失敗できない転職初日…挨拶や仕事のマナーは?

失敗できない転職初日…挨拶や仕事のマナーは?の画像

この記事のまとめ

  • ベストな出社時間は、会社の習慣によって違う
  • どれくらいの時間に出社したらいいのか不安なときは、会社に直接確認しよう
  • 挨拶は冗長にならないよう、30秒~1分程度を目安にする
  • 前職の愚痴や過剰な自慢は避け、氏名と仕事への抱負、趣味などを簡潔にまとめて話そう
  • 転職先に溶け込むには、「教えてもらう」という謙虚な姿勢を示そう

出社時間や挨拶で話すべき内容など、入社したばかりの職場ではさまざまな不安が伴います。
「新しい職場に溶け込める自信がない」という不安を抱き、転職をためらっている方は、当コラムをご一読ください。
転職先に馴染むためのマナーやコツを紹介しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

出社時間はいつがいい?

始業時間と出社時間は、必ずしも一致しているわけではありません。
それ故に、入社初日の出社時間に悩んでいる方はいるのではないでしょうか。
30分前には全員が揃っていなければいけない職場もあれば、セキュリティなどの関係で始業近くまで社内に入れない職場もあります。
このように、ベストな出社時間は職場によって異なるため、一概には断言できません。
もし心配であれば、会社に直接確認を取るのが確実です。
始業時間だけでなく、前日までに出社の時間を聞いておくと安心でしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

挨拶のポイント

挨拶は、出社初日の必須事項といっても過言ではありません。
冗長になってしまうと内容が頭に入りにくくなるため、話す時間は30秒~1分程度を目安にしておきましょう。
また、話す内容によっては印象を下げてしまう可能性があるため、その点にも注意する必要があります。
前職の不満や、過剰な実績のアピールなど、周囲から反感を買う恐れがある内容は避けましょう。
話すときは、「笑顔で歯切れ良く」を心がけます。
社会人としてのマナーの一環として、身だしなみにも気を配り、事前に整えておきましょう。

どんなことを話せば良い?

自己紹介でどのようなことを話せば良いのかは、悩むところかもしれません。
簡潔にまとめるなら、氏名と今後の抱負が一般的です。
人前で話すのが苦手な方は、これだけでも言えるようにしておくと良いでしょう。
余裕があれば、年齢や出身地、趣味、前職などについて簡単に触れておくと効果的です。
詳しい自己紹介をつけ加えることで、より自分に興味を持ってもらうきっかけとなり、会社に溶け込みやすくなるでしょう。

〈例〉
本日入社致しました、畑楽花子と申します。
前職では不動産会社で営業職として勤めていました。
趣味は映画鑑賞で、家でくつろぎながらDVDを観たり、週末には映画館に足を運んだりしています。
早く仕事を覚え、一戦力として貢献できるよう一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

謙虚な姿勢が大切

転職先にいち早く溶け込みたいなら、謙虚さを忘れないことが大切です。
萎縮する必要はありませんが、前職と比較する、自分の知識や能力を過信してひけらかすといった行為は、孤立する原因になりかねません。
たとえ経験がある仕事に携わる場合でも、「教えてもらう」という姿勢で取り組みましょう。

入社初日の心がけについて解説しましたが、いかがでしたか?
新天地への参入は、期待だけでなく不安も伴うものです。
転職したくても新しい職場に馴染めるか不安、自信がないという場合は、エージェントを活用し、プロに相談してみるのも良いかもしれません。

ハタラクティブは、就職・転職のプロが丁寧なカウンセリングを行い、希望に沿ったお仕事をマッチングします。
取材に基づいた求人情報のみを紹介しているため、事前に職場の雰囲気や詳しい業務内容をお教えすることが可能です。
もし紹介したお仕事について気になる点があった場合は、お気軽にお尋ねください。
転職の不安を解消したい方は、ぜひハタラクティブへ!

この記事に関連するタグ