新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職時、面接はスーツ?転職面接の服装のマナーについて

転職時、面接はスーツ?転職面接の服装のマナーについて

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職活動の際は、就活時使ったリクルートスーツではなくビジネススーツを着用する
    ・金融系なら堅めの印象のダークスーツなど、業界により好まれる傾向があるのを把握しておく
    ・サイズは自分にぴったりのものを選び、シワや汚れがないよう清潔感を重視
    ・ネクタイの色選びに迷ったら、自分がどんなイメージを演出したいかで決める

転職を行う際、面接に着ていく服装で悩んでいませんか?

当コラムでは、「転職の面接では何を着ていくべき?」「どう選んだらいいの?」など、転職面接の服装についての疑問を解消します。
転職しようか考えている方や、現在転職活動中の方はぜひ参考にしてみてください。

◆転職活動の服装はどうする?

正社員の転職面接は基本的にスーツ着用がマナーとなります。
ただし、就職活動時に使用したリクルートスーツは避け、ビジネススーツを着用しましょう。
なぜなら、リクルートスーツは学生の格好というイメージが強く、未熟で頼りない印象になる可能性が高いからです。

【スーツの雰囲気は業界によって変える】

一口にビジネススーツといっても、職種や業界によっては好まれる雰囲気の傾向が異なります。
事前にチェックしておきましょう。
例えば、銀行や保険会社などの金融業界では堅めの服装が好まれるため、ダークスーツに落ち着いた色のネクタイを合わせると好印象です。
また、アパレル業界なら、応募企業のイメージに合わせてセンスや個性をさりげなくアピールできる装いが良いでしょう。

【服装に迷ったら】

スーツの色やネクタイの色・柄など、どう合わせていいか分からないという方もいるかもしれません。
もし服装に迷ったら、「転職先で顧客対応する時の格好」をイメージして選んでみましょう。
例えば、下記の組み合わせなら相手から見て悪い印象にはならないはずです。

〈男性例〉
・濃いグレーの無地のスーツ
・白色無地のワイシャツ
・濃いめの青をベースとしたレジメンタルのネクタイ
・黒の紐靴

〈女性例〉
・濃いグレーのタイトスカートスーツか台形スカートスーツ
・台襟付きカラーの白いブラウス
・ヒール3~5cmの黒いパンプス

このように、客先でも失礼に当たらないようなビジネスマナーに則った格好であれば間違いはないでしょう。

◆大切なのはサイズ感と清潔感

前項で触れたとおり、スーツの色やネクタイの色は、相手からマイナスイメージを持たれなければ問題ありません。
それよりも、着た時にサイズがぴったり合っているか、清潔感があるかどうかのほうが見られている可能性が高いです。

【サイズが合わないスーツはだらしない印象に】

人から借りてきたようなダボダボのスーツはだらしない印象になります。また、サイズの小さいものを無理矢理着るのもよくありません。
スーツを購入する時は、自分の身長や体型に合ったサイズのものを選び、必ず試着してから決めましょう。オーダーメイドで作るのもおすすめです。

【スーツのシワや汚れには十分注意】

自分では気づかない部分にシワや汚れが付いている可能性もありますので、細部までしっかりとチェックしておきましょう。また、複数社面接を受ける場合は、一回着用する毎にメンテナンスしておくと安心です。靴の汚れも見落としがちなので、注意しましょう。

【髪型や顔の清潔感も大切】

男性はきちんとひげを剃り、寝癖が付いていたら直しましょう。女性は普段よりもナチュラルなメイクを心がけ、華美なメイクは控えましょう。
また、髪は目に掛かっていたり、ガチガチに固めていたりするとマイナスイメージになってしまうので、普段髪型にこだわりのある人は特に注意が必要です。

◆小物にも気を配ろう

最後は、スーツに合わせる小物の選び方についてです。

【腕時計】

ビジネスシーンでは、腕時計を付けるのがマナーです。ただし、デジタル時計などカジュアルすぎるものは避けましょう。また、ブランドを主張しすぎるようなものや、派手な色・デザインの時計も面接の場に相応しくありません。

【アクセサリー】

男性の場合、ピアスやネックレスなどのアクセサリー類は基本的に着用不可ですが、女性の場合は、スーツに合うシンプルなネックレス等なら着用してもOKです。また、結婚指輪なら、男女ともに付けていても問題ありません。

【ネクタイ】

面接の際に付けていくネクタイは、赤系・青系・黄色系・グレー系の中から選ぶのが無難です。
業界によっては、さらに選べる色・柄が絞られることもありますが、基本的には上記4系統のうちどれを選んでも大丈夫でしょう。
もし色選びに迷うようなら、色が人の心理に与えるイメージを踏まえ、「自分がどんなイメージを演出したいか」で選んでみてはいかがでしょうか。
例えば、色によって以下のようなイメージを与えることができます。

赤系:やる気、情熱
青系:清潔感、勤勉さ
黄色系:明るい、親近感
グレー系:知的、落ち着き

また、柄はレジメンタルか小紋柄が無難ですが、アパレルや広告業界などカジュアルなイメージでもOKな業種なら、チェック柄もありです。
選んだスーツと合わせたとき、違和感のないものを選びましょう。


転職時の服装やマナーについて詳しく知りたいという方、面接の際のアドバイスが欲しいという方は、転職支援サービスのハタラクティブをぜひご活用ください。

ハタラクティブは、一人ひとりの希望条件に合わせた求人のご案内から、応募書類の書き方指導、面接対策まで幅広くサポートし、スムーズな転職活動を応援します。
新卒・既卒・第二新卒・高卒・フリーターなど、若年層の方を中心としたサービスを提供しているので、未経験OKの求人も多数ご用意しているのが特徴です。
興味のある方は、お気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ