第二新卒の自己PRで企業が重視する点とは?

第二新卒の自己PRで企業が重視する点とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・社会人経験と将来性が期待できるのが、第二新卒の強み
  • ・基本的なビジネスマナーやスキルはしっかりとアピールしよう
  • ・熱意や向上心を示して、「またすぐ辞める」と思わせないアピールをすることが大切
  • ・転職理由はネガティブは表現は避け、これからどうしたいかを明確にしよう

新卒で入社した企業から、数年以内で新たな仕事を探す方を指す「第二新卒」。
近年は第二新卒を積極的に採用する企業もあるようですが、第二新卒は新卒や中途採用とどう違うのでしょうか?
当コラムでは、第二新卒ならではの強みや、企業が第二新卒に対して期待するポイントを解説。
効果的な自己PRの内容も紹介しているので、第二新卒として転職を考えている方は参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

第二新卒のアピールポイント

そもそも第二新卒とは、「学校を卒業して新卒として入社した経験があるが、すぐに転職先を探す求職活動をしている人」を指します。
一般的に、入社から3年以内に求職活動をしている方を指すことが多く、25歳前後の方が当てはまります。

第二新卒の強みとして、新卒に比べて社会人経験があることや、中途採用社より若い年齢が多いため将来性が期待できる、といった点が挙げられます。
企業からすれば、社会人経験があるため基本的なビジネスマナーなどの教育を省くことができ、吸収力の高い若い年代を獲得できるメリットがあるため、積極的に採用を行うケースもあるようです。

企業がチェックしているポイント

企業が第二新卒の採用の際にチェックしているポイントとして、基本的なビジネススキルやマナーがあります。
第二新卒は社会人経験があるため、ビジネスパーソンとして基本的なマナーは必須。
人柄や熱意にも注目しているようです。
また、今後の成長性もチェックしていることが多く、今後どれだけ自社で伸びていくかというポテンシャルに重点を置いているケースも。
一方、これまでの仕事に対する実績については、あまり重視しないこともあるようです。

さらに、採用したあと長期的に働く人材なのかをチェックする企業も。
せっかく採用したのに、次もすぐに辞めてしまわないか、という点が企業にとって重要なため、熱意を持った自己アピールをすることが大切です。

第二新卒の自己PRの鍵

第二新卒の自己PRのポイントを解説します。

できることを具体的にアピール

社会人経験がある第二新卒は、できることを具体的にアピールすることが大切です。
営業であれは売上金額◯円、達成率◯%、企画や事務であれば具体的な仕事内容や担当範囲など。
ただ、就業期間が短いと実績もないため、その場合は訪問件数などを示してもいいでしょう。

ビジネススキルのアピール

第二新卒を採用するメリットとして、既に基本的なビジネススキルが身についているから、という理由があります。
そのため、エクセルでは◯◯、パワーポイントでは◯◯など、スキルも具体的にアピールしましょう。

失敗体験もアピール

成功体験はもちろん、失敗体験もアピール材料になります。
失敗経験をアピール材料にする場合は、要因分析をしっかりと行い、ゴールはなんだったのか、具体的な行動、結果を明らかにし、そこから学んだことや反省点をしっかりと定義づけることが大切です。

上記以外にも、向上心を伝えるために、日頃から心がけていることや勉強していることをアピールするのもいいでしょう。
また、将来の目標を伝えることで熱意も伝わりやすく、入社後をイメージしやすいというメリットもあります。

転職理由を聞かれたら?

第二新卒に関わらず、転職する人のほとんどが聞かれる転職理由。
特に第二新卒は、「採用してもまたすぐに辞める可能性がある」ため、転職理由としてネガティブな回答は避けたほうがいいでしょう。
「嫌だから」「自分に合わないから」といった内容ではなく、自分が至らなかった点や反省点を踏まえ、これからどうするかを前向きに答えましょう。

しかし、一人で転職理由を考えるのは大変です。
そんな方は、20代に特化した転職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブでは、就職のプロであるアドバイザーが面接対策をしっかり行っています。
具体的なフィードバックも実施しているので、自分でも納得できる面接の受け答えの準備が可能。
また、面接などの日程はアドバイザーが代行して調整するため、就業中の方でも無理なく転職活動を進めることができます。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細見る

  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

第二新卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION