新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職時の自己紹介はどうするべき?良い印象を与える方法

転職時の自己紹介はどうするべき?良い印象を与える方法

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・自己紹介はプレゼンテーション力や人柄など、書類では伝わらない部分もアピールできる 
    ・喋り方や内容だけではなく、回答にかかる時間も考えて事前に自己紹介の練習をしておこう 
    ・自己紹介では自分の性格や特技ではなく、能力面を簡潔にアピールしよう

転職活動を成功させるためには、面接対策は必須。特に、冒頭で聞かれることが多い「自己紹介」は、その後の面接の雰囲気にも繋がります。自己紹介が上手くできれば、面接官に良い印象を与えることができるでしょう。
ここでは、自己紹介の構成やポイント、注意点を基に、回答例をご紹介します。

◆自己紹介をさせる企業側の意図

面接のときに聞かれることが多い自己紹介。提出した書類を見れば応募者の情報は分かるはずなのに、なぜ自己紹介をさせるのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。その理由としては企業側が、職務経験やプレゼンテーション力、人柄などを知るため…ということが挙げられます。
また、自己紹介はその人の第一印象を決める大切な要素の1つ。良い自己紹介ができれば、面接官に好印象を与えるだけでなく、その後の面接全体の雰囲気を良くすることにも繋がります。
採用結果に影響することも考えられるので、下記を参考にあらかじめ対策を立てておきましょう。

【職務経験】

転職の採用面接では、現職や前職でどのような業務に、何年程度携わっていたのかを述べると良いでしょう。分かりやすく簡潔にまとめることが大切です。応募先企業に関連付けられる業務があれば、積極的に盛り込みましょう。

【仕事から得たスキルや経験】

企業側は、即戦力として活躍できる人材を採用したいもの。前職や現職でどのような仕事に携わり、結果を残したのか、簡潔にまとめられると良いでしょう。
「目標に対して○%の実績を残した」「○名の教育に携わっていた」など、数字を交えて伝えることで分かりやすくアピールできます。

【自己PRや志望動機の概要】

アピールしたいポイントは、自己PRや志望動機について聞かれたときに話すものですが、自己紹介でも触れておくのがおすすめ。
強くアピールしたいポイントを、自己紹介の際に概要を話しておくことで後から聞かれやすくなります。面接官の印象に残るように、内容を工夫すると良いでしょう。


◆自己紹介のポイントと回答例

面接は誰でも緊張するもの。最初の質問にうまく回答できれば、その後の質問は落ち着いて答えられるでしょう。そのため、冒頭に聞かれる可能性の高い自己紹介は成功させたいところです。
面接日までに、以下のポイントに注意して練習しておきましょう。

【ハッキリした声でゆっくり話す】

緊張していると、話すスピードが早くなってしまったり、声が小さくなってしまったりする場合があります。面接時は、自分が思っているよりもゆっくり大きな声で、滑舌良く話すように心がけましょう。
練習時に、自分の話し方を録音して聞いてみるのもおすすめです。

【必要な情報を簡潔に伝える】

自己紹介では、自分の基本的な情報を簡潔に伝えることが大切です。冗長になりすぎるとアピールしたいポイントが伝わりにくいだけではなく、面接官に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

【異なる制限時間で練習する】

面接によっては、適応力を知るために自己紹介の時間が指定されることがあります。1~3分程度で指定されることが多いので、事前にそれぞれの長さに合わせて練習しておきましょう。

【回答例】

本日は、貴重なお時間をいただきありがとうございます。
○○(氏名)と申します。株式会社△△に新卒入社して○年、法人向けの営業職を経験してまいりました。通算○○社程度を開拓し、年間約○○万円の売上に貢献しました。
私の強みは「気づく力」だと思っております。取引先の担当者にヒアリングを重ね、言葉や表情から「何を求めているか」「どのような部分に懸念を抱いているか」を考え、本当のニーズをつかむことを心がけていました。
御社の営業職でも、今までの経験を活かして貢献できると思います。本日はどうぞよろしくお願いいたします。


◆自己紹介の注意点

下記のポイントに注意して、面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらえるような自己紹介を考えましょう。

【専門用語を使用しない】

特に異業種・異職種の職務経験について話す場合、面接官がイメージしやすいように業界の専門用語は避け、業務内容やサービス内容について丁寧に説明する必要があります。
また、同業種・同職種であっても、社内でしか通じない用語を使うことは避けましょう。

【表情や仕草に気をつけて簡潔に話す】

話しているときに下を向いていたり、頻繁に髪の毛を触ったりしていると、悪い印象を与えてしまいます。第一印象は面接の結果にも影響する恐れがあるため、話し方や仕草にも気をつけましょう。
また、ダラダラとまとまりが無い自己紹介では、面接官の印象に残りません。聞いてほしいポイントをまとめ、分かりやすく簡潔に話しましょう。

【業務と関係の無い内容を入れない】

趣味や特技、性格など、業務に直接関係の無いエピソードは控えましょう。短い時間の中でいろいろな要素を盛り込んでしまうと、面接官が要点を掴みにくくなってしまいます。
自分の意欲や培ってきた経験など、自己PRや志望動機に繋がるような回答を考えましょう。

転職時の面接で行う自己紹介は、新卒での採用面接と伝えるべきポイントが違います。面接に相応しい内容を考えて、内定獲得を目指しましょう。

転職活動を始めようと思っている方は、転職エージェントを活用するのもおすすめです。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーがあなたの強みを伝える面接対策を実施。聞かれやすい質問の回答ポイントや模擬面接を行っているため、当日までに自信をつけることができるでしょう。
転職について不安がある方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ