正社員を目指すフリーター必見!履歴書で迷いやすいポイントについて解説

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員を目指すフリーター必見!履歴書で迷いやすいポイントについて解説

公開日:

最終更新日:

・正社員以外の職歴を書いていいの?

フリーターが正社員を目指すなら、履歴書は必ず書かなければなりません。履歴書はなるべく埋めて提出するのがセオリーです。そのため頑張って書こうとしても、多くの人は職歴の書き方で迷ってしまうのではないでしょうか。

『正社員以外の職歴を書いても意味がない気がするけど、アルバイトやパートのことを書かないと職歴欄が空白になってしまう』というジレンマに陥って、履歴書を書く手が止まってしまうこともあるかもしれません。
アルバイトやパートの職歴を書く場合は、正社員の職歴を書く場合と同様に、勤務先の名称や勤務開始日、勤務終了日などを記入してください。
ただしフリーターではなく、学生の頃にしていたアルバイトは記入しないのが一般的です。アルバイトやパートを転々としていて、数が非常に多い場合は書ききれないことがあります。
その場合は、短期間しか働かなかったものを省くと良いでしょう。

・アルバイトやパートも立派な職歴!

アルバイトやパートを職歴として書くことに効果があるのか、疑問に思っている人もいるでしょう。
空白にしておくと、その期間どうしていたのか企業は何も把握できません。遊んでいたと思われたり、面接で厳しく質問されたりする可能性があります。
今の時代、正社員として就職できない人は少なくありません。就職できなかったからといって怠惰に過ごすのと、フリーターとしてアルバイトやパートに励むのとでは、採用担当者に与える心象は大きく異なるのです。

さらにアルバイトのリーダーやパートのチーフを任された経験があるなら、そういったことも履歴書に書いておくと良いでしょう。職場の人を率いた経験は、高く評価されることがあります。
正社員であっても、管理職以外でそのような経験をしている人は少ないのでしょうか。またコミュニケーション能力や責任感、協調性など、働くうえで必須であるものを持っていることをアピールできます。
通常のアルバイトやパートのスタッフから昇進する形で任された場合は、それが分かるように書いてください。向上心をもってフリーターをしていたと解釈され、キャリアップの意志があると印象づけられるからです。

・職歴に統一感がない場合は?

フリーターが履歴書を書いていて、自信を無くしてしまうケースがあります。それは職歴に統一感がない場合です。
アルバイトやパートであっても、同じ職場や分野で長く続けられた場合は、自信を持てることが多いです。就職の面接でも忍耐力があることを示せますし、自分の得意分野についても説得力のある説明ができます。

しかし、フリーターとしてさまざまな職場や分野で働いてきた場合、自分にしっかりした軸がないように思えてしまいます。
企業にアピールできることがないように感じてしまい、落ち込んでしまうことがあるのです。
そんな場合は、もう一度職歴を見てみてください。関連性がないように思える職歴にも共通点が見つかることがあります。
たとえば、どの職場でもパソコンを使用したのではありませんか。もしくは後輩を指導する機会が複数の職場でありませんでしたか。このように探していけば、きっと共通点が見つかります。
履歴書の自己PR欄に職歴の共通点を書いておけば、自分の特技としてアピールできるでしょう。

フリーターが就職しようとすると、履歴書を上手く書けないことが多いです。アルバイトやパートのことも自信をもって職歴に書きましょう。しかし不安が残るようであれば、ハタラクティブを利用すると良いでしょう。安心して就職活動できるようにフォローします。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ