第二新卒とは?具体的な定義とセールスポイントを確認

第二新卒とは?具体的な定義とセールスポイントを確認の画像

この記事のまとめ

  • 大学卒業後に就職するも、1~3年で辞職した25歳くらいの求職者を第二新卒という
  • 第二新卒はビシネスマナーが身に付いているので、企業にとっては教育コストがかからない
  • 前職を短期間で辞めているため、またすぐに辞めるのではと思われがち
  • 能力や経験よりも、人柄やポテンシャルが重視される

近年、転職市場において、すっかり定着した「第二新卒」という言葉。
新卒とは一線を画するカテゴリーだということは分かりつつも、第二新卒の定義を明確に把握している人は多くないと思われます。
具体的にどのような人々を表す言葉なのか、自分は該当するのか、ということに関して不透明なままにせず、一度きちんと確認してみましょう。把握しているつもりの方でも、確認してみると意外に誤っているかもしれません。

まずは、第二新卒の定義を確認。そのうえで、転職をより良いものにするため、市場価値や転職対策などを探っていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒の定義

第二新卒の基準となるポイントについて、下記にまとめてみました。
自分の立ち位置も含めて確認していきましょう。

・大学卒業後に就職したものの、数年以内に離職し、求職活動を目指す人のこと
・学校を卒業後1~3年以内の若年求職者のことを指す(25歳前後)
・短期間であっても、一度は社会人経験があるため、新卒とは区別される

これらのことから、第二新卒とは「大学卒業後に就職したが、1~3年で離職し求職活動している人」ということが分かるでしょう。
また、年齢はおおよそ25歳くらいまでを指しています。

第二新卒の採用ポイント

第二新卒は転職市場で引く手あまたと言われているようですが、どのような理由からでしょうか。
新卒との顕著な違いは、社会人経験があるということ。つまり、理由があるとすれば、数年の社会人経験があるということかもしれません。では、数年の社会人経験がプラスとなる具体的な内容を見ていきましょう。

・最低限のビジネスマナーが身についているので、新卒に比べて教育コストがかからない
・社会経験が少ない分、固定観念が希薄で柔軟性がある
・社会経験と若さを兼ね備えているので、新卒や中堅に比べて適応能力が高い

これほどのメリットがあるならば、企業が第二新卒を欲することにも合点がいきそうです。
しかし、デメリットをはらんでいることにも目を向けた方がいいでしょう。次の項で詳しく見ていきます。

採用ポイントを押さえた対策が必要

第二新卒を採用することのメリットは明らかになりましたが、一方でデメリットもあるようです。
第二新卒は短期間で前職を辞めていることで、「うちもすぐに辞めるのではないか」という目で見られる可能性があります。

デメリットを払拭するには、まず、離職した理由・自分の弱み・失敗した原因を自己分析し、今後どのように改善していくかという意識を持つことが大切です。そのうえで採用担当者に向き合い、反省と意欲を言葉にできれば企業側の見る目が変わるかもしれません。

社会人経験があるとはいえ、スキルや経験値は不十分なのも事実でしょう。そこで、スキルよりもポテンシャルをアピールすることに徹すると、良い結果がもたらされる可能性があります。自分の立ち位置を冷静に見つめ、判断することが大切といえるでしょう。

第二新卒の方は、新卒に比べて求人情報が得づらいと思われます。その場合は、転職エージェントを利用するのも良案です。
「ハタラクティブ」では第二新卒向けの求人情報を提供することから、履歴書の書き方や面接対策まで、細やかにサポート。経験豊富なアドバイザーが、第二新卒の転職をお手伝いします。まずは、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ