくるケースもあるでしょう。

・取引先など外部でお世話になった人への挨拶

取引先など、外部で関わりのあった人への挨拶は忘れないようにしましょう。
退職日の2~3週間前を目安に、後任者を連れて直接挨拶に伺うのがマナーです。
もし、現在は関わりが薄くなっているなどの理由で、直接挨拶する機会がない、という場合はメールや書面でも大丈夫。
その際は、退職年月日とこれまでのお礼、後任者の紹介を忘れずに書き添えておきましょう。
文面での挨拶は、退職日の1~2週間前に送ります。

・社内でお世話になった人への挨拶

退職日当日になったら、社内でお世話になった方へ挨拶をします。
お礼の気持ちとして、挨拶と一緒に1,000~3,000円程度の菓子折りなどを配ると好印象。
基本的には、最初に直属の上司、次に他部署、自部署、同僚…という順番で挨拶をするのがマナーです。
しかし、相手が不在のケースやデスクの配置によっては順番通りに挨拶できません。順番にこだわりすぎず、気持ちを込めて挨拶することが大切です。

・健康保険証や社員証の返却

会社の備品全般、社員証、制服、定期券、名刺などは最終日に全て返却します。
社会保険は会社で加入しているのが一般的。会社を辞めれば社会保険も脱退することになるので、保険証は返却してください。

・年金手帳、雇用保険被保険者証の受け取り

逆に退職日当日に会社から受け取らなければならないのは、年金手帳や雇用保険被保険者証。
これらは転職先に提出する書類です。忘れずに受け取りましょう。
離職票や源泉徴収票も転職先に提出する必要がありますが、手続き上、後日郵送で送られるのが基本となっています。


円満退職するための方法や転職活動時の退職理由の伝え方、退職日が決まってからの過ごし方などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
退職をしてから転職活動をするべきかお悩みの方は、できれば次の転職先を決めてからがおすすめです。
転職活動で不安なのは、収入が途切れることや、ブランクがあいてしまうケース。転職活動が長引くほど不安は強くなり、選考に悪影響を及ぼします。

ハタラクティブでは現在お勤め中の方も無理なく転職できるよう、スケジュール調整を代行。これまでの経験をどう活かせば理想の転職ができるのかも、親身になってアドバイスしています。ぜひ一度お問い合わせください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ