第二新卒が転職に成功するための面接対策

第二新卒が転職に成功するための面接対策の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

志望動機を明確にする

第二新卒の就職活動で、多くの方が心配されるのは、一度会社を辞めている経験が、企業からするとマイナスなイメージになってしまっているのではないかという点です。
しかし、「新卒のみ採用」などの条件さえなければ、転職活動そのものがマイナスに捉えられるとも限りません。
むしろ、中途採用に積極的な企業では、第二新卒の方をはじめとする志望者に、新卒では身についていない要素を求めているのです。
その要素をアピールするためにも、まずは志望動機を明確にし、整理した言葉にしておきましょう。
社会人経験者であれば、自分の適性分野を自己分析できているという前提で、採用担当者は接してきます。自己分析が正確に行なえている人間なら、確固たる動機をもって志望する企業を選んでいるはずなので、面接でも志望動機についての質問時間を割かれるケースも多くあります。
熱意を見せるのは重要ですが、第二新卒では、勢いだけでなく合理的な回答が求められるので、きっちりと用意しておくことをおすすめします。

社会経験を態度で示す

では、「新卒にはない要素」を具体的に挙げていきましょう。
まずは、「社会経験」です。例えば、電話対応のマナーや、取引先との接し方、言葉遣いなどの社会常識を一から教える手間がないことが、第二新卒の人材を採用するメリットになります。
礼儀作法の教育にかける時間を大きく省き、即戦力の正社員としての働きが第二新卒などの中途採用者には求められることも多いのです。そのため、面接時には、これらの社会常識が身についているかが面接官に注目されるポイントとなります。
ドアをノックする回数、ドアを閉めるしぐさ、お辞儀の美しさなど、一挙一動に対する視線は、ある意味で新卒の志望者よりも厳しいと心がけたほうが良いでしょう。
面接対策として、自身に正しいマナーが備わっているか、誰かとシミュレートするなどして確認しておいてください。

自分の「強み」をアピールする

次に求められる「新卒にはない要素」は、はっきりとした「強み」です。
新卒の社員であれば、仕事を覚えることに必死で、自分の得意分野も見極められない段階の人が少なくありません。
しかし、第二新卒であれば、前の企業での仕事を通して、自分の強みを理解したうえで、より強みを生かせる企業に転職を志望しているのだと考える面接官もいます。
そのため、第二新卒の転職活動者は「やりたいこと」以上に、自分の「できること」や「得意なこと」を明確にしておく必要があるでしょう。
ここで気をつけたいのは、「やる気」や「心の強さ」といった精神論を持ち出さないほうが得策だということです。そういった気持ちの部分は、目に見える指標がないうえ、社会人経験者であれば備わっていて当然だと企業は考えるでしょう。それよりも、「技術」や「資格」、あるいはこれまでの経験で成し遂げた「成果」などを、具体例とともに答えられるようにしておきましょう。

ここまで第二新卒の面接対策を書いてきましたが、それでも、自分のことが分からない、企業への思いを言葉にするのが難しいという転職活動者の方々は多いと思います。ハタラクティブではそんな第二新卒のみなさんの適性をカウンセリングによって明確にし、ご希望の職種、業界への転職をサポートしています。まずは、お気軽にご登録してみてください。

この記事に関連するタグ