転職回数が多いと不利になる?その理由や強みとして伝えるポイントを紹介

転職回数が多いと不利になる?その理由や強みとして伝えるポイントを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 転職回数が多いと「長続きしない」「忍耐力がない」と思われ不利になる可能性がある
  • キャリアに一貫性があり意欲的な転職であれば、回数が多くとも不利にはならない
  • 転職回数を強みにするためには、経験・スキル・キャリアプランなどを伝えることが大切

「転職回数が多いと不利になるのだろうか…」と不安になっている方はいませんか。実際に、日本の企業では転職回数が多いと不利になると考えられているのが現状です。このコラムでは、転職回数が多いと不利になってしまう理由を考察。一方で、転職回数が問題にならないケースについても触れています。また、転職回数を強みにするポイントも紹介しているので、回数が気になっている方は、ぜひ当コラムを参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職回数が多いと不利な理由

日本の転職市場では、転職回数の多さはプラスの要因になりづらいようです。転職回数が多いと不利と考えられている理由とは何なのでしょうか。

就業期間が短いと「長続きしない人」「忍耐力がない」と思われる

企業側は、長く働いてくれそうな人材を求めています。転職回数が多いと「仕事を覚えてもまた辞めてしまうのでは…」という先入観を持たれてしまう可能性も考えられます。

充分なスキルが身についていないと思われる

「1社あたりの在職期間が短いと業務経験も浅い」と判断されやすい点も転職に不利な理由として挙げられるでしょう。

〇回以上は書類選考を通過させないという企業もある

あまりにも転職回数が多いと、企業側から信用されない場合もあります。「またすぐに転職してしまうのでは?」と思われてしまう可能性も。よって、転職回数に上限を設けている企業もあるようです。転職回数が多いと判断される基準は、年齢や学歴などによってさまざま。企業によっても異なるため一概には言えませんが、20代は3回以上になると多いと判断される傾向にあるようです。「転職回数が多いと不利になる?面接や履歴書で強みをアピールするコツ」のコラムでは、転職回数の基準や数え方について紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

以上のような理由から、企業側は業務を通しての貢献度を懸念して転職回数が多い人の採用を避けていると考えられます。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職回数が不利にならないケース

しかし、企業や業界によっては、転職回数の多さを問題視していないところもあります。また、以下のようなケースでは、転職回数が多くとも不利にはならないでしょう。

キャリアに一貫性がある

転職回数が多い場合でも、目的意識をもって仕事に取り組んだことをアピールできれば問題ありません。

意欲的な転職である

高い目標を持ち続け、転職することでキャリアアップを目指している人もいるでしょう。同じ業界や職種であれば、積極的な行動力に好感をもたれることも考えられます。

仕事の経験が豊富である

転職回数が多いということは、仕事の経験が豊富であるとも捉えられます。専門的な知識やスキルを兼ね備えている場合は、即戦力としての活躍も期待されるでしょう。今までの経験をアピールするコツを知りたい方は「転職回数が多いのは不利?経験を上手にアピールしよう」のコラムにて紹介しているので、参考にしてください。

これからやりたいことが具体的にイメージできていればOKという意見も

企業側は、あなたが入社することでどんなメリットがあるかを判断しています。取り組みたいことや活かせるスキルを明確に伝えられると、採用側は活躍するイメージをしやすくなるでしょう。

また、業界によっては複数回の転職が当たり前という場合もあります。自分がなぜ転職したいのかを振り返り、過去の経歴から活かせる強みを見つけましょう。

転職回数を強みにするポイント

転職回数の多さをマイナス評価にさせないためには、自分のスキルを客観的に分析することが大事です。

それぞれの転職で得た経験やスキルを伝える

転職を重ねたからこそ、広い視野で仕事に携われるスキルを持ち合わせていることをアピールしましょう。

明確なキャリアプランを説明する

転職活動では目的意識がしっかりしていることが大切です。これからどうしたいのか、明確なキャリアプランを伝えましょう。自分なりのビジョンをもち、筋道をしっかり立てて説明すると好印象に繋がります。

なぜ転職したのか理由を説明できるように

その場しのぎの回答は避け、転職の理由を明確に答えられるように準備しましょう。転職理由では、腰を据えて働いていきたいという前向きな姿勢を表現することをおすすめします。転職理由をうまく説明できるか自信がない場合は、「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」のコラムでポイントをまとめていますので、併せてご覧になってください。

転職回数の多さと自分のセールスポイントを関連付け、その根拠を交えながら企業側に興味を持ってもらえるようアピールに繋げましょう。

転職回数の多さを気にしている方は、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層に特化した就職・転職支援サービスです。ハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーがあなたの担当となり、転職回数を不利にさせない転職活動をお手伝いします。転職への不安を取り除き、どのようなキャリアを進んでいきたいかをヒアリング。また、ポイントを押さえた応募書類の作成、本番を意識した模擬面接、面接日や入社日の調整など、細部まで注意を払いながら効率的な転職活動をサポートします。

転職回数の多さに対して引け目を感じる必要はありません。ハタラクティブにて、希望に合った転職先を勝ち取りましょう!

この記事に関連するタグ