就職したらイメージと違った!ミスマッチを防ぐ方法とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したらイメージと違った!ミスマッチを防ぐ方法とは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ミスマッチの内容は、人間関係が悪い、仕事が合わない、勤務条件が違うなどさまざま
    ・入念な企業研究を行ってミスマッチを防ごう
    ・OB訪問を行って、文字情報からは得られないことを聞くのも効果的
    ・ミスマッチかも…と思ったら社会人経験が豊富な人に相談しよう

よくある退職理由のひとつに、「イメージと違った」が挙がるように、多くの方が経験している就職後のミスマッチ。
ミスマッチはなぜおこるのでしょうか?
当コラムでは、就職のミスマッチについてまとめています。
よくある原因から、ミスマッチを防ぐ方法、企業を選ぶ際のポイントまで解説。
現在働いている企業が合わなくて転職をお考えの方や、自分に合った企業を見つけたい方は参考にしてみてください。

◆就職後にミスマッチが起こる原因は?

ミスマッチとは、新入社員が入社後3年以内に離職すること、と定義されています。
ミスマッチが起こる原因は人によってさまざまですが、代表的な原因は以下となっているようです。

【人間関係が悪い】

人間関係は、実際に入社してみないと分からないことも多い要因。
能力や保持スキルによるミスマッチではなく、個人の価値観や特性、ビジョンが違うことから起きることの多い事例です。
部署同士の仲が悪いなど、入社前には気づけないケースもあるようです。

【仕事内容が合わない】

採用選考資料やホームページに載っていた仕事内容と実際に行う内容が違っていたり、イメージと異なっていたためミスマッチが起きてしまうようです。
企業によっては都合の悪い内容を記載しないケースもあり、ミスマッチに繋がる要因となります。

【残業が多い】

上記の仕事内容と同様に、提示されていた内容と違って残業が多かったためミスマッチ…という事例もあるようです。
休日出勤や、制度があっても有給が取れないなど、勤務条件が求人内容と違う場合もあります。

【賃金の条件が悪い】

給与に関しては、求人票などに明記している企業が多いものの、ミスマッチになるケースも。
同業他社に比べて賃金が安かったり、手当や残業代が付かないなど、理由はさまざまです。


◆ミスマッチを防ぐ方法

では、ミスマッチを防ぐ方法はあるのでしょうか?

ミスマッチを防ぐためには、入念な企業研究が大切です。
入社後3年以内の離職は大きな損失となるため、企業も避けたいこと。
そのため、より透明度の高い情報や、自社にとって不利な情報を公開する企業もあります。
入念に企業研究を行い、仕事内容や社風、給与はどうなっているのかを知ることが、ミスマッチを防ぐ方法といえるでしょう。

しかし、文字だけの情報では限界があるため、新卒の場合はOB・OG訪問をすることもポイントです。
勤務している人の意見や情報を得られるほか、社員が勤務する様子やオフィスの雰囲気を確認できることも。
ウェブサイトの情報だけでは分からない内容を聞くこともできるため、ミスマッチを防ぐには有効な方法です。


◆企業選びの相談はハタラクティブへ!

今の会社、ミスマッチかも…と思ったら、誰かに相談することをおすすめします。
特に、自分よりも社会人経験の豊富な人に相談すると、解決法などを指南してくれる場合も。
社内に相談できる人がいない場合は、他の企業に就職した大学時代の先輩などに相談してみてもいいでしょう。

知り合いに相談しづらい場合は、エージェントに相談してみるのはいかがでしょうか?
転職エージェントのハタラクティブには、親身に相談にのってくれるアドバイザーが多数在籍。
ミスマッチを防ぐ方法を知っていても、自分にぴったりの企業を選べるか不安…という方もご利用ください。
あなたの悩みや希望条件に合わせた求人を紹介して、転職をサポートしています。
内定後も定期的に連絡するので、困ったことがあれば相談できるのも魅力です。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ