1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. その転職理由で大丈夫?成功する転職とは

その転職理由で大丈夫?成功する転職とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職とは、働く企業を変えることや職種を変える事を指す
    ・今の仕事や環境を窮屈に感じたり、キャリアアップを目指したりといった理由で転職を検討する人が多い
    ・円満退職のために、退職の大まかな流れを確認しておこう
    ・転職の理由がぶれない、企業ニーズとマッチしているなど、転職成功にはコツが必要

職場環境を改善したい、経験を積んでキャリアアップしたいなど、転職を決断する理由は人によってさまざまですが、意味のある転職とはどのようなものでしょうか?
また、転職を決めたけど退職の流れが分からない…という方もいると思います。
当コラムは、転職の意味やよくある理由、退職の流れまでを解説。
成功する転職をしたい方や、転職したいので具体的な方法を知りたい…という方に向けた内容となっています。

◆転職の意味

「なんとなく仕事を変えたい…」「やりたい事が変わってきた」など、仕事を変える要因は人によってさまざまですが、そもそも転職の意味は把握していますか?
最初に、転職の概要と理由を確認しておきましょう。

【転職とは】

転職とは、現在所属している企業から、別の企業へ職場を変えること。
また、公務員から会社員など、職業を変えることも転職に当てはまります。

【転職する理由】

理由は多岐に渡りますが、代表的なものは以下の通りです。

・キャリアアップやスキルアップのため
・新たな仕事に挑戦したい
・心機一転で新しい職場環境で働きたい
・今までより良い条件で働きたい

自分の成長に伴って現在の仕事や職場が窮屈に感じる、より上を目指して仕事に打ち込みたいなど、将来を見据えた理由を挙げる人が多い傾向にあります。

◆退職の流れ

明確な理由とともに転職を決意したら、現在の職場の退職について考える必要があります。
会社側と退職者の双方が納得する円満退職を目指すなら、時間に余裕を持って行動を始めることが大切。

現在勤めている会社の上司には、退職希望日の1~2ヶ月前に退職を考えていることを相談します。
一方的に「退職します」と伝えるのは避け、上司と退職希望日までのスケジュールや引き継ぎなどを話し合いましょう。

退職日が決まってから、改めて退職願を提出します。
提出の期限は退職日の2週間前までで、正式な書類なので書式などに注意して作成しましょう。

業務の引き継ぎは後任者が決まってから始めますが、決まる前から「引き継ぎノート」を作っておくとスムーズに進むことも。
引き継ぎノートには業務の概要や進捗状況、起こりやすいトラブルと対処法、取引先の情報などをまとめておきます。
さらに、社内外への挨拶も行いましょう。
取引先への挨拶は、後任者が決まってから一緒に行くのが一般的です。

退職時に必要な書類や提出物、退職後の手続きなどは一覧にしてまとめておくと漏れがなく便利。
特に会社に返却するのは細かいものが多いので、リストにしておくと良いでしょう。

有給休暇を消化してから退職する場合は、実際の退職日と最終出勤日にズレが生じるため、引き継ぎやデスクの整理などは計画的に進めておくと安心です。

◆転職を成功させるには

「今よりもっと良い条件で働きたい」というのが転職の大きな理由に挙がりますが、中には「転職したけど前とあまり変わらない…」「むしろ前より条件が悪くなった!」という人もいるかもしれません。
では、転職を成功させるコツにはどのようなものがあるのでしょうか?

・退職理由と転職理由を明確に持つ

なぜ今の職場を辞めるのか、なぜその企業に転職したいのかという理由を明確にし、ブレさせたり変えたりしないことが転職成功のコツ。
「なんとなく辞めたいから」「大手だし良さそう」など、曖昧な理由で転職してもミスマッチの原因となり満足いく仕事はできないでしょう。

・応募企業は絞りすぎずに選択肢を広げておく

「これまで営業しかやってないから次も営業で探そう」「この業界はよく知らないから応募しない」など、応募する企業の範囲は絞りすぎずに選択肢を広げることも大切。
全く違う業界でも経験やスキルが活かせる可能性もあるので、業界や業種を特定せずに転職先を探しましょう。

・企業ニーズと自分の希望条件、能力が合っているかを確認する

事前に企業の情報を集め、企業のニーズと自分が希望する条件、保持する能力がマッチしているかを確認しておけば、入社後のミスマッチを防ぐことが可能です。

・転職のマナーに気をつける

転職のマナーはビジネスマナーそのもの。
そのため、マナーができていなければ不採用になる可能性も高くなります。
スーツの着こなしや髪型、靴の汚れといった第一印象を左右するものは特に注意し、においにも気をつけましょう。
また、面接時の受け答えや立ち居振る舞いなどもしっかり見られているので再確認しておくと安心です。

・転職先は在職中に見つける

退職して時間に余裕ができてから転職先を探す、という方もいると思いますが、成功する転職をしたいなら在職中に転職先を探すことをおすすめします。
「転職先が見つからなくても仕事がある」「無収入にならない」といった理由から、余裕を持って転職活動ができるので、焦って転職先を決めたけど条件が不満…というケースを回避できるでしょう。
面接などのスケジュール調整は大変ですが、応募先に在職中であることを話せば面接時間を考慮してくれることが多いようです。

転職を成功させたい方や、在職中で思うような転職活動ができない方は転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、ご利用者一人ひとりに専任アドバイザーがついて転職に関する相談やカウンセリングを行っています。
また、アドバイザーが面接などの細かい日程調整を代行しているので、仕事を続けながら効率よく転職先を探したい方におすすめ。
求人サイトには載っていない非公開求人も多数取り扱っています。転職をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    転職の方法について知る!流れと基本的な進め方

  • image

    20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます

  • image

    転職を考える20代の悩みと強みとは?

  • image

    納得いく転職とは?妥協によるメリットとデメリット

  • image

    失敗しない転職の仕方とは?

  • image

    転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは

  • image

    転職活動の正しい手順とは?

  • image

    転職時期を見極めて就職活動を有利に進めよう!

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる