大学中退OK?コールセンターで正社員になれる?仕事内容などをご紹介

大学中退OK?コールセンターで正社員になれる?仕事内容などをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • コールセンターの主な業務は、インカムを用いた顧客対応やPCでの入力作業をすること
  • 仕事には顧客から電話を受けるインバウンドと顧客へ電話をかけるアウトバウンドがある
  • 電話対応が中心のコールセンターの仕事には、コミュニケーションスキルが求められる
  • 年齢や学歴を問わないコールセンターは、大学中退から挑戦しやすい業種の一つ
  • 大学中退からコールセンターの正社員を目指すなら、まずはスーパーバイザーを目指そう

大学中退からコールセンターのスタッフにチャレンジするのは可能なのでしょうか。インカムとPCを使って顧客対応をするコールセンター。このコラムでは、コールセンターの具体的な仕事内容や求められるスキルについて解説します。また、正社員を目指す際のポイントにも言及しているので、興味のある方は、最後までチェックしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • どの求人に応募すればいい?
  • 受かりそうな求人はどれ?
  • 希望に合う求人の探し方がわからない・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

コールセンターの仕事内容

コールセンターの主な業務は、ハンズフリーで通話ができるインカムと呼ばれる通信機器をつけ、顧客からの問い合わせや製品・サービスの紹介、PCを使った入力作業を行うこと。コールセンターの仕事には、受信(インバウンド)と発信(アウトバウンド)の2種類があり、それぞれに特徴があります。

受電をする「インバウンド」

インバウンドは、お客さまからかかってきた電話に対応する業務を指します。製品・サービスの注文の受付や担当者への取次、クレーム対応、利用方法の問い合わせなどに対応することがメインです。テレフォンオペレーターの仕事がインバウンドに該当します。テレフォンオペレーターの詳細については「テレフォンオペレーターの仕事」で詳しく解説しているので、気になる方はこちらもご覧ください。

架電をする「アウトバウンド」

アウトバウンドは、コールセンター側から個人や企業へ電話をかけ、商品やサービスの提案を行う営業スタイルの一つです。企業によっては、テレフォンマーケティングと呼ばれる商品満足度についての市場調査も実施します。「テレフォンアポインター」と呼ばれることもあります。

年収や将来性など、コールセンターについてもっと掘り下げて知りたいという方は「コールセンターの仕事」も参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

コールセンターで必要なスキルとは?

電話応対がメインのため、コミュニケーション力が必要です。相手が知りたいことを理解し、商品やサービスをわかりやすく伝えられる人が活躍しています。ハキハキとした明るい対応ができると印象が良く、実績に繋がるでしょう。コミュニケーション能力については「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」でまとめていますので、コミュニケーションに自信がないという方はぜひ一読してみてください。

大学中退でコールセンターのスタッフになれる?

コールセンターは、年齢・学歴・経験の有無に関係なく活躍できる仕事の一つです。研修制度が整っている企業が多いため、大学中退の方や未経験の方がチャレンジしやすい業種といえます。資格も特に問われませんが、相手の気持ちを理解しようとする姿勢や電話越しでも笑顔で話せるなど、コミュニケーションスキルを身につけておくと良いでしょう。
ただし、アルバイトやパートでスタッフが充足している企業が多く、正社員の求人は少なめの傾向にあります。正社員を目指すのであれば、アルバイトやパートからスーパーバイザー(SV)と呼ばれる管理職を目指す方法があります。また、受注業務を行う正社員の求人は少ないため、製品の技術的な問い合わせに対応するカスタマーサポート(テクニカルサポート)など、コールセンタースタッフに似た職種まで広げて仕事探しをしてみても良いでしょう。

ハタラクティブは経験を活かせる正社員の求人はもちろん、未経験歓迎・大学中退OKの募集求人も豊富です。大学中退という学歴を活かしたアピールポイントの見つけ方や、面接対策のアドバイスなども実施しています。一人ひとりの希望や適性に合わせた求人の提案を行っているため、転職・就活に悩んでいるという方もお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ