マインドフルネスとは?瞑想をする意味や効果を解説

マインドフルネスとは?瞑想をする意味や効果を解説の画像

この記事のまとめ

  • マインドフルネスは、「今」に心を集中させるための瞑想法
  • マインドフルネスは、ストレス軽減やパフォーマンス向上などの効果が期待できる
  • マインドフルネス瞑想中に雑念が湧いても気にし過ぎないようにしよう
  • 自分だけではマインドフルネス瞑想がうまくできない人は、相談機関も利用してみよう

マインドフルネス瞑想にはどのような効果があるのか、試してみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。マインドフルネス瞑想には、ストレスの軽減や集中力の向上などの効果が期待できるといわれています。このコラムでは、マインドフルネス瞑想のやり方や効果を解説しているので、ストレス軽減やパフォーマンスを向上させたい方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、健全で強い心をつくるために行う瞑想法です。今この瞬間の目の前の体験に心を集中させた状態、また、その状態に至るまでの過程を指します。
もともとは仏教の瞑想法に由来されるものが、西洋に横断。宗教的な部分を含めず心理学を取り入れ、逆輸入された形で広まりました。

マインドフルネスはどんなときにするべき?

マインドフルネスは、以下のような状況に陥ったときに役立ちます。

・過去にされた嫌なことを思い出して引きずってしまう
・いつでもマイナス思考のほうが勝ってしまう
・褒められても素直に喜べず否定してしまう
・失敗に対し自分を過剰に責めてしまう
・失敗するのを嫌い恐れる
・周囲の目を気にしすぎる

上記のような状態になると心がマイナス思考に埋め尽くされ、どんどんストレスを感じてしまいます。マインドフルネスは、そのようなときに役立つ瞑想法です。マインドフルネスで心をトレーニングすることで雑念から開放され、イライラや恐怖、不安などの負の感情の向こう側に行くことを目指します。うまくコントロールできれば、ストレスを受けるたびに心身が疲弊するといったことを軽減できるでしょう。

仕事のストレスを抱えてしんどいとお悩みの方は「仕事に疲れたと悩む方へ!リフレッシュ方法や転職を考えるポイントを解説」もあわせて参考にしてみてください。仕事のリフレッシュ方法を解説しています。

マインドフルネスの効果

ここでは、マインドフルネスを取り入れることで得られるメリットをご紹介します。マインドフルネスの主な効果は、以下のとおりです。

・思い込みや囚われることから開放され、心の落ち着きを取り戻せる
・不安やストレスを軽減できる
・集中力が高まる
・記憶力が向上する
・創造力が高まる
・心が穏やかになり、人間関係が良好になる
・脳の疲れを取り、思考をリセットできる
・幸せを感じやすくなる
・睡眠に良い影響をもたらす

上記のように、マインドフルネスにより多くの恩恵を受けられる可能性があるようです。精神論のイメージは強いものの、自己管理の1つとしても考えられているため、試してみる価値はあるでしょう。試してみることで、仕事やプライベートでの良いパフォーマンスにつながる可能性があります。

また、ストレスが原因で仕事を辞めようか迷っている方は「仕事がストレス!辞めたいと思ったときにするべきこと」にて、仕事とストレスの向き合い方を解説しているので、参考にしてみてください。

マインドフルネスを実践するには?

ここでは、マインドフルネスを実践する前に意識すべきポイントと、正しい実践方法についてご紹介します。マインドフルネスは正しい方法で実践しなければ、「マインドフルネスの効果」で紹介した効果を思うように感じられません。マインドフルネスの適切な方法を把握し、正しく行いましょう。

実践前に意識すべきポイント

マインドフルネスを実践する前に、下記のポイントを把握しておきましょう。

雑念を気にし過ぎない

マインドフルネス瞑想の最中に雑念が湧いても、気にし過ぎず受け流しましょう。
瞑想中に「お腹すいた」「疲れた」など、雑念が浮かんでしまうこともあります。そのたびに気にし過ぎているとかえって集中力が削がれ、ストレスが溜まってしまう可能性があるでしょう。迷走中に雑念が湧いたとしても、「あ、雑念だ」と自分を観察して受け流せば問題ありません。

客観的に自分を見つめる

マインドフルネス瞑想をする際は、自分を客観的に見つめましょう。たとえば、瞑想中にイライラや不安などの感情が湧いてきても「私は今イライラしているんだな」「あのとき不安に感じたんだな」というように、自分と冷静に向き合います。そのように客観的な視点を持つことで、普段の自分では分からなかったことに気づけるでしょう。

自分だけではないと意識する

マイナスな出来事があっても「自分だけではない」と現実に目を向けることも大切です。ストレスや負の感情を抱くこと、失敗してしまうことがあっても、それは自分だけではありません。マイナス思考のときは、嫌なことがあると「なんで自分だけ?」「こんな風に思ってしまうのは自分だけかもしれない」など、劣等感に陥りやすくなる傾向があります。しかし、良くないことが起きたときに落ち込んだり、嫌な気持ちになったりしてしまうのは多くの人に共通することです。「自分だけ」と必要以上に自分を追い詰めず、「誰にでもあること」という意識を持ちましょう。

マインドフルネス瞑想を始める際は、以上の3点を意識しながら行ってみましょう。また、瞑想はトレーニングが必要なため、すぐに上手くできるものでも、すぐに効果を期待できるものでもありません。無理のない範囲で続けてみてください。

マインドフルネス瞑想の方法

続いて、マインドフルネス瞑想のやり方についてご紹介します。以下の流れに沿って実践してみましょう。

ステップ1「姿勢を整える」

呼吸しやすいように、背筋を伸ばし姿勢を整えてください。姿勢を整えられれば立ったままでも座ったままでも問題ありません。体を軽く揺すって自身の中心を探ります。座る際はあぐらでも体育座りでも、自分がリラックスできる状態で大丈夫です。余計な力が入っている箇所があれば抜き、そのまま目を閉じましょう。

ステップ2「呼吸を整える」

マインドフルネス瞑想では、鼻呼吸が基本です。鼻から息を吸い鼻から吐き出します。これを何回か繰り返しリラックスした状態をつくることで、自然と自律神経も整えられるでしょう。

ステップ3「心を整える」

呼吸を意識し、お腹が膨らんだりへこんだりする、お尻が自分の体重を感じているなどの事実を観察します。
途中で雑念が湧いても無理に追い払う必要はなく、「雑念が湧いた」「自分の心の中に不安がある」と自分を観察するに留め、再度意識を集中させて瞑想を続けましょう。瞑想の時間は1~30分が目安です。
場所はどこでも問題ありませんが、自分が落ち着ける環境で行いましょう。

ここでは呼吸法と呼ばれる方法を紹介しましたが、マインドフルネス瞑想には歩行法や発声法、小物を用いた方法など、ほかにもさまざまな方法が存在します。
呼吸法を続けてみても今ひとつ効果を実感できなかった場合は、ほかの方法にチャレンジしてみても良いでしょう。
また、仕事や就活が原因で精神的にきつい方は「精神的に疲れたときはどんな症状が出る?仕事を休むタイミングは?」にて、仕事との向き合い方を解説しているので、参考にしてみてください。

マインドフルネス瞑想を体験できる場所

一人でマインドフルネス瞑想をしてみたものの、あまり効果を実感できなかったという方は、第三者の協力のもとで実践してみるのがおすすめです。マインドフルネス瞑想を取り入れている相談機関でも体験できるので、一人で効果を得られなかった方は検討してみても良いでしょう。

「今の会社は自分に向いていない」「毎朝会社へ行くことがストレスだ」など、仕事に関する悩みを抱いている方もいるでしょう。そのような状態で無理して仕事を続けると心身が疲弊してしまい、負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。
そうなる前に、現状について第三者に相談してみましょう。転職エージェントのハタラクティブでは、仕事に関する悩み相談にプロのアドバイザーが対応します。転職を希望する場合は応募書類の添削や面接対策なども実施するので、お気軽にご相談ください。

マインドフルネスに関するQ&A

マインドフルネスを取り入れることを検討している方もいるでしょう。ここでは、マインドフルネスに関する疑問や悩みんQ&A方式でお答えします。

マインドフルネスの意味とは?

マインドフルネスとは、「今」に精神を集中した状態や、そこに至るまでの過程、瞑想の方法を意味する言葉です。過去の嫌な体験を思い出してしまう、自分に自信が持てない、失敗を必要以上に恐れてしまうなど、マイナス思考に陥ってしまうようなときに役立つとされています。もし何らかの悩みを抱えてネガティブな気持ちになってしまっているなら、一度試してみるのも良いでしょう。マインドフルネスについて詳しく知りたい方は、このコラムの「マインドフルネスとは」をご覧ください。

マインドフルネスをやってはいけない人とは?

心に大きな不安やトラウマを抱えている人、意欲が極端に低くなっている状態の人、テンションを上げたい人は、マインドフルネスをやってはいけないといわれています。心に大きな負担がかかっている状態でマインドフルネスを行うと、かえって原因となっている出来事に意識が向いてしまう可能性も。マインドフルネスを行う前に、自分が本当に実践しても大丈夫な状態か確認しておいたほうが安心です。

マインドフルネスは本当に効果がありますか?

マインドフルネスには、ストレス軽減や集中力の向上などに効果があるといわれています。ただし、マインドフルネスは正しい方法と手順で行わないと思うような効果が得られないので、注意が必要です。また、先述したように心に大きな負担がある方は逆効果となってしまう可能性があるため、控えたほうが良いでしょう。
今の仕事で関する悩みを抱えているなら、ハタラクティブがおすすめです。悩み相談や転職サポートに対応しています。

この記事に関連するタグ