1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職交渉の流れを知って円満退職を目指そう!

退職交渉の流れを知って円満退職を目指そう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職意思の表明から退職するまでの期間は1~2ヶ月が一般的
    ・退職の意思は事前にアポイントをとって直属の上司に伝える
    ・会社に対する不満を伝えるのは避ける
    ・後任者のためにも、計画的な引き継ぎを行う
    ・慰留されることを想定し、退職するという強い気持ちを持っておくことが大切

今の会社を退職して、転職先で活躍したい。とお考えの方も多くいると思います。では、退職交渉の流れを把握している方はどのくらいいるでしょうか。
新しい場所で勤務するために、退職交渉は避けられないものです。
退職時のマナーを知らずにいると、これまで勤めた会社からの信用を失ってしまうということにもなりかねません。こちらのコラムでは、退職交渉の流れをわかりやすく説明しています。円満退職を目指すためにも、退職交渉の流れを知っておきましょう。

◆退職交渉の流れ

退職の意思を示してから退職するまでの期間は、およそ1ヶ月から2ヶ月が一般的と言われています。
会社によって就業規則が異なるため、勤めている会社の規則の「退職の申し出に関する項目」をしっかり確認することが大切。
退職日から逆算して、しっかりスケジュールを立てて動きましょう。

退職までの一般的な流れは以下の通りです。

・退職の申し出と交渉
退職を考えている日の1ヶ月から2ヶ月前までに、退職の申し出を行います。法律上では14日前までと定められていますが、引き継ぎやお世話になった方々への挨拶、有給消化などを行うためにも、早めに申し出る方が無理のないスケジュールが組めるでしょう。
また、退職の意思を伝えた際に上司からの引き止めにあう可能性もありますが、これまでの感謝の気持ちを伝えると共に「退職する」という強い意思を示して断ることが大切です。

・退職日や有休取得の交渉

退職を了承してもらったら、次は退職日と人によっては有給を取得するための交渉を行います。
退職日は、退職の申し出をする際に決定する可能性もありますが、「退職は了承するが、次のプロジェクトが終わってからにして欲しい」というように、退職日の引き伸ばしを提案される場合もあります。
しかし、意思表示から14日以後の退職は法律でも認められているため、有給を取得したうえで希望日に退職することは可能。しっかり手順を踏んで、誠意ある姿勢で交渉を行うことが重要です。

・退職届の提出

退職に対する会社の合意が得られたら「退職届」を直属の上司に手渡しで提出します。
会社によっては退職届のフォーマットが定められている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。特に決まりがなければ、白紙に手書きで記入します。 

転職先の会社に入社日を聞かれた場合には、現在の会社の就業規則や担当業務の進捗状況・引き継ぎにかかる時間などを考慮して「現実的な入社日」と「交渉や努力次第で可能性のある最短の入社日」の2つを伝えておきましょう。

◆退職交渉でやること&しないこと

円満退職をするために、退職交渉時にすべきこと、するべきではないことをまとめてみました。

【やること】

・時間を取って直属の上司に伝える

退職の意思を最初に伝えるのは直属の上司です。事前に上司の予定を確認しておき、1対1で話ができる場所を確保しましょう。出社したら上司に「お話があるのですが、午後○時から30分ほどお時間を頂けませんか?」と、事前に時間を指定します。
退職交渉の最初のアクションである、上司への退職の意思表示。主体的かつスピーディに進めることが成功のコツと言えます。

・退職理由は個人的な内容にする

退職の意思を伝える際に必ず聞かれるのが退職理由。
理由は個人的な内容を述べましょう。会社への不満を伝えてしまうと「改善するから残って欲しい」などと引き止めに合う可能性も。個人的で前向きな退職理由を伝えると、快く送り出してくれるかもしれません。

・業務の引き継ぎは計画的に行う

気付いた時にはもう退職日が近かった…と直前になって焦らないためにも、退職を決めた段階で引き継ぎのスケジュールを考え、計画的に行動しましょう。
後任の社員がスムーズに業務に取り掛かれるように、マニュアルを作成するなどの配慮も大切です。自分が携わっていた業務の所要時間や手順・関係する人及び部署・気をつけた方が良いポイントなどをまとめておくと良いでしょう。

【しないこと】

・相談ベースで伝える

「実は退職を考えているのですが…」 というような曖昧な伝え方をしてしまうと、上司は「相談された」と受け取り、流されてしまう可能性があります。「退職致します」と、相談ベースではなくはっきりと意思表示をしましょう。

・退職手続きの進捗を上司任せにする

上司に退職の意思を伝えた後は、退職に関する様々な手続きが発生します。しかし、関わる人や部門が多いと退職の手続きがスムーズに進まない…ということも。上司任せの「待ち」の態勢にならずに、自ら働きかけることが重要です。

・会社に対する不満や愚痴を伝える

会社に対する不満を退職理由として伝えてしまうと、業務の改善や部署の異動などを提示され、強い引き止めにあうことが考えられます。たとえ本当のことであっても、仕事に対する不満より、「違う業界で挑戦してみたい」などと言った、前向きな退職理由を伝えましょう。

◆慰留されたらどうする?

もし「後任が見つかるまで続けて欲しい」と言われたら、誰でも引き継げるよう準備を万全にすることを伝えましょう。
引き継ぎの内容や具体的なスケジュールを提示し、その通りしっかり引き継ぎを行うという誠意を見せることで、上司にも納得してもらえるのではないでしょうか。

また「給与や待遇を改善する」と言われたら、給与や待遇に関わらず、転職をしないとこれから自分がやりたいことが叶わない、ということをしっかり伝えましょう。もし条件に心が揺らいで残留しても「退職しようとした」という事実は永遠に残り、社内で肩身の狭い思いをするかもしれない…ということを忘れないようにしましょう。

退職交渉についてお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。当社では、退職届の書き方や提出する相手・タイミングなどについて丁寧にアドバイス。何か問題が生じそうになったときは、就活アドバイザーが親身になって相談にのります。
退職や転職に不安を感じている方は、ハタラクティブまでお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる