仕事を逃げたい原因は?「つらい」「怖い」と思った際の対処法も紹介!

仕事を逃げたい原因は?「つらい」「怖い」と思った際の対処法も紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・うつ病になったり体調を崩したりする前に逃げたい仕事からは逃げて良い
  • ・人間関係や過度なプレッシャーは仕事から逃げたいと思わせる原因になる
  • ・仕事から逃げたいと思ったときは誰かに相談するのもおすすめ
  • ・仕事から逃げたいときはプライベートを充実させるのも良い方法
  • ・仕事から逃げる前に転職エージェントに相談しよう

「つらい仕事から逃げたいけれどどうして良いか分からない」と悩んでいる方も大勢いるのではないでしょうか?
仕事から逃げることは悪いことではなく、転職して環境を変えるのも良い方法です。
このコラムでは、仕事から逃げたくなる原因や、そうなったときの対処法を紹介します。今後の社会人生活を楽しいものにしたいと思っている方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

逃げたい仕事からは逃げて良い?

仕事から逃げたいと強く思った場合、理由によっては逃げるのも一つの手です。
特にパワハラやセクハラなどのハラスメントに苦しめられていて、自分ではどうにもできないときは、仕事を離れるのも仕方ないでしょう。
また、パワハラなどが原因で会社側に非がある場合は、損害賠償請求をして賠償金を受け取れるケースもあります。一人で悩まずに周りの人に相談することも大切でしょう。

仕事から逃げて良い理由

仕事から逃げ出して良い理由は、会社は社員の人生の責任までとってくれないからです。
本人がどれだけ苦しんでいても、自分にしか分からないことは多く、家族でもない限りは他人事と考える人がほとんどです。心配しているようにみえても、「甘い人間」「やる気がない人」「根性のない人」などと思われていることもあります。万が一無理をして働いて心身に不調が起きても、会社は面倒を見てくれないでしょう。

過労によって休職するときは健康保険の傷病手当金を受け取れることがあります。手当を受けられれば、休む際のお金の心配を軽減できるので健康保険組合などで確認しましょう。

仕事から逃げたいと思うのは自分の甘えでは?と悩んでいる方には、仕事を投げ出したくなる理由などが書かれているコラム「仕事から逃げたいと思うのは甘え?悩んだときの対処法をご紹介」を参考にすることをおすすめします。

仕事を辞めても良いのはどのような場合か知りたい方は、退職する判断基準について紹介しているコラム「仕事を辞めるのは逃げ?退職しても良いときは?辞め癖の克服方法も解説!」をチェックしてみてください。

仕事から逃げたいと感じる6つの原因

仕事から逃げたくなってしまうのにはいろいろな理由がありますが、以下で主な原因を6つ紹介します。

1.仕事量が多すぎる

どんなに好きな職業でも、仕事量が自分のキャパを超えてしまい、その状態が継続すれば逃げたくなってしまいます。締め切りに追われて残業する日々が続くと、疲労が溜まって仕事へのモチベーションも下がってしまうでしょう。
周囲がなんなくこなしている仕事を自分がどんなに頑張ってもできない場合は、その業務が向いていない可能性があります。仕事を上手くこなせない場合は、職を変えることを考えても良いでしょう。

2.人間関係が良くない

職場の人間関係は、仕事から逃げ出したくなる大きな要因です。仕事に限らず、学校でもプライベートでも人間関係は人の精神状態に関わる重要な要素。職場に嫌な上司がいたり、周りと上手くコミュニケーションがとれなかったりすると仕事に支障をきたしてしまいます
自分が望んだ仕事に就いたり、第一志望の会社に就職できたりしても、人間関係が上手くいかなくなると退職してしまうのは良くあることです。

3.失敗が続き仕事が怖くなった

仕事でミスが続くと、どんどん自信がなくなり仕事から逃げたくなってしまいます。自分の失敗によりほかの人に迷惑をかけた場合、責任とともに仕事への恐怖を感じてしまうこともあるようです。
「自分はまともに仕事ができないダメな人間だ」「この会社に必要ない人間だ」などと思い込んでしまい、精神が崩壊してしまうケースもあります。

4.プレッシャーに耐えられない

責任ある仕事を任せられたり、上司から頼りにされたりすると、プレッシャーとなり仕事を逃げ出したくなることがあります。
営業などノルマがある仕事に就いている場合は、思い通りに結果がでないと大きなプレッシャーとなり、精神的にも大きなダメージになる可能性が高いです。
プレッシャーの大きさは人によっては異なります。仕事ができる人でも上司から「まだまだできる」と思われて、より責任のある仕事やノルマを課され逃げたくなる方も少なくありません。

5.休みが取れなくて体力がもたない

休日に仕事をしたり、有給を取れなかったりすると、心身の疲労がピークになったとき仕事を逃げ出したくなってしまいます。会社としては有給を取ることを推奨しているのに、「休むとほかの人の仕事が増える」と上司に言われて、仕方なく出勤する方も多いようです。
また、仕事ばかりで家族と過ごす時間がなくなると、逃げ出したいと感じるでしょう。

6.仕事を続ける意味が見つからない

仕事が楽しくないのは当然だと思ってある程度の期間努力して続けたものの、仕事に興味が沸かず続ける意味が分からなくなり、逃げたくなるケースもあるようです。
そのような場合は、今の職種もしくは会社との相性が悪いことが考えられます。

逃げたい仕事ができたときの7つの対処法

仕事を逃げたくなったときには、まずは冷静になって原因を考えて、以下に挙げる7つの対処法の中から自分に合ったものを試してみましょう。

1.仕事を休む

仕事から逃げ出したくなったら、まずは休みをとりましょう。心身ともに疲れている場合、数日間休みや有給をとれないか上司に相談しましょう。精神的にまいっている状態で仕事をしても、気分や体調が回復しないことがあるので注意が必要です。ただし、周りに迷惑をかけないように業務の引継ぎはしっかり行います。

2.異動願いを出す

十分な休暇をとって仕事に復帰しても状況が変わらず、特に逃げ出したい原因が人間関係にある場合は、違う部署への異動を願い出てみることをおすすめします。
人間は環境が変わるだけで気持ちが楽になって、驚くほど仕事にもやる気が出ることもあるようです。

3.誰かに相談する

仕事から逃げ出したくなったら、一人で抱え込まないで誰かに相談することをおすすめします。
上司なら仕事のことを一番分かっているので適任ですが、信頼できる同期や社内の人でも良いでしょう。会社に信頼できる人がいない場合は、家族や気心の知れた友人でもかまいません。相談すれば、あなたのことを第一に考えアドバイスをしてくれるでしょう。
誰かに相談すれば、自分では思いつかないような的確な判断をしてもらえることがあります。

4.プライベートを充実させる

仕事の嫌なことから逃げるには、プライベートを充実させることもおすすめの対処法です。仕事は我慢できないことが多くても、そのあとに楽しいことが待っていると思えれば精神的にも楽になれます
海外旅行など、常に目先に楽しい予定を入れておくと、前向きな気持ちになることもでき、仕事にもメリハリをつく可能性が高まるでしょう。

5.仕事の量を調整する

今の仕事の量が自分のキャパを超えていると感じる場合は、上司に相談して業務量を減らしてもらう、別の仕事に変更してもらうなどの調整をしてもらいましょう
それができない場合は異動願いを出すなど、逃げ出す前に社内でできるがないか検討することをおすすめします。

6.周囲の評価を気にしないように心掛ける

上司をはじめとした周りからのプレッシャーに耐えられなくて仕事を逃げ出したいなら、できるだけ周囲を気にしないのも良い方法です
仕事をするうえで承認欲求は誰にもありますが、無理をして精神を崩壊する前に「仕事は生活のため」と割り切って他人の評価を無視してみましょう。

7.逃げ場をつくっておく

ストレスを抱えたときのために逃げ場をつくっておくのもおすすめです。コーピングリストを用意しておくのも方法の一つ
コーピングとは、ストレスを感じたときに気分を良くするために行う意図的な行動のことです。ストレスの発散方法を事前にリストアップしておき、負担を感じたときに実行することでストレスの爆発を防いでくれます。
例として挙げられるのは、「好きな映画を鑑賞する」「実家の愛犬を思い出す」「料理をする」「ジョギングをする」などです。リスト内にある行動をすることで、仕事から逃げ出さずに気持ちを切り替えられるでしょう。

本当に仕事が辛くてどうしようもないという方には、仕事を辞める前にしてほしいことが書かれているコラム「仕事から逃げたい…そんなとき、どう対処する?」がおすすめです。

頑張っても仕事ができないから辞めた方が良いのでは?と考えている方には、退職する前にやっておくべきことなどが書かれたコラム「仕事を辞めたいときの対処法は?理由別の対策や辞める前の注意点を解説!」をチェックしてみてください。

逃げたい仕事から逃げたあとの2つのリスク

どうしても続けられない明確な理由がないのに仕事を逃げると、後悔する可能性があります。以下で、仕事から逃げて退職したあとに起きる2つのリスクを紹介します。

1.収入がなくなる

仕事を辞めれば、当然給料や賞与を受け取れなくなります。しばらくの間は失業保険でまかなうことも可能ですが、いずれは収入が0になって貯金がなければ路頭に迷ってしまうでしょう。
家族がいれば生活はできるとしても、無職の期間が長くなれば精神的なダメージが多くなり、働く気力も失われていく可能性が高まります。

2.転職活動に悪影響を及ぼす

スキルアップなどのポジティブな転職理由がない限り、仕事から逃げ出した人を歓迎してくれる会社は少ないでしょう。
前職で結果を出している人材なら欲しいという会社はあっても、多くの場合は「採用してすぐに辞めてしまうのでは?」という懸念をもつ可能性があります

仕事を辞めて転職を繰り返すリスクについて知りたい方には、転職の失敗パターンなどが書かれているコラム「転職してすぐ辞めたらどうなる?再転職のリスクとは」をおすすめします。

入社してすぐに会社を辞めるとどんなリスクがあるか知りたい方は、退職して転職を成功させるポイントなども紹介しているコラム「入社してすぐ退職しても良い?保険はどうなる?辞める理由の伝え方も紹介!」をチェックしてみてください。

逃げたい仕事から逃げたあとの転職先の探し方

仕事を逃げたあと転職先を見つけたい方は将来のビジョンを良く考えましょう。以下で転職先を考える際にやるべきことを紹介します。

やりたい仕事を明確にする

会社を辞めてすぐに新しい職場が見つかったとしても、何も対策しないままだと失敗を繰り返してしまう可能性は高いでしょう。
何度も仕事を変えて転職に有利に働くことはあまりないので、再び辞めることにならないよう、自分がやりたいことを明確にします。本当にやりたい仕事であれば、多少つらいことがあっても我慢でき、楽しみながら与えられた業務を行えます
趣味を仕事にするのも一つの方法です。また、仕事に対する自分の価値観を分析すれば、やりたいことが見えてくるでしょう。

仕事に対する条件に優先順位をつける

自分がやりたい仕事が見つけられないときには、職種でなくてもやりたい業務や仕事に対する条件を思いつくだけ挙げて、それに優先順位をつけます。やりたいことや好きなことだけではなく、嫌なことも紙などに書き出してみましょう。
やりたい業務や条件に優先順位をつけて嫌なことを明確にすれば、それが新しい仕事を選ぶときの指針となり、自分の仕事に対する価値観を知ることができます。

将来も見据えた自分の価値観を分析する

これから長く働くことになる職場なので、将来も見据えて自分の価値観に合うか分析しなくてはいけません。
数年後、10年後、20年後に収入がどうなるかは将来に向けてとても大事なポイントで、結婚や家族が増えたときのことも思い浮かべて、自分が想い描く将来のビジョンと職場環境や働き方がマッチしているかも考えましょう

自分が重視することを叶えられる職場であれば、自分の価値観に合っていると判断できます。希望が全てが満たされる仕事を見つけるのは難しいので、優先順位の高い希望内容を実現できる仕事を探すと良いでしょう。

転職エージェントに相談する

自分がしたい仕事を見つけるには、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職のプロなら求職者の希望や条件を聞いて、それに合わせた仕事を紹介してくれます

若年層の就職、転職をサポートしているハタラクティブでは、「つらい仕事から逃げたいけれどどうして良いか分からない」といった相談にも乗り、悩みを聞いてベストな進路を提案します。
転職することを決めた場合は、求職者の適性や要望に合う仕事を見つけて、履歴書などの必要書類の作成や面接対策などにも対応。入職後のフォローもさせていただきます。全てのサービスを無料で利用できるので、まずはお気軽にご連絡ください。

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A