転職を後悔しないためにできることは?失敗事例から学ぶ事前対策を紹介

転職を後悔しないためにできることは?失敗事例から学ぶ事前対策を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 転職先の待遇・仕事内容・社風などへのミスマッチは後悔を招きやすい
  • 後悔を回避するには、転職の目的や待遇面の条件を明確にすることが大切
  • 企業によっては転職後の出戻りも可能だが、人間関係がうまくいかないリスクもある
  • 後悔しない転職のコツは情報収集と自己分析に努め、勢いだけで行動しないこと

「転職したことを後悔している」そんな話を周囲の人から耳にすることもあるでしょう。思い切って決心した転職が残念なことにならないよう、このコラムではリスクや対策を詳しく紹介します。転職したのちに後悔をしてしまう代表的な事例を挙げて、待遇やキャリア、職場環境などに関わる注意点を解説。理想の転職を叶えるためのポイントについて、ぜひご確認ください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職の後悔事例

転職に関する後悔事例の代表的なものを以下にご紹介します。

求人票の記載と実際の条件が違った

聞いていた給与より低い、思っていたより残業が多いなど、求人票や面接で確認した労働条件と実際の条件が違うといったケースがあります。このようなトラブルを避けるには、労働条件通知書をしっかりチェックする、1日の業務の流れを確認するなどの事前対策が大切です。労働条件通知書については「労働条件通知書とは?確認すべき項目や雇用契約書との違いを解説」に詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

前職より給与が下がった

転職活動に焦りが生じると、希望する給与額に満たなくても早期に採用してもらえた企業に決めてしまいがちです。それによって前職より給与が下がったとしても、やりがいを優先するのであれば問題ないでしょう。しかし、焦って転職したがゆえに、給与額の見極めが甘かったというケースもあります。求める条件を明らかにしたうえで、転職先を決めましょう

転職してから前の職場の良さに気づいた

企業選びをする際、今の職場も比較対象にすることが大切です。目先の不満ばかりにとらわれず、自分が仕事や会社に求めるものの優先順位をよく考えましょう。そのうえで転職への迷いがある方は「転職に迷うときにやるべきことを解説!やめたほうがいい?判断基準も紹介」を参考に、じっくりと考えてみることをおすすめします。

社風に馴染めない

希望どおりの条件だったとしても、社風に馴染めないのは大きなストレスになります。事前に情報を収集したり、面接の際に現場を見せてもらったりすると、社内の雰囲気が掴みやすいでしょう。「社風のリサーチ方法を複数紹介!自分に合う会社の見つけ方とは」に、社風ついての情報を得る方法が紹介されています。こちらにも目を通してみてください。

仕事が合わなかった

思っていた仕事と違った、やりたいことが分からなくなったと後悔する人もいます。多くの求人に目を通して情報収集したり、自己分析や他己分析をしたりしてミスマッチを防ぎましょう

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

転職後の出戻りにはリスクが伴う

転職を後悔している人の中には、以前の職場に戻りたいと考える人がいます。いわゆる「出戻り」と呼ばれるもので、企業によっては不可能ではありません。ただし、一度退職した身の上なので、どうしてもネガティブなイメージがあり社内の風当たりは厳しくなる可能性も考えられるでしょう。再び以前のように会社や職場の仲間と信頼関係を築くのは、簡単ではないと予想されます。その人の人柄や社内の雰囲気にもよりますが、前述したようなリスクは覚悟しておいた方が良いでしょう。

転職後に後悔しないためには?

では、後悔しない転職のためにはどうしたら良いのでしょうか。

しっかりと情報収集する

自分のイメージを頼りに、その会社に決めてしまうと後悔する可能性が高いといえます。転職後に「イメージと違った」と落胆することがないよう、具体的な情報の収集に努めてください。「企業が公開している資料を読み込む」「転職サイトの情報にくまなく目を通す」「転職サービスを利用する」といった方法があります。また、できればその業界で働く人に話を聞くのがベストです。さらに、その企業の情報収集のみに留まらず、ほかの求人情報と見比べることも忘れずに行いましょう。

自己分析をする

自分の人材的な価値や強みを知るためには、自己分析が必要不可欠です。自分の適性を知れば、入社後のミスマッチも防ぐことができるでしょう。

勢いで転職しない

「とにかく今の職場は嫌だ」「どこでも良いから転職」という考え方は危険です。入社後にミスマッチが起きやすいため、必ず転職の目的を明らかにして活動しましょう。また、待遇面のミスマッチを防ぐには、先にも記したよう、労働条件通知書を入社前に確認することが重要です。

しかし、なかには自分の適性が分からない、情報収集のツテが少ないとお悩みの方もいるでしょう。そのような方は、転職エージェントを利用するのも一つの方法です。

若年層の就職・転職を支援しているハタラクティブでは、相談者へのカウンセリングから入社後のフォローまできめ細やかにサポートしています。適性や希望に合う仕事の紹介はもちろん、書類添削や面接対策なども実施。転職のプロが親身にアドバイスを行うので、初めての転職でも安心して利用していただけます。また、実際に足を運んで取材した、信頼できる職場のみを紹介しているので「転職で後悔したくない」という方におすすめです。ぜひ、お気軽にご利用ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次