転職活動は仕事を辞めてからするべき?メリットやデメリットを解説

転職活動は仕事を辞めてからするべき?メリットやデメリットを解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞めてから転職活動をする場合、自分のペースで進めやすいなどのメリットがある
  • 仕事を辞めてからの転職活動は金銭的な問題や期間が長引く場合があることがデメリット
  • 仕事を辞めてから転職活動をする場合は、次にやりたいことを明確にしておくことが大切
  • 仕事を辞めてから転職活動すべきか悩む場合は、第三者に相談するのも手

転職活動は仕事を辞めてからすべきか、在職中にすべきか、悩む方も多いでしょう。仕事を辞めてから転職活動を行う場合、時間に余裕があることで自己分析や書類作成、スキルアップに集中しやすいなどのメリットがある一方、デメリットもあるようです。このコラムでは、仕事を辞めてから転職活動をするメリットやデメリットについて解説。これから転職活動をお考えの方は、参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事を辞めてから転職活動をするメリット

まずは、退職後に転職活動を行うメリットについて見ていきましょう。

転職活動に集中できる

在籍期間中に転職活動を行う場合、自身の仕事と転職活動を並行する必要があります。仕事量が多ければ、日々の業務だけで手一杯になり、転職活動に割ける時間が限られてしまうでしょう。一方、退職後に転職活動を行う場合、考えるべきは転職活動のことのみ。集中して転職活動を進められるので、焦って就職先を決めてしまうリスクも少ないといえます。

時間を十分に確保できる

転職活動中は、これまでの自身のキャリアの棚卸しや自己分析、応募書類の作成など、やることがたくさんあります。個人差はあるものの、転職にかかる期間は平均で3ヶ月ほどです。退職後であれば時間的にも精神的にも余裕を持って行動できるため、同時進行で複数の会社を受けることも可能でしょう。

スキルアップの時間に充てられる

仕事を辞めてからの転職活動には時間的な余裕があり、転職先で活かせる資格や免許の取得、勉強など自身のスキルアップを視野に入れた時間を確保できます。資格や免許を取得できると、再就職にも有利になる可能性は高いでしょう。

仕事を辞めてから行う手続きとは

仕事を辞めてから転職活動を行う場合は、健康保険や年金、雇用保険の手続きなど、仕事を探す前にやるべきことがたくさんあります。金銭的にも余裕を持って転職活動に挑めるよう、忘れずに手続きをするようにしましょう。「仕事を辞めたらすることは?もらえるお金や税金は?退職後の流れを解説」では、仕事を辞めたあとに必要な手続きや退職後の流れについて解説しているので、あわせてチェックしてみてください。
未経験OK多数!求人を見てみる

仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

では、仕事を辞めてから転職活動を行うデメリットには、どのようなものが考えられるでしょうか。以下で考察していきます。

無収入の時期がある

再就職先が決まるまでの間、当然収入はゼロになります。前述したとおり、転職活動にかかる期間は3ヶ月程度です。その間はお金のことを心配せずに転職活動できるよう、退職前に十分な貯蓄をしておく必要があるでしょう。

プレッシャーになる

転職がスムーズに進まず、なかなか内定をもらえない期間が出てくると、プレッシャーを感じてしまう可能性もあります。焦りから、職場選びがぞんざいにならないように注意することが大切です。

空白期間が長くなる

なかなか再就職先が決まらず、1ヶ月、3ヶ月、半年と仕事をしていない期間が長くなることで、転職が不利になる傾向にあります。ただ、離職中に行っていた取り組みによっては、採用担当者に良いイメージを与えられることも事実です。たとえば、ボランティア活動や資格取得、語学留学など、ブランク期間さえもプラスイメージに変えられるようなアクションが必要となるでしょう。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」では、面接で空白期間を質問する意図や聞かれた際の答え方などを詳しく解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

仕事を辞めてから転職活動を行う場合はやりたいことを明確にしよう

上述したように、退職後の転職活動は時間にゆとりを持って行える反面、金銭面での不安や空白期間が長引く可能性があるなどのデメリットも考えられます。そのため、退職後に転職活動を行う場合は、挑戦したい業界や職種、業務など、事前にやりたいことを明確にしておきましょう。もし、「やりたいことが見つからないけど転職はしたい」という場合は、「転職したいけどやりたいことがない!現職の見直し方や仕事探しのコツを紹介」のコラムも参考にしてみてください。

転職活動は自分のペースで無理なくしよう

焦って転職活動をすると、自分と相性の悪い職場へ就職してしまうことになりかねません。転職したい気持ちが本物かどうか、今の会社に居続けることで得られるメリットと退職することで得られるメリットとを天秤にかけ、本当に転職するべきか、今一度考えてみることも大切です。万が一、肉体的にも精神的にも限界を感じているのであれば、在職中に転職活動をすることでさらに疲弊しかねません。そういった場合は、無理せず退職してから転職活動を始めると良いでしょう。

「仕事を辞めてから転職活動をするか、在職中にするか悩む」という方は、民間の就職支援サービスに相談し、第三者の目線からアドバイスを受けてみるのも一つの方法です。
転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがカウンセリングを実施。「今の職場が自分に合っているか分からない」「やりたいことが見つかって転職したいけど、何から始めれば良いのか分からない」などの疑問や不安を一緒に解消することができます。サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ