フリーターの将来が不安…今から正社員になるには?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターの将来が不安…今から正社員になるには?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターは自由な時間を確保できる反面、収入の少なさや不安定さがある
    ・正社員は安定した収入に加え、昇進や昇給、充実した福利厚生がある
    ・収入の少なさや社会的信用の低さは、将来的なライフプランに影響する可能性も考えられる
    ・正社員への就職は若いほど有利なので、今すぐ就職活動を始めよう

就職活動がうまくいかなかったり、学校卒業後の時点では正社員願望がなかったりと、フリーターになった理由は人によってさまざまです。
フリーターを続けている人の中には、将来に不安を感じているという人もいるのではないでしょうか。

今回は、フリーターと正社員の違いについて解説し、正社員のメリットを紹介します。
フリーターから脱したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

◆フリーターの将来は不安がいっぱい

フリーターは、働く曜日や時間を自分で決定することができます。
よって、趣味などのプライベートタイムを確保しやすいと言えるでしょう。
労働時間はシフト制でしっかりと定められているため、残業が少ないところが多いです。
生活において融通がきくので、「このまま気楽に過ごしたい」という人もいるのではないでしょうか。

一方で、フリーターは収入が少ないため、思うように貯蓄ができないというデメリットがあります。
貯蓄の少なさは、結婚や老後、怪我、病気などで働けなくなった時に影響が出ると考えられるでしょう。
また、年齢が上がると求人に応募するのが難しくなり、安定感を求めて正社員になりたいと思った頃には、応募可能な求人が減っているというケースも。
厚生年金を支払っていない場合は、老後の生活がさらに不安定になるかもしれません。

このような不安要素を理由に、フリーターから正社員になりたいと感じる人が多いようです。


◆正社員との差は大きくなる

正社員は雇用期間の定めがなく、定年まで雇われるのが一般的です。
収入面の安定感があり、昇進や昇給があるもの正社員ならではの魅力と言えるでしょう。
20代前半での給与には大差なくても、20代後半以降のフリーターと正社員では生涯賃金に大きな差が生じます。
収入が少ないと、結婚や子ども、住宅購入などのライフプランの選択肢が減ってしまうことも考えられるでしょう。

また、正社員は健康保険や厚生年金はもちろんのこと、産前産後休暇やリフレッシュ休暇などの福利厚生面も優遇されます。
企業によってはキャリアアップを支援する制度があり、研修を行ったり資格取得の費用を負担してくれたりするところも。
正社員の経歴があれば、転職をする場合でも職歴として扱われるほか、社会的信用を得ることが可能です。
住宅ローンやクレジットカードの申請は、正社員の方が通りやすいと言われています。

フリーターや正社員の特徴を十分に理解し、自分の希望するライフスタイルが実現できる道を選ぶことが大事です。
仕事に何を求めているのかを把握し、優先順位をつけることで今後の働き方を見つめ直してみましょう。


◆今から将来を変えるには

正社員への就職は、年齢が若いほど有利です。
就職活動に迷っている場合は、今すぐ正社員を目指しましょう。
「就活の仕方がわからない…」「効率的な求職活動をしたい!」という方は、エージェントの利用がおすすめです。

20代に特化して就職・転職活動を支援しているハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンの体制でサポートしています。
カウンセリングを通してあなたの強みを引き出し、希望条件にピッタリの求人を紹介。
その他にも、応募書類作成のアドバイスや採用ポイントを押さえた面接対策、就職活動に関する悩みや相談に対応しています。
これらのサービスは全て無料で提供。
フリーターから正社員を目指すなら、ハタラクティブを活用してみませんか。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ